旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


戦艦 比叡

戦艦 比叡【金剛型戦艦 ニ番艦】
Battleship  HIEI 【KONGO-class Battleship 2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
第三次ソロモン海戦
建 造
1911年11月4日 1912年11月21日 1914年8月4日 1942年11月13日 横須賀海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 26,330t
② 19,500t
③ 32,156t
① 214.58m
② 199.15m
③ 222.05m
① 28.04m

③ 29.87m
① 27.5ノット
② 18.0ノット
③ 29.7ノット
① 64,000馬力
② 16,000馬力
③ 136,000馬力
※①1914年竣工時  ②1931年(練習戦艦化改装完了後)  ③1940年(大改装完了後)

姉の図面から建造された、国産初の超弩級戦艦 比叡


イギリスのヴィッカース社で建造されている【金剛】から遅れて10ヶ月、現地へ派遣した技術者の経験と調達した図面から、いよいよ国産の超弩級戦艦の建造の準備が始まりました。
といっても、実は材料の大半はヴィッカース社へ注文しており、純国産、とは言いづらい建造過程です。
「仮称卯号装甲巡洋艦」という名称で【比叡】の建造はスタート。
書類上で【比叡】が巡洋戦艦となったのは進水後のことです。

【比叡】【金剛】建造に伴って判明していた不具合を解消するために、いくつか改良点があります。
一番わかりやすのが煙突でしょう。
これは艦橋などへの排煙の流れの考慮により、【比叡】の1番煙突のみが長くなっています。
また、1、2番煙突の場所そのものも後ろに下げられました。

【比叡】はイギリス建造の【金剛】よりも若干工期が長引いたものの、国産戦艦として問題なく竣工しました。
これまでの戦艦の5割増しの大きさになるという大建造にも関わらず、本場イギリスとの工期の差があまりないというのは大したものでしょう。
【比叡】【比叡】そのものの建造だけでなく、その後の帝国海軍の建造技術の向上に大きく貢献しています。

【比叡】は竣工してたった1ヶ月で、さっそく東シナ海へ出動しています。
日本が第一次世界大戦へ参戦することになったためです。
しかし第一次世界大戦で日本は、「金剛型」の脆弱性に直面します(「ユトランド沖海戦」)。
「ユトランド沖海戦」では巡洋戦艦の激しい撃ち合いが繰り広げられましたが、速度>防御のイギリス巡戦が主砲<防御のドイツ巡戦に対して非常に不利な戦いを強いられ、イギリスは大きな被害を負ってしまいます。
「速度は装甲」という考えが誤りだったことが判明したのです。

※巡戦は日英の影響で「速くて防御の弱い大口径砲塔搭載の巡洋艦」のようなイメージですが、ドイツのように速度よりも防御を優先した「重装甲の中口径砲塔搭載の巡洋艦」もれっきとした巡戦です。
また中口径という言葉を使いましたが、これはその国で2番目、3番目に大きな口径の主砲に当たることが多いです。
日本で言われた「装甲巡洋艦」により近いものかもしれません。

このように、巡戦同士でも大きな被害を負ってしまうことが証明された上、今後続々と超弩級戦艦が登場することから、巡戦は徐々に不利になり、特に防御面ではあまりにも分が悪くなってしまいました。
高速性を活かして退避しようにも、射程がどんどん長くなっていく近代戦艦からは逃れることが困難になりつつあったのです。

これに伴い、日本は2つのことを決定します。

1.強固な超弩級戦艦の建造(「八八艦隊計画」
2.金剛型戦艦の改装


1が優先されたため、「金剛型」改装は後回しとなっておりましたが、その中でも【比叡】は、改装が最も遅い「金剛型」でした。
1929年10月、ようやく第一次改装に着手したと思えば、今度は翌年に「ロンドン海軍軍縮条約」が締結されます。
それによって戦艦保有上限が見直され、各艦廃艦とする戦艦が決まりました。
しかしその中の一部の艦は武装削減等の条件を満たした練習艦としての運用が許されます。
日本はこの時点で比較的艦齢を重ねていて、かつ改装も進んでいない【比叡】が、練習戦艦として格下げされることになりました。

改装の結果、4番砲塔と煙突1本、舷側装甲の撤去、及び機関の変更が行われ、排水量と出力が大きく減少します。
4番砲塔がなくなることによる重量バランスの崩壊を防ぐため、砲塔跡には500tのバラストが搭載されましたが、真横から見ると後ろがスカスカなのがよくわかります。
1933年1月1日、【比叡】は正式に練習戦艦となりました。

