旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 妙高

重巡洋艦 妙高【妙高型重巡洋艦 一番艦】
Heavy Cruiser  MYOKO 【MYOKO-class Heavy Cruiser  1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(処分)
マラッカ海峡
建 造
1924年10月25日 1927年4月16日 1929年7月31日 1946年7月8日 横須賀海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 10,000t
② 13,000t
① 203.76m
① 19.00m
② 19.51m
① 35.5ノット
② 33.9ノット
① 130,000馬力
② 132,830馬力
①1929年竣工時  ②1941年(第二次改装完了後)

3番目に生まれた一番艦 重火力こそが強さ 妙高


「古鷹型」「青葉型」を相次いで建造した日本ですが、もちろん米英が対抗して大型巡洋艦の建造に踏み切ることは予測していました。
なので、日本もこの4隻で満足せず、より強力で大型な巡洋艦の建造へと移ります。
そこで生み出されたのが、【妙高】をはじめとする「妙高型重巡洋艦」です。

【妙高】はなんといっても火力重視の重巡で、これまでの6門から一気に10門まで主砲数を増やしています。
その代わりに魚雷を全廃すべきだという設計者平賀譲氏の意見(半減という意見の説も)と、さすがに全廃はまずいという軍令部の意見の対立がありました。
結果、これは「青葉型」の時と同様、平賀譲氏不在時に設計図を書き換えるという荒業にでています。
しかし代償として、居住スペースが減少、そしてその居住スペース確保のために船体の大型化、という流れで、結果的に排水量は11,300tとなっています。
また、【衣笠】に初搭載された航空機用カタパルトも建造時に装備。
今後の重巡洋艦の標準装備がなされた船でした。

米英は船体内の居住性も重視している一方で、日本は居住性よりも強力で堅牢な船を作ることを重視したため、「妙高型」も引き続いて米英よりも勝った重巡として君臨しました。

ちなみに【妙高】はネームシップではありますが、予算や世界恐慌の影響によって誕生したのは3番目、二番艦【那智】よりも8ヶ月も後でした。

4姉妹で第五戦隊 切断されながらも生き長らえる


「妙高型」は、その後建造された「高雄型」と、軽巡からクラスアップした「最上型」に見劣りしないように二度の改装を行っています。
対空装備の増備や魚雷発射管の換装等を行いますが、その影響で速度が若干低下してしまいました。

「妙高型」の4隻はそろって第五戦隊を編成し、「支那事変(日中戦争)」では支援・警備艦隊として活躍しました。
太平洋戦争開戦直後は、「ダバオ・ホロ攻略作戦」に船団護衛として出撃します。
しかし【妙高】は米航空機の攻撃にさらされ、2番砲塔付近に爆弾が直撃、作戦は成功したものの、太平洋戦争では帝国海軍初の被害を受けた船になりました。

修理完了直後には「スラバヤ沖海戦」へ急ぎ参加し、僚艦とともに連合軍の軍艦を計8隻撃沈させています。
他にも【羽黒】【那智】は単独で戦果を上げており、大殊勲を手にしています。

その後も有名な作戦に参加し続けた【妙高】でしたが、「ブーゲンビル島沖海戦」では、夜戦の中【初風】と衝突、【初風】は艦首を切断する大損害を負い、航行不能になった末に撃沈されています。
【妙高】も損傷し、乱戦となった「ブーゲンビル島沖海戦」では日本は敗北。
夜戦はこれまで探照灯を敵艦隊へ照らしていた戦い方が、照明弾を敵艦隊へ向けて発射する形へと変貌していきました。

ジリ貧で挑んだ「レイテ沖海戦」では、米航空機の空襲によって魚雷が命中し、速度が12ノットまで低下します。
戦闘が難しくなった【妙高】は、日本へ戻り修理に入る予定でしたが、その道中で【米潜水艦 バーゴール】の放った魚雷が艦尾に直撃し、なんと艦尾が切断されてしまいました。
【妙高】は主砲と機銃で何とか【バーゴール】を大破まで追い込みますが、当然航行不能になった【妙高】は、【羽黒】に曳航されてシンガポールへと向かいます。

戦況は厳しく、さらに艦尾脱落という大破状態の【妙高】、回された仕事は、浮き砲台でした。
シンガポールには同じく戦闘不能となった【高雄】がいました。
その後約10ヶ月、【妙高】【高雄】の主砲は天に向けられていましたが、遂に日本は敗戦、ここに太平洋戦争は終結します。

その後はイギリスに買収され、ともにマラッカ海峡で海没処分されています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐青葉型重巡洋艦 衣笠 妙高型重巡洋艦 那智⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system