旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 羽黒

重巡洋艦 羽黒【妙高型重巡洋艦 四番艦】
Heavy Cruiser  HAGURO 【MYOKO-class Heavy Cruiser  4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
ペナン沖海戦
建 造
1925年3月16日 1928年3月24日 1929年4月25日 1945年5月16日 三菱長崎造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 10,000t
② 13,000t
① 203.76m
① 19.00m
① 35.5ノット
② 33.9ノット
① 130,000馬力
② 132,830馬力
①1929年竣工時 ②1940年(第二次改装完了後)

暴れまわった武勲艦は第五戦隊の中心 羽黒


「妙高型」の末っ子として誕生した【羽黒】は、もともと呉海軍工廠での建造が予定されていましたが、経営が苦しくなっていた三菱長崎造船所への補助を兼ねて同造船所で建造されることになった、という経緯があります。
ちょうど【客船 浅間丸】も建造していたため、その影響が内装に現れています。
4隻の中では最も居住性が高かったそうです。
建造の順序がバラバラな「妙高型」ですが、【羽黒】は2番目に建造されました。

太平洋戦争開戦後、【羽黒】は3人の姉と第五戦隊を編成。
「スラバヤ沖海戦」の20,000mもの距離での砲撃戦は7時間にも及びましたが、8隻の連合軍軍艦を撃沈させる大勝利をあげています。
勝利を手繰り寄せる一撃を与えたのは【羽黒】の砲撃でした。
【英重巡 エセクター】に損害を与えると、連合軍の陣形が崩れ、そこから日本の優勢で海戦は進みました。
なんとか生き延びた【エセクター】を逃してなるものかと、終盤では4姉妹で【エセクター】を挟み込み、見事沈めています。

【妙高】とともに挑んだ「ブーゲンビル島沖海戦」は、【羽黒】が日本で初めて夜戦で照明弾を打ち上げた戦いでした。
レーダーを駆使した先制攻撃を受けた第五戦隊は混乱し、回避が精一杯となったために陣形が崩れてしまいます。
【川内】は大破し、戦隊での衝突が発生、特に【妙高】と衝突した【初風】は艦首を失い、航行不能に陥ります。
速力の落ちた【妙高】へ攻撃が集中することを回避するため、【羽黒】は前に出て【妙高】をかばいます。
【羽黒】はこれによってなんと6発もの爆撃を受けますが、奇跡的に4発が不発弾だったため、大事には至らず引き続き戦闘を続行します。

【妙高】の速力が回復すると、いよいよ第五戦隊は敵艦隊との真っ向勝負に突入します。
しかし今度は逆に【羽黒】の放った砲弾が軒並み不発弾であったりと、こちらのラッキーが相殺されてしまいます。
結局戦いは長く続かず、米軍が撤退を開始、海戦は終結します。
こちらは【川内・初風】を失った一方で、米軍は複数艦の損傷にとどまり、惨敗。
劣勢の中戦い抜いた【羽黒】ですが、その努力は報われませんでした。

起死回生を願った「レイテ沖海戦」にも【羽黒】は参加。
この悲劇的海戦では、【羽黒】は忍耐の二文字を胸に戦い続けます。
シブヤン海での8時間に及ぶ対空戦では、日本側には空母が1隻もいない中での奮闘でした。
ひたすらに対空射撃を行いながら耐え抜き、【武蔵】は大きく被害を受けるも、【羽黒】はここでも奮戦して被害を最小限に抑えます。

続く「サマール沖海戦」では突然邂逅することになった護衛空母群に全速力で突撃します。
この戦いでの【羽黒】の勇猛果敢ぶりは圧巻で、回避よりも攻撃を優先して終始砲撃が止むことはありませんでした。
逃げる空母群を追撃する中、日本も多大なる被害を受けますが、【米空母 ガンビア・ベイ】を撃沈、【米空母 ファンショー・ベイ、カリニン・ベイ】に損害を与える戦果を挙げています。
【羽黒】は先頭に立って米空母を襲いますが、その分被害も集中するため、対空と対艦の両方をこなさなければならない苦境の中で戦い抜きました。

「レイテ沖海戦」終了後は輸送任務に就きますが、まもなくその輸送任務中に砲撃戦を交えることになります。
【羽黒】最後の、そして帝国海軍最後の水上戦、「ペナン沖海戦」の始まりです。
第二次世界大戦が終結し、ドイツを下したイギリスが太平洋戦争へ戦力を集中しはじめました。
それに備えて兵員を輸送している時に、まさにその英潜水艦の目に【羽黒】は入ってしまいました。
その場で攻撃はされませんでしたが、英軍は【羽黒】を中心とする輸送船団の撃破へ動きます。

