旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


戦艦 榛名

戦艦 榛名【金剛型戦艦 三番艦】
Battleship  HARUNA 【KONGO-class Battleship 3rd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(解体) 建 造
1912年3月16日 1913年12月14日 1915年4月19日 1946年7月4日 川 崎 造 船 所
基準排水量 水線  幅 速 度 馬 力
① 26,330t
② 29,330t
③ 32,156t
① 212.00m

③ 219.61m
① 28.04m
② 31.02m

① 27.5ノット
② 25.9ノット
③ 30.5ノット
① 64,000馬力
② 64,000馬力
③ 136,000馬力
※①1915年竣工時  ②1928年(第一次改装完了後)  ③1934年(第二次改装完了後)

純国産、そして初の民間造船所建造の戦艦 榛名


初の超弩級戦艦【金剛】、初の国産超弩級戦艦【比叡】、そしてこの【榛名】は、四番艦【霧島】とともに、初の民間造船所建造の戦艦となりました。
主砲もここで初めて国産の35.6cm連装砲が搭載されます。
【榛名】を建造した川崎造船所【霧島】を建造した三菱長崎造船所が、激しいライバル争いを繰り広げる事にもなりました。
川崎造船所【榛名】建造に備えて万全の体制を取るために、ドイツやイギリスの大型クレーンを導入する気合の入れようでした。

しかし完成直前で発覚した欠陥の修復のために工期が6日遅れることになると、川崎造船所造機工作部長の篠田恒太郎氏が責任を感じ自刃するという不幸な出来事もありました。
それほど、戦艦を建造することは名誉で偉大なことであったのでしょう。
この事件から、予定通りならば【霧島】が先に竣工することになるのですが両者は竣工日を合わせ、ともに4月19日生まれとなったのです。

さて、【榛名】は竣工翌年の1916年、イギリスの方位盤射撃照準装置を初めて導入しています。
これはターゲットに対して全門指向・全門発射が行える自動砲撃装置とも言えるもので、コンピューターの前身と言ってもいいレベルの代物でした。

1920年9月20日、【榛名】は北海道での訓練中に「膅内爆発(とうないばくはつ)」(砲身内で砲弾が爆発してしまうこと)を起こしてしまい、予備役へと退いて横須賀で入渠を余儀なくされます。
ところが、ちょうど修理中に「金剛型」の脆弱性が「ユトランド沖海戦」で露呈し、これ幸いと、他の「金剛型」に先んじて【榛名】の改装が併せて行われました。

しかし、先んじたにも関わらず、なんと改装完了までに8年もの時間を費やしています。
これは、改装中にさらに攻撃力の強化もすることとなった上、予算の関係上、優先的に改装が行えなかった事情が背景にありました。
改装の内容は【金剛】を参照にしていただければと思いますが、1点異なる点があります。
それはボイラーで、他3隻は重油専焼缶のみとなったのは第二次改装からでしたが、【榛名】のみこの第一次改装の時点で全缶が重油専焼缶へ交換となっています。

続いて、1933年には「ロンドン海軍軍縮会議」脱退を見越して第二次改装が行われますが、これも再び【榛名】が先陣をきっています。
第一次改装後は25ノットだった速度は、第二次改装によって30ノットを超え、【高速戦艦 榛名】が誕生しました。
【榛名】は他の姉妹艦と比較する上で、後部艦橋と後部煙突の距離の違いが挙げられます。
【榛名】は最初の改装だったのでわかりませんでしたが、後ほどこの煙突が近すぎるせいで後部艦橋に熱が溜まってしまうようになったため、残り3隻の改装時にはこの艦橋が少し後ろに傾いた形状になっています。

