旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 加古

重巡洋艦 加古【古鷹型重巡洋艦 ニ番艦】
Heavy Cruiser  KAKO 【FURUTAKA-class Heavy Cruiser  2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
第一次ソロモン海戦
建 造
1922年11月17日 1925年4月10日 1926年7月20日 1942年8月10日 川 崎 造 船 所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 7,100t
② 8,700t
① 185.17m

① 15.80m
② 16.93m
① 34.5ノット
② 33.0ノット
① 102,000馬力
② 103,390馬力
①1926年竣工時  ②1937年(改装完了後)

重巡なのに川の名前 軽巡からクラスアップの加古


「川内型巡洋艦」が竣工したものの、日本は依然アメリカの巡洋艦の力には及びませんでした。
その三番艦【那珂】の建造中に「ワシントン海軍軍縮条約」が締結、これによって本来予定されていた四番艦【加古】の建造は中止となってしまいました。
しかし日本はめげません。
条約に抵触しない範囲で、もっと強力な火力を備えた巡洋艦の設計・建造に移ります。
日本は幸い、【夕張】という小型かつ高火力を目指した実験艦を建造しており、その経験を活かして【加古】は建造されました。

【加古】は本来二等巡洋艦、一般的に言う『軽巡洋艦』として建造予定でしたが、その名前をそのまま一等巡洋艦、いわゆる『重巡洋艦』に流用したため、【加古】は重巡にもかかわらず名前の由来が川になっています。
「最上型・利根型」は書類上軽巡扱いなので、川由来となっています。)

しかし建造途中にドックのクレーンが故障して建造が一時休止、その間に妹の【古鷹】が先に竣工してしまい、結果的に【加古】は二番艦となってしまいました。

のちの「ロンドン海軍軍縮会議」によって、巡洋艦は「軽巡洋艦」と「重巡洋艦」に二分され、「古鷹型」は巡洋艦から重巡洋艦へとクラスチェンジします。
日本初の重巡洋艦姉妹の誕生でした。

泊地に帰るまでが戦闘 勝利の美酒を飲む前に沈没


【加古】の居住性は、ある意味日本の伝統でしょうか、あまりいいものではありませんでした。
乾舷が非常に低かったため、窓が開いているとすぐに波によって海水が入ってくる、窓を閉めて航行していると海中が見える、なんて有り様でした。
そしてついたあだ名が「水族館」
それでも「川内型」よりかはかなり居住性はよかったようですが。

1936年には単装砲、しかも人力装填だった20cm単装砲20.3cm連装砲へ換装され、また魚雷も61cm四連装酸素魚雷発射管へ変更、いよいよ戦争への準備が整いました。

開戦後は「珊瑚海海戦」において【祥鳳】の護衛につきますが、残念ながら守り切ることができずに【祥鳳】は沈没しています。
しかし続く「第一次ソロモン海戦」ではその失敗を払拭するかのような大活躍を見せます。
重巡洋艦中心の第六戦隊は連合軍部隊を四方八方から砲撃を重ね、その中で【加古】は重巡1隻の撃沈、重巡2隻を大破に追い込む大殊勲をあげました。
一方【加古】はほぼ無傷。
結果的にこの戦いで日本は連合軍重巡洋艦を4隻沈め、疑いようのない大勝利をあげました。

しかし、不幸は帰還中に発生します。
さて戦闘も終わり、あとは帰投するだけだというところに、突然魚影が飛び込んできました。
急いで舵を切るものの、回頭が間に合わずにあえなく被弾、しかも3発立て続けに直撃した【加古】は、被雷からわずか5分後には沈み始めました。
即時総員退避命令が出されたため、死者数は34人に留まりましたが、文句なしの大勝利だった海戦はなんとも後味の悪いものとなってしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐古鷹型重巡洋艦 古鷹 青葉型重巡洋艦 青葉⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system