旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 衣笠

重巡洋艦 衣笠【青葉型重巡洋艦 ニ番艦】
Heavy Cruiser  KINUGASA 【AOBA-class Heavy Cruiser  2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没) 建 造
1924年1月23日 1926年10月24日 1927年9月30日 1942年11月14日 三菱長崎造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 7,100t
② 9,000t
① 185.17m

① 15.8m
② 17.6m
① 34.5ノット
② 33.4ノット
① 102,000馬力
② 104,200馬力
①1927年竣工時  ②1940年(改装完了後)

カタパルト初搭載 姉の留守を任されたが敗北


【衣笠】は、【青葉】と同じく「古鷹型」の改良版として建造されました。
「古鷹型」は単装砲だったため、設計を修正して20cm連装砲が装備されています。
また、竣工の翌年には【青葉】にはなかった航空機用カタパルトを搭載。
これは、帝国海軍初のことでもありました。
このカタパルトは、飛行甲板がなければ発艦できない、もしくは停止して海上に偵察機を下ろしてから発艦するという問題を解消するために、日本ではずいぶん研究されていました。
しかし結局火薬式のものしか実用化できず、衝撃に耐えるためにどうしても航空機は大型化してしまったそうです。

主砲の大型化やカタパルト増設もあり、船体はかなり無理のある状態になっていたため、1937年からは3年もの歳月をかけた大改装が行われました。
この時に主砲は20cm連装砲から20.3cm連装砲へと、口径を3mmだけ削られています。

太平洋戦争開戦後、「珊瑚海海戦」において【衣笠】は第六戦隊の【古鷹・加古・青葉】とともに【祥鳳】の護衛につきますが、航空戦に対応できなかったために護衛は失敗、【祥鳳】はあえなく撃沈されてしまいます。
しかし【衣笠】はその後【翔鶴】と合流し、【米空母 レキシントン】を沈めることに成功しています。

続く「第一次ソロモン海戦」では、第六戦隊が大暴れします。
連合軍の重巡4隻と駆逐艦1隻を沈め、さらに重巡1隻を大破に追い込む活躍ぶり。
すでに「高雄型重巡洋艦」などの高性能重巡があった中、第六戦隊は元祖重巡の力を存分に発揮しました。

【青葉】が敵味方不明の艦影に対して発光信号を送ったために発生した「サボ島沖海戦」では、【青葉】が滅多打ちにされる中、【古鷹】が身代わりとなってその後沈没してしまいます。
唐突に始まったこの海戦ですが、【衣笠】はこの戦いで【初雪】とともに冷静な判断に則って反撃に出ています。
【衣笠】はこの戦いで【米軽巡 ボイシ】を大破、【米重巡 ソルトレイクシティ】を小破に追い込み、なんとか被害を抑えて撤退しています。
【衣笠】はこの荒れた戦況にあって、無傷で帰還しています。

「第一次ソロモン海戦」は日本の勝利、「第二次」は米軍の勝利、よって「第三次」は、双方の勝敗を決定づける非常に重要な局面でした。

【青葉】が大破修復に入っているため、第六戦隊では【衣笠】が唯一の出撃、「第三次ソロモン海戦」へ挑みました。
10月13日、14日には【金剛・榛名】らとともに、ヘンダーソン飛行場を徹底的に破壊し、壊滅状態に陥れます。
その1ヶ月後の11月13日にも攻撃を加えて復旧を妨害するのですが、しかし日本は重要な事に気づいていませんでした。
ヘンダーソン飛行場の滑走路は、1本だけではなかったのです。

翌14日、無傷で日本の目から逃れていた滑走路から多くの航空機が飛び立ちます。
戦場には【米ヨークタウン級空母 エンタープライズ】も現れ、戦況は一気に逆転。
前日深夜には【比叡】を沈め、その勢いのまま突っ込んできた米軍の攻撃は強烈でした。
各艦大小様々な被害を被る中、特に【衣笠】は攻撃が集中しました。
艦橋付近に爆弾が直撃して炎上、また多数の至近弾により浸水が止められなくなり、ついに【衣笠】は沈没してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐青葉型重巡洋艦 青葉 妙高型重巡洋艦 妙高⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system