陛下も訓練兵も乗せた戦艦 そして太平洋戦争での戦艦初沈没


練習戦艦として第二のスタートを切った【比叡】ですが、 勤務員の一人である吉田俊雄氏は「お年寄りのようだ」と言い、また【比叡】最後の艦長となる西田正雄氏は、練習戦艦となった【比叡】を見て涙を流したそうです。
それぐらい、巡戦時代からは想像もつかない、簡素な姿だったのでしょう。
排水量は19,500tまで減り、さらに「金剛型」最大の特徴だった速度は18ノットとかつての武勲艦【三笠】並になってしまいます。
また、魚雷関係の装備もこの機に全廃となりました。

練習戦艦 比叡
  (練習戦艦時代の比叡)

しかし、悪いことばかりではありませんでした。
出撃もなく、艦内のスペースにも余裕が生まれたことで、昭和天皇の御召艦としての大役を任されることになったのです。
展望台や御座所が設置され、手すりなどはすべて白絹で覆われました。
記念切手も発行され、国民的人気を誇った【長門・陸奥】と同じぐらい有名になったのです。
観艦式などの儀式の前には、二週間もの時間が清掃に当てられてピカピカになるまで磨き上げられました。
満州の皇帝溥儀が日本に行幸に来られた際も、【比叡】に乗艦されて日満間を往復されました。

さて、4年の練習戦艦時代を終え、ついに【高速戦艦 比叡】誕生の時がやってきます。
「ロンドン海軍軍縮会議」の脱退をもって、日本は制約に縛られない軍艦の建造に踏み切りました。
他の「金剛型」は第一次・第二次改装がありましたが、【比叡】はその内容を一気に行います。
加えて、「大和型」の建造に向けてのテストも行っています。
他の「金剛型」の艦橋は檣楼(しょうろう)型ですが、【比叡】のみ塔型となっている他、各種補機類も、三隻とは違う最新のものが採用されています。
また、射撃塔の装備も測距儀や測的所が艦橋トップに一体となって備わるようになり、関連情報や装備を集中させることができました。
過去の「金剛型」の改装のノウハウも合わせ、【比叡】は最も性能の良い「金剛型」として再出発します。
しかし【比叡】の分類は「練習戦艦」から改められることはなく、【比叡】は書類上では戦艦に戻ることはありませんでした。

太平洋戦争開戦後、【比叡】「真珠湾攻撃」を行う機動部隊の護衛に就き、翌年にはポートダーウィンの攻略部隊にも加わっています。
3月には逃走する連合軍の中の【米クレムソン級駆逐艦 エドサル】を追い詰めて撃沈。
これが、太平洋戦争で日本の戦艦が初めて敵艦を沈めた戦果となりました(とどめは主砲ではなく15.2cm副砲でした)。
しかしこの【エドサル】撃沈のために同じ第三戦隊の【霧島】や第八戦隊の【利根・筑摩】ら合わせて4隻が片っ端から砲撃を仕掛けますが、距離もある(20km超?)ことなどから一向に命中せず、最後は【蒼龍】から飛び立った「九九式艦上爆撃機」の爆撃によって足を止めてから命中させるという有様でした。

6月の「ミッドウェー海戦」にも参加しますが、この戦闘では空母4隻以外の出番はほぼなく、もちろん【比叡】も何もできませんでした。
やがて8月には「ガダルカナル島の戦い」が始まり、【比叡】はじめ4隻の「金剛型」がトラック島に集結します。
戦闘は苛烈を極め、「第一次ソロモン海戦」、「第二次ソロモン海戦」、「南太平洋海戦」と、一進一退の攻防が繰り広げられましたが、その中で日本を最後まで苦しめたのが、ヘンダーソン飛行場です。
各艦が都度ヘンダーソン飛行場を標的として砲撃を行っていましたが、いつも壊滅させることはできず、またその復旧も早かったため、制空権の奪取は叶っていませんでした。
そして11月、「第三次ソロモン海戦」において、【霧島】ら挺身攻撃隊とともに【比叡】は出撃(速力の関係上、【金剛-榛名】【比叡-霧島】の組み合わせでの出撃が大半でした)。
ヘンダーソン飛行場の壊滅を狙う帝国海軍と、それを阻止しようと立ちふさがった米艦隊との海戦が勃発します。

この、海戦史上最も乱戦となったと言われる「第三次ソロモン海戦」で、【比叡】【米アトランタ級軽巡 アトランタ】を沈めるなど奮闘。
海戦は早々に【夕立・春雨】が敵軍に突っ込んで陣形をかき乱すなどしたために、両軍ともに終始大混乱の状態でした。
しかし【比叡】探照灯を照射して敵艦隊に突撃していたため、砲撃の的ともなってしまいます。
砲撃は主に巡洋艦や駆逐艦からでしたが、集中砲火を浴び続けた【比叡】はその無数の砲弾によって砲塔へ射撃電路が使えなくなってしまいます。
これにより射撃は各砲塔が自身の手で砲撃を行う必要が発生し、精度や速度が低下。
さらに迫り来る駆逐艦の魚雷を交わしながらも、【比叡】は主砲と副砲によって魚雷による必殺を狙うアメリカ駆逐艦に砲弾を浴びせます。

