旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 那智

重巡洋艦 那智【妙高型重巡洋艦 ニ番艦】
Heavy Cruiser  NACHI 【MYOKO-class Heavy Cruiser  2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マニラ大空襲
建 造
1924年11月26日 1927年6月15日 1928年11月26日 1944年11月5日 呉 海 軍 工 廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 10,000t
② 13,000t
① 203.76m
① 19.00m
② 19.51m
① 35.5ノット
② 33.9ノット
① 130,000馬力
② 132,830馬力
①竣工時  ②1940年(第二次改装完了後)

御召艦の建造を急げ! 一番最初に生まれた那智


【那智】「妙高型重巡洋艦」のニ番艦、やはり世界で最も強力な重巡洋艦として建造が始まりました。
しかし【那智】はことさら急いで建造されることになります。
なぜなら、1928年12月に行われる「御大礼特別観艦式」に、この【那智】が参加することが決まっていたからです。
当然選ばれたからには間に合わせなければいけないので、【那智】【妙高】より1ヶ月遅く起工したものの、逆に8ヶ月も前に竣工しています。
ゆえに一部では「那智型」ということもあるようです。

また、翌年には昭和天皇が行幸する際の「御召艦」に選ばれるなど、誕生初頭から栄光ある任務を立て続けにこなしました。

さて、本職の実戦ですが、「スラバヤ沖海戦」では「妙高型」で編成された第二艦隊所属の第五戦隊が大暴れします(【妙高・足柄】は支援として後半から参加)。
7時間にも及ぶ砲撃戦の末、連合軍の艦隊を叩きのめし、計8隻を沈める大勝利を収めています。

しかし、4姉妹での活動はこの一度だけで、【那智】は北方方面の第五艦隊旗艦を任されます。
「ミッドウェー海戦」の裏では、陽動作戦としてアリューシャン攻略部隊を率いて進撃し、そのままアッツ・キスカ両島の占拠に成功します。

その後、「レイテ沖海戦」において【那智】志摩艦隊の旗艦として出撃しますが、この頃は日本もかなり劣勢で、しかも情報も正確なものが手元に来ないという悪環境でした。
当初は【扶桑・山城】を中心とした西村艦隊は米軍を打破したと言われ、志摩艦隊はその勢いで西村艦隊とともに米軍を蹴散らそうという予定でした。
ところが【那智】が戦場についた時、目にしたものは悲劇でした。
真っ赤に燃えながら沈みゆく【扶桑】、同じく火だるまになりながらもなお突撃していく【山城】
血気盛んだった艦内は凍りつき、一転敗北の空気が立ち込めました。

戦艦が撃滅されている中、【那智】は炎上して停止中の【最上】の前を通り過ぎ、戦場へ向かおうとしました。
ところが、【最上】はゆっくりながらも航行していたのです。
気がついた時はもはや手遅れで、【那智】【最上】は激突してしまいます。
【最上】は被弾の影響で舵を誰も操れていなかったのです。

【那智】は速度が20ノットまで低下、僚艦の【阿武隈】も被雷損傷していたため、【那智】は涙をのんで撤退を決意。
しかし翌日には追撃にきた米軍によって、【阿武隈】は撃沈、【最上】【曙】によって雷撃処分されています。

【那智】はマニラ港へ一時撤退。
再起をかけるも、米軍はそんな猶予を与えてくれませんでした。
11月5日、マニラへやってきたのは【米空母 レキシントン(二代目)】
湾内に逃げ出すも、度重なる空襲により【那智】は弾薬庫に火が回り大爆発。
艦体が3つに割れるほどの衝撃を受け、沈没します。
「妙高型」初の沈没となった【那智】は、旗艦を多く担ったものの、あまりいい結果に巡りあえませんでした。

重巡 那智
(マニラ大空襲により、船体が切断された那智)


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐妙高型重巡洋艦 妙高 妙高型重巡洋艦 足柄⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system