この時の【羽黒】は、先の戦いの損傷が修復されず、燃料も乏しい、さらに輸送物資の積載重視のために魚雷発射管撤去、弾薬も半分ほどと、最低限の攻撃手段しか持っていませんでした。
【羽黒】はそんな中輸送任務を果たそうと、なんとか監視する英軍を撹乱しますが、その陽動に釣られる気配がないとわかると、【羽黒】は作戦を中止、シンガポールへ引き返すことを決めました。

航行中、あたりは暗くなってきます。
それを契機として突撃してきたのが、英軍水雷戦隊でした。
いくら優勢とはいえ相手は重巡、しかし夜ならばと、英軍はここまで攻撃を我慢していたのです。

攻撃しようにもあたりは物資だらけ、砲塔の回転すら苦労する悪条件の中、【羽黒】は必死に戦います。
しかし魚雷が遂に【羽黒】に命中、さらに甲板に出ていたドラム缶の燃料が引火して大炎上。
いよいよ【羽黒】の命運が尽きようとしていました。

【羽黒】はそれでも攻撃を止めません。
総員退去命令が出されますが、ほとんどの乗員は命令を無視。
2度目の被雷によって遂に電源が停止しますが、それでも高角砲を人力で動かし、主砲からは砲弾がひっきりなしに放たれます。

しかしもはやこれまで、炎に包まれた【羽黒】は停止してから1時間も奮戦するも、4度目の被雷によって、徐々に艦首を沈めていきました。
救助に向かった【神風】乗員をして、その奮戦ぶりは「阿修羅の如し」と伝えられています。

乗員の手記には、こうあります。
「この作戦後、羽黒は浮き砲台になる予定だった。スラバヤ、バタビヤ、ミッドウェー、ソロモン、ブーゲンビル、サイパン、レイテと羽黒は海の勇者とともにあったと思った。単なる鉄の塊でなく、羽黒はしだいに魂を持つようになったと。セレター軍港奥深く着底して、死に体のようになって、朽ち果てることをいさぎよしとしなかったように思われた。生ある者のように、魂ある者のように、青く澄んだ印度洋の海原に躍り出てきたとしか思えなかった。」

「妙高型」4姉妹の末っ子は最も過酷な環境で戦い続けましたが、その身を投じた世界に大きな存在感を残した重巡洋艦でした。

武勲艦羽黒の幸運エピソード


①6発の爆弾を受けても4発が不発弾
上記にありますが、「ブーゲンビル島沖海戦」では合計6発の命中弾を受けますが、うち4発は不発弾で致命傷には至らず、引き続き戦闘が行われました。

②出港翌日に大空襲
「ブーゲンビル島沖海戦」のラバウル大空襲をなんとかやり過ごし、佐世保へ修理のために向かった【妙高・羽黒】でしたが、その翌日、ラバウルは再び米航空機の戦火にさらされます。
ギリギリ【羽黒】はその猛攻を回避することができています。

③天は我に味方せり
修理後に陸軍兵士の輸送中、米軍の空襲がもはや避けられず、いよいよ踏ん張りどころかと気を引き締めたところ、【羽黒】は猛烈なスコールに襲われます。
そのスコールはしかも進行方向に進んでおり、【羽黒】は土砂降りの中、空襲を避けて無事輸送任務を終えることができました。

④絶滅か、奮戦かの分水嶺
「レイテ沖海戦」は、【羽黒】は当初西村艦隊に所属して【扶桑・山城】らとともに出撃する予定でした。
しかし直前になって急遽【羽黒】栗田艦隊へ配属されます。
結果、西村艦隊は戦艦2隻を失うなど壊滅、一方【羽黒】は「レイテ沖海戦」での数少ない戦果を挙げております。

⑤魚雷の浮き沈みは命をつなぐ
同じく「レイテ沖海戦」で、計5発の魚雷が【羽黒】めがけて発射されました。
4本はなんとか回避しましたが、残り1本の回避はできない、もうダメだと思われたその時、突然魚雷が海上へと浮上し、速度が低下します。
これによって辛うじて【羽黒】は魚雷から逃れることができています。
また、航空機から投下された魚雷が【羽黒】を襲いますが、今度は逆に深く潜りすぎてまたもや難を逃れたという経験もしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐妙高型重巡洋艦 足柄 高雄型重巡洋艦 高雄⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system