ところが懐に飛び込んできた駆逐艦に対しての砲撃は戦艦にとって大変不利です。
なにせ主砲は巨大故に旋回速度が遅く、駆逐艦の動きについていけないのです。
当然副砲の出番となるのですが、この副砲も敵が近すぎると俯角が取れずに駆逐艦に照準を合わせることができません。
周囲の護衛と協力して、暗闇の中で【比叡】は必死に戦い続けます。
逆にアメリカ駆逐艦も、近距離すぎた結果安全装置が働いた魚雷が不発であったり、やはり主砲での砲撃ができずに艦船に対して機銃を放つなど、混乱が目立ちました。

しかしこの乱戦だったため【比叡】に対して【五月雨】が誤射をする事態も発生。
全く気づかない【五月雨】に対して副砲で威嚇射撃をする始末でした。

そんな中、【比叡】の艦尾喫水線付近を一発の砲弾が貫通します。
注排水による復旧が可能な箇所の貫通ならまだしも、艦尾付近の貫通は舵やスクリューが近くにあるため致命傷です。
【比叡】はこの被弾により、舵機室や電動機室が浸水してしまい、操舵不能となってしまいました。
人力操舵をしようにも排水ポンプが停止してしまい浸水は止まらず、【比叡】は航行は可能だったために旋回を始めてしまいます。
また通信設備も破壊されてしまい、【比叡】は何もできずに闇夜をぐるぐると回ることになります。

一方、双方大小様々な被害を負った「第三次ソロモン海戦」の第一夜において、被害が軽微だった【雪風】【比叡】を探して走り続けていました。
やがて【雪風】が、そしてあとから【照月・時雨・白露・夕暮】が到着しますが、状況は好転しません。
駆逐艦で【比叡】を曳航するのはあまりにも無茶でしたし、【霧島】を連れてきても、間もなく迎える夜明け、すなわち空襲を前にして動きが制限される曳航は非常に危険でした。
実際【霧島】【比叡】の場所へ向かっている最中に、不発ですが魚雷を受けており、まだまだ危険はそこ可視に残っていました。
【比叡】は護衛を受けながら応急処置を行い北方への避難が決定され、夜明けとともに想定される空襲に対抗するため、日本も戦闘機を直掩に向かわせます。

夜が明け、危惧していたとおり米軍はヘンダーソン飛行場から飛び立った機動部隊による攻撃を開始。
舵が故障していたため、回避行動はなかなかうまくいきません。
なんとか魚雷攻撃は避ける事ができましたが、爆弾の直撃は増してゆき、この爆撃によって4つあるうちの3つの缶が使用できなくなってしまいます。

アメリカの攻撃は執拗で、一度攻撃を終えた機動部隊は補給を終えて再び【比叡】めがけて攻撃を開始。
すでに速度も落ちている【比叡】に対して今度も多数の爆弾と魚雷が襲いかかりました。
この雷撃によって2発の魚雷が命中したとされ、もちろんそこでも浸水が発生。
そして昼過ぎには機関室の全滅が報告されました。

復旧を頑なに諦めなかった西田正雄艦長(当時大佐)も、この報告によって遂に【比叡】の航行を断念、総員退艦命令を出します。
しかし西田艦長自身は【比叡】から離れることを頑なに拒み、ともに逝くと言って部下たちの手を払います。
止むなく乗員は西田艦長を強引に抑えこみ、未来の連合艦隊司令長官を死なせてなるものかと、涙をのんで西田艦長【雪風】へと移乗させます。
【比叡】はキングストン弁が開かれ、もう後戻りはできませんでした。

やがて雷撃処分命令が下され、【雪風】【比叡】から距離をおきました。
そこに舞い込む不幸な知らせ。

「機関室全滅は誤報」

西田艦長は愕然とします。
雷撃処分の命令そのものは取り消されたものの、【雪風】が再び【比叡】のもとへ向かうことはありませんでした。

やがて【雪風】も戦場から退避。
西田艦長は自らの死に場所を取り上げられ、また自分の船の最後を見届けることもできませんでした。
挙句、【比叡】の自沈処分もできずに退艦したことが「使命を全うせずに逃げ出した」と認識され、西田艦長は左遷されてしまいます。
この処分には山本五十六連合艦隊司令長官も激怒し、猛反対をしましたが処分は覆ることなく、西田艦長は二度と船に乗ることはありませんでした。

【比叡】は、帝国海軍所属艦艇で、太平洋戦争で初めて沈んだ戦艦です。
2018年1月8日 加筆・修正

このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐金剛型戦艦 金剛 金剛型戦艦 榛名⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system