旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 摩耶

重巡洋艦 摩耶【高雄型重巡洋艦 三番艦】
Heavy Cruiser  MAYA 【TAKAO-class Heavy Cruiser  3rd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1928年12月4日 1930年11月8日 1932年6月30日 1944年10月23日 川 崎 造 船 所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 9,850t
② 13,350t
① 203.76m

① 19.00m
② 20.72m
① 35.5ノット
② 34.3ノット
① 130,000馬力

①竣工時  ②1944年(改装完了後)

洋上の敵は空にあり 神戸生まれの対空要塞 摩耶


【摩耶】の艦名由来は、神戸六甲山系に属する「摩耶山」から、そして建造は神戸川崎造船所、生粋の神戸っ子です。
実は【摩耶】、世界恐慌の煽りを受けて破綻寸前となった川崎造船所の救済を込めて建造を依頼されました。

【高雄・愛宕】は太平洋戦争を目前にして改装を行っていますが、【摩耶・鳥海】はその改装が行われる前に開戦してしまったため、姉2隻よりは劣った状態で戦争に参加することになりました。
それがのちに【摩耶】が対空特化の重巡に変身することにつながります。

【摩耶】は開戦後、姉とではなく「妙高型」の4隻らとともに第十一航空艦隊に所属し、南方海域で作戦に従事しました。
その後、北方部隊へ転属しアリューシャン方面攻略に参加、しかしそれが終わると再び南方へ、「第二次・第三次ソロモン海戦」へと飛び込んでいきます。

「第三次ソロモン海戦」では連日空襲の嵐にさらされ、さらには【比叡】が沈没してしまうなど、日本の攻撃力は低下、飛行場への砲撃も失敗に終わります。
翌日も日本は終始劣勢で、【摩耶】をはじめ【鳥海・五十鈴】も被弾。
米航空機が突っ込んできて高角砲甲板に直撃した結果火災が発生、魚雷を放棄して延焼を防ぎましたが、結局修理のためにトラック泊地へ帰投しました。

修理が終わると、【摩耶】はまたもや北方海域へ進み、「アッツ島沖海戦」に参加するのですが、【摩耶】はこの戦いは思い出したくない海戦だったと思います。

接近する巡洋艦と離脱する巡洋艦を見間違える、高角砲の砲撃データを主砲砲術長に送る、残弾があるにも関わらず「残弾なし」と勘違いしてしまうなど、失態続きでした。
しかも戦果はゼロと、散々な結果に終わっています。

1943年の「ブーゲンビル島沖海戦」では、【摩耶】所属の第二艦隊はラバウル空襲に遭遇し、船体放棄を考えるほどの甚大な被害を受けてしまいます。
空襲を回避しながらなんとか応急処置を終えた【摩耶】は、護衛艦とともに辛うじてラバウルを離脱、横須賀で本格的な修理に入ります。

この修理を行う際、同時に改装工事も行われました。
【摩耶】が対空巡洋艦と変貌したのはこの時です。

3番砲塔を取り外し、12.7cm連装高角砲を2基増設、もともと装備されていた12cm単装高角砲12.7cm連装高角砲へ換装し、合計6基12門となりました。
3番砲塔跡には25mm機銃を設置し、25mm三連装機銃13基、25mm単装機銃9挺、13mm単装機銃36挺にまで増加。
最終的には25mm単装機銃は合計66挺にまで膨れ上がるなど、対空装備満載の船へと変貌しました。

防空 摩耶
(防空兵装強化後の摩耶)

しかし残念なことに、【摩耶】が生まれ変わった時の日本は窮地に陥っており、常に劣勢で戦っている状態でした。
【摩耶】の持つおびただしい数の機銃はほとんど役目を果たすことがなく、「レイテ沖海戦」【米潜水艦 デース】の放った魚雷4発を被雷します。
【愛宕】とは逆に左舷へ急速に傾斜、艦首から沈んでいきました。

なお、この時に救助された兵員は【武蔵】へ移乗したのですが、不運なことに【武蔵】は翌日に目を覆いたくなるほどの集中攻撃を受け、轟沈してしまいます。
【摩耶】の乗員は、船が変わっても士気を下げることなく最後まで応戦しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐高雄型重巡洋艦 愛宕 高雄型重巡洋艦 鳥海⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system