ちなみに、御召艦と言えば2番艦の【比叡】が有名ですが、この【榛名】も1928年の昭和天皇即位に伴う大礼特別観艦式や1931年の熊本行幸で御召艦を務めています。

呉から空を睨み続けた、動けない高速戦艦


【榛名】は、 実は「金剛型」の中で最も被害が多かった戦艦でした。
致命的な損傷は少なかったものの、大小様々なダメージを追いながら戦い続けたのです。

開戦後間もなく12月10日の「マレー沖海戦」では、イギリスの最新戦艦【キング・ジョージ5世級戦艦 プリンス・オブ・ウェールズ】と劣勢の中戦う直前まで来るのですが、それを「九六式陸上攻撃機・一式陸上攻撃機」の活躍によって撃沈。
日本の航空戦力の攻撃力を過小評価していたイギリスに手痛い洗礼を浴びせています。
さらに1942年3月には【金剛】らとともにクリスマス島を砲撃してこれを陥落させました。

6月5日の「ミッドウェー海戦」時、【榛名・霧島】の第三戦隊第二小隊は世界最強の機動部隊の護衛を任されて出撃。
しかしやってきたのは艦隊ではなく空母から発艦した機動部隊。
日本側の対応のお粗末さに加え、護衛の戦艦も目標が見えないために砲撃はできず、健在だった【飛龍】付近に寄り添って対空射撃を行うに留まりました。
この際【榛名】も至近弾を受けています。

8月からの「ガダルカナル島の戦い」では、「金剛型」4隻がそれぞれコンビを組み、出撃しています。
【榛名】【金剛】とともに、この戦いの最大の障害であったヘンダーソン飛行場の破壊を試みました。
一時は基地へ大きなダメージを与えることに成功するものの、重機を使ったアメリカの復旧速度は非常に早く、また新しい滑走路の存在を見落としていたこともあって、【榛名】の活躍は水の泡となってしまいます。
そして結局最後まで、日本はこのヘンダーソン飛行場に振り回されて敗北することになるのです。
「第三次ソロモン海戦」では【比叡】【霧島】を失うことになり、日本は大きな被害とともにガダルカナル島を失いました。

その後、南方海域では島々をめぐる陸軍兵士の戦いと、通商破壊を発端とした巡洋艦以下の戦いが各所で発生。
しかし「第三次ソロモン海戦」のような戦艦が戦場に現れる戦いはなく、激戦にも関わらず戦艦たちはひたすら待機の日々を送ります。

1944年6月19日、ようやく【榛名】に出番がやってきました。
サイパン島死守のための「あ号作戦」決行に対し、万全の体制を整えたアメリカ軍と「ミッドウェー海戦」のような航空戦が発生。
この「マリアナ沖海戦」では、250kg爆弾の直撃を受け、推進器軸を支えるスクリューブラケットが激しく損傷、火薬庫まで浸水するという危険な状態に陥ってしまいます。
急ぎ修理を行うものの、最終的には27ノットが限界となってしまいました。

「レイテ沖海戦」はこの損傷のためにほとんど全力を出せず大敗北。
さらに【金剛】もこの海戦からの撤退中、悪天候の中襲撃してきた【米潜水艦 シーライオン】の魚雷を受けて沈没してしまいます。
【榛名】自身も帰路の最中にリンガ泊地へ向かう途中に座礁してしまいます。
この被害も重なった【榛名】は、潜水艦の襲撃を護衛艦とともにくぐり抜け、せっかく無事に帰投できたものの、燃料もなくなったために呉で浮き砲台としての任務につくことになりました。

1945年6~7月の間、幾度と無くアメリカ軍の空襲を受け、ついに大破着底。
しかし弾薬庫は浸水しておらず、砲撃は依然可能であったため「着底したのなら、もう沈むことはない!」と士気はより一層高まったと言われています。

戦艦 榛名
(呉で爆撃を受ける榛名)

そして、呉で半分身を海に沈めながら、終戦を迎えます。
終戦の翌年である1946年、【榛名】の浮揚解体工事が行われ、長い生涯に幕を閉じました。
その鋼材は戦後復興のための資材として、解体されてからも【榛名】は日本のために貢献をしています。
艦齢にして31年、日本で最も多くの海戦に参加した戦艦【榛名】は、戦後復興の時まで日本のために従事してくれた武勲艦として称されています。
2018年1月8日 加筆・修正


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐金剛型戦艦 比叡 金剛型戦艦 霧島⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system