旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 熊野

重巡洋艦 熊野【最上型重巡洋艦 四番艦】
Heavy Cruiser  KUMANO 【MOGAMI-class Heavy Cruiser  4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
サンタクルーズ港
建 造
1934年4月5日 1936年10月15日 1937年10月31日 1944年11月25日 川 崎 造 船 所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 8,500t
② 12,000t
① 200.60m
① 20.20m
① 35.0ノット
② 34.7ノット
① 152,000馬力
② 152,432馬力
①1937年竣工時  ②1939年(改装完了後)

ああ、日本はかくも遠いのか 帰還叶わず沈没 熊野


【熊野】【鈴谷】と同じく、【最上・三隈】で判明した強度問題を改善して再設計された軽巡洋艦です。
大型8基、小型2基だったボイラーも大型8基のみに統一され、その影響で一番煙突が若干細くなっています。
当然20.3cm連装砲に換装可能、竣工から2年後の1939年に改装されています。

1942年4月にはインド洋作戦に従事し、通商破壊作戦を行っていました。
それから1ヶ月後の5月には、「最上型」4隻をはじめとする第七戦隊に所属して「ミッドウェー海戦」へ出撃します。
ところが「ミッドウェー海戦」はまさかの大敗北。
主力の航空母艦4隻をたった一日で失った連合艦隊ですが、司令部はこのまま戻ってなるものかと、夜に乗じて当初の作戦通りミッドウェー島を砲撃するつもりでした。
しかしやっぱり止めだと命令は撤回、第二艦隊は撤退することになります。
その時最もミッドウェー島に近かったのが、この第七戦隊です。

第七戦隊の旗艦【熊野】は、その帰還道中で米潜水艦の存在を確認します。
その危機に慌てた【熊野】は、残り3隻の姉たちに「緊急左45度一斉回頭」を立て続けに2度命令します。
ところが後ろにいた【鈴谷】は、それが果たして1回回頭なのか2回回頭なのかの判別ができませんでした。
これは信号を軍規律通りに送らなかった【熊野】に責任があり、その後予想以上に回頭してきた【熊野】を避けようとして【鈴谷】は大きく舵を取ります。
その影響は後ろ2隻にもおよび、なんと【最上】【三隈】に衝突してしまいました。
【三隈】の被害は大したことなかったものの、【最上】の艦首はボロボロになってしまいます。

【最上】【三隈】は、護衛の【朝潮・荒潮】とともにトラック泊地へ避難することになりますが、【熊野】【鈴谷】とともに艦隊合流を急ぎます。
ですがなんと、この後この2隻は一時音信不通となり、連合艦隊司令部ですら居所がわからない事態となってしまいます。
ようやく連絡がつながった時は、合流間近の時でした。
なぜ音信不通になったのかというと、噛み砕いて言えば「連絡を取れば【最上・三隈】を助けに行けと言われると思ったから」というものでした。
なんとも呆れたもので、実際第二艦隊通信参謀は、「どうにも困った部隊である」と口にしています。
この時の第七戦隊の司令官こそ、いろいろなところで有名な栗田健男(当時少将)でした。
その間に【最上】は再び炎上、【三隈】は沈没してしまいます。

ちなみに、この際【鈴谷】は、木村昌福艦長(当時大佐)の独断により、機関故障を理由に【熊野】と一時別れ、【三隈】の乗員の救助に向かったとされています。
(公式文書には、救助したのは【朝潮・荒潮】となっています。この証言は【鈴谷】乗員一人のみのもので、あまり真実味はないとされています。)

【熊野】はその後、インド洋で再び通商破壊作戦を行うのですが、途中で「ガダルカナル島の戦い」に駆り出されることになります。
「第二次ソロモン海戦」【熊野】【比叡・霧島】らで先行部隊として出撃しますが、その後の「南太平洋海戦」も含めて、【熊野】は戦果もなく、被害もひどいものではありませんでした。
【熊野】は損傷した【瑞鳳】とともに呉へ戻り、修理を受けます。


その後、【熊野】は壮絶な最期を遂げるドラマの序章である「レイテ沖海戦」へ身を投じます。


【熊野】【鈴谷・利根・筑摩】で新たに編成された第七戦隊で米空母へと戦いを挑みました。
「サマール沖海戦」が勃発します。
すでに日本は【愛宕・摩耶】が沈没、そして世界最大の戦艦の1隻【武蔵】までもが、度重なる空襲と雷撃によって力尽きています。
【熊野】は先陣を切って敵艦隊に突入しますが、米軍は煙幕を張って機動力を削ぎにかかります。
ところが【熊野】はそれを振りきって更に突っ込みます。
その果敢な攻撃の隙を突いて放たれた魚雷が1本、【熊野】に襲いかかりました。
放ったのは、最初に【熊野】へ砲撃を仕掛けた【米駆逐艦 ジョンストン】でした。
【熊野】は航空爆撃の回避をしていたところで、魚雷の回避は遂に間に合わずに被雷してしまいます。

【熊野】は艦首を一部喪失し、なんとか14ノットほどの速力を回復したものの、戦闘は断念、レイテ沖から離脱します。

「レイテ沖海戦」は乱戦かつ劣勢で、とても【熊野】の護衛につけるような艦はいませんでした。
【熊野】は単艦で、まずはマニラへ、そして遠い遠い日本を目指します。
出発は10月25日のことでした。

