旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 古鷹

重巡洋艦 古鷹【古鷹型重巡洋艦 一番艦】
Heavy Cruiser FURUTAKA 【FURUTAKA-class Heavy Cruiser  1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
サボ島沖海戦
建 造
1922年12月5日 1925年2月25日 1926年3月31日 1942年10月12日 三菱長崎造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 7,100t
② 8,700t
① 185.17m

① 15.80m
② 16.93m
① 34.5ノット
② 33.0ノット
① 102,000馬力
② 103,390馬力
①1926年竣工時  ②1939年(改装完了後)

もっと強力な巡洋艦を 定義付けの要因の1隻、古鷹


日本では戦艦と平行して巡洋艦の開発が進んでいたのですが、アメリカは日本の開発スピードを上回る速度で高性能の巡洋艦を建造していました。
そこで日本は、5,500t級の「川内型巡洋艦」を大きく上回る高火力巡洋艦の建造に踏み切ります。
それが【古鷹】です。
「川内型巡洋艦」ではアメリカが保有する「オマハ級巡洋艦」には太刀打ちできなかったのです。
本来なら二番艦の【加古】が一番艦として竣工する予定でしたが、【加古】が建造されているドックのクレーンが故障してしまい工期が大幅に遅れ、結果的に【古鷹】が先に誕生、ネームシップとなりました。

設計は実験の要素が色濃かった【夕張】のノウハウをたっぷりつぎ込み、8,000tの小さな船体に20cm単装砲を6基搭載することになります。
当時「オマハ級」15.2cm砲6基、イギリスの「ホーキンス級巡洋艦」19.1cm砲を7門装備していました。
また船体はこれまでの巡洋艦とは違って細長く、艦橋にも初めての塔型艦橋を採用。
【古鷹】は今までの世界の巡洋艦から逸脱した存在となりました。

またも世界は震撼します。
これだけの火力で、これだけの排水量しかなく、そして航行にも全く支障がない。
かつて【長門・陸奥】を生み出した日本が、再び世界最高峰の軍艦を作り上げたのです。
「ワシントン海軍軍縮条約」では巡洋艦以下の保有制限がかけられていないため、「青葉型巡洋艦」「妙高型巡洋艦」と次々に日本は高火力巡洋艦の建造を行いました。

これに危機感を覚えた米英は、「ロンドン海軍軍縮会議」において巡洋艦の定義変更に踏み切ります。
ここで初めて『重巡洋艦』の誕生です。
そもそもこれまでは同じく『軽巡洋艦』という定義も存在しておりませんでした。
しかしこのままでは際限なく巡洋艦の大型化が進むことになるため、6.1インチ~8インチ以下の艦砲を装備した10,000t以下の船は『重巡洋艦』に分類されることになりました。
これによって【古鷹】は栄えある日本の重巡洋艦第一号として誕生しました。

死力を尽くして僚艦を守った、重巡ネームシップの意地


「ロンドン海軍軍縮条約」によって重巡に分類された【古鷹】は、艦砲の上限が上がったので更に強力な重巡にするために改装を行います。
数少ない欠点であった単装砲、しかも人力装填(当時、小さな船体を維持するための苦渋の選択でした)という長期戦になれば圧倒的不利になる状況から解放するため、主砲を20.3cm連装砲3基へ換装。
魚雷も61cm四連装魚雷発射管へ変更し、多少大きくなって速度が落ちますが、これで【古鷹】の改装は終了します。

「珊瑚海海戦」では思うような成果をあげれず、【祥鳳】の護衛に失敗してしまいますが、続く「第一次ソロモン海戦」では【青葉】とともに、連合軍部隊を完膚なきまでにぶん殴っています。
敵重巡4隻撃沈、『重巡洋艦』をこの世に生み出した【古鷹】の本領発揮でした。
【古鷹】は敵味方含めて最古参の重巡でしたが、一歩も引かずに奮戦しました。
しかし帰路につく艦隊を魚雷が襲い、妹の【加古】が残念ながら沈んでいます。

1942年10月11日夜、【古鷹】【青葉】らとともにガダルカナル島へ出撃していました。
そこにある艦影が見えてきましたが、旗艦【青葉】はそれを輸送任務中の【日進・千歳】だと思って発光信号を話します。
しかしこれが敵影であったため、唐突に始まったのが「サボ島沖海戦」でした。
光源の【青葉】は瞬く間に集中砲火を浴び、【古鷹】【青葉】を守るために探照灯を照らして【青葉】の前に強引に割り込みます。

満身創痍ながらも【青葉】は命からがら逃げ抜きますが、そこに残ったのは【古鷹】ただ1隻。
すべての砲弾が【古鷹】を襲い、あっという間に【古鷹】は炎に包まれます。
しかし【古鷹】は全く攻撃の手を緩めず、逆にその火だるまの状態で敵艦隊に突っ込みました。
30発以上の砲撃を繰り出し、【米ブルックリン級軽巡 ボイシ】には4発を撃ち込んで撃沈寸前まで追い込みます。
しかし奮戦ここまで、【古鷹】は90発もの爆撃を受けて沈没しました。

【古鷹】以降は日本もアメリカも重巡洋艦の建造に力を注ぎましたが、それが正解であったことは紛れもなく【古鷹】が証明したのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

古鷹型重巡洋艦 加古⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system