道中、上空には見慣れた航空機が。
「水上爆撃機 瑞雲」
「艦上攻撃機 天山」でした。
しかし【熊野】はその光景に目を疑います。
計4機の帝国海軍航空機は、なんと【熊野】に対して攻撃を行ったのです。
【熊野】は艦首を失い、さらに空襲で形状も変形していたため、パイロットが【熊野】を味方の軍艦であると認識できなかったのです。
幸い被害はなかったものの、もはや日本の戦闘レベルが地に落ちていることを艦長は身を持って知ることになりました。

その後も度重なる米航空機の攻撃にさらされますが、【熊野】は奇跡的な回避行動でそれらをかわし続けました。
しかしついに【熊野】は至近弾を受け、機関部に浸水被害が発生します。
その後も煙突や艦橋に被害を受け、速度はわずか2ノットに低下しました。
首の皮一枚つながって空襲を耐え抜いた【熊野】は、応急処置の末9ノットまで速力を回復。
補給のため、一路コロン湾を目指します。
その後の空襲も執念で艦を守りぬき、ついに【熊野】【足柄・霞】と合流の末、コロン湾へとたどり着きました。
10月26日18時30分のことでした。

補給を終え、さらに燃料を搭載した【熊野】ですが、旅はまだ半分も終わっていません。
コロン湾はあくまで燃料補給であり、修理はマニラ、ひいては本土に戻らなければ行えません。
10月27日午前0時、【熊野】はマニラを目指して再び海に出ました。
道中で【駆逐艦 沖波】と合流し、今度は何事もなく無事にマニラへと到着します。
10月28日7時30分到着と記録されています。
艦首が破壊されているため投錨ができない【熊野】は、【給油艦 隠戸】に横付けして修理を行います。
ただ、ここで修理できるのは速力の回復程度。
やはり本土へ戻ることは必須でした。
若干ですが、速度は10ノットまで出せるようになります。

しかし安らぎの時間は長くありませんでした。
10月29日、米軍の航空機がマニラを襲います。
今度は300機近い航空機が総攻撃を仕掛け、【熊野】や同じくマニラにいた【青葉・那智】は苦しみながら応戦します。
その結果、【熊野】はなんとか逃げ切りますが、【那智】はこの地で力尽き、沈没してしまいました。

空襲の恐怖が去り、【熊野】は再び修理を行い、最終的に15ノットまでの速度回復がなされました。
弾薬が少々不足してしまいますが、あとは本土まで無事に着くことを祈るばかり。
11月5日、5ノットしか出せない【青葉】を引き連れ、護衛の船団とともに次の目的地、サンタクルーズ港へ向かいます。
無事夕方にはサンタクルーズ港へ到着。
次の出発は翌日朝でした。

しかし、この地は日本にとってはとても危険な海域で、米潜水艦の根城のような場所でした。
案の定、4隻の米潜水艦が【熊野】たちを待ち受けます。
たちまち魚雷が襲いかかり、【熊野】はなんとか回避行動をとり続けるも、ついに2発が艦首、機械室に命中します。
もともと損傷している艦首に再度ダメージを負った【熊野】は、ついに1番砲塔前がボッキリと脱落してしまいます。
機械室は完全に浸水し、航行もできなくなり、【熊野】は完全に機能を失います。
一方5ノットしか出せない【青葉】はなんと魚雷のすべてをかわしきり、奇跡的に無傷でこの強襲を切り抜けています。
しかし【青葉】【熊野】を曳航できる力はありません。
【青葉】は仕方なく、単艦で日本を目指します。

一方【熊野】は、さらに満身創痍になりながらもなお、沈むことをよしとせず、海上にありました。
11月7日、応急処置の末、【貨物船 道了丸】に曳航されて【熊野】は再びサンタクルーズ港へと戻ってきました。

11月9日には台風が【熊野】を襲いますが、【熊野】はそれでも負けません。
代用錨で沈没を防ぎ、台風の通過までじっとこらえ続けました。

さて、傷だらけの【熊野】が日本に戻るために今何が必要か、それは燃料ではなく真水でした。
次の目的地は台湾の高雄、そこに向かうまでの真水はあと500tも必要でした。
応急修理の傍ら、毎日ドラム缶を使って30tもの真水を【熊野】まで運び込みました。

修理が始まって1週間半の11月21日、ついに【熊野】は6ノットまでの速力回復を果たします。

しかし、【熊野】の命運はもう残り僅かでした。
11月25日、【米空母 タイコンデロガ】率いる連合艦隊がサンタクルーズ港に侵攻してきました。
【熊野】は必死に上空めがけて砲撃戦をはじめますが、残弾は残り少なく、また速力も6ノット、集中攻撃をかいくぐれる時間は長くありませんでした。
艦橋後部と右舷に魚雷が立て続けに命中、左舷にも2発、加えて爆撃が2番砲塔付近に集中します。
やがて【熊野】の船体は、ゆっくりと左舷へ傾きはじめました。
刃折れ矢尽き果てても、本土の地を踏みしめれるのなら泥でも飲み込む覚悟で航海を続けた1ヶ月、15回もの空襲に耐え抜いてきた【熊野】は、ついに悲願叶わず、サンタクルーズ沖へと沈んでいくことになるのです。

【熊野】はそれまでの戦いよりも、あまりにも壮絶、意地の塊で生き抜いたこの1ヶ月が圧倒的に有名で、 悲劇の多い「最上型」の中でも特に語られることの多い艦です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐最上型重巡洋艦 鈴谷 利根型重巡洋艦 利根⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system