旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 鳥海

重巡洋艦 鳥海【高雄型重巡洋艦 四番艦】
Heavy Cruiser  CHOKAI 【TAKAO-class Heavy Cruiser  4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1928年3月26日 1931年4月5日 1932年6月30日 1944年10月25日 三菱長崎造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
9,850t 203.76m 19.00m 35.5ノット 130,000馬力







最新型で旧型装備 書類上、海軍最後の重巡 鳥海


【鳥海】は客船を多く建造していた三菱長崎造船所で建造されたため、姉3隻と比べて内装が豪勢だったと言われています。
【愛宕】ともども旗艦を務めることが多かった理由は、このあたりがあるのかもしれません。
また、二度の御召艦の先導艦として観艦式に出席しています。

しかし一方で、【鳥海】は姉のように改装を受けることなく、小規模の改装は行ったものの、その生涯を終えるまでほぼ新造時の装備で戦い抜きました。
【摩耶】は大破からの修復だったためついでに改装となりましたが、【鳥海】は沈むまで大規模修理をする被害を受けたことがなく、そのような機会もありませんでした。

【鳥海】は帝国海軍最後の重巡洋艦でした。
以後の「最上型」「利根型」はともに実質的には重巡洋艦なのですが、もともと軽巡洋艦だった両型は、装備を重巡並に換装します。
しかし書類上の変更がなされなかったため、【鳥海】以後の重巡洋艦は誕生していないことになっています。
ただ、書類上以外は全て重巡洋艦のそれに当てはまるため、一般的には両型も重巡洋艦として扱われることが多いです。

【鳥海】はマレー半島の侵攻や通商破壊作戦に従事した後、第八艦隊の旗艦としてガダルカナル島奪還作戦に乗り出します。
「第一次ソロモン海戦」の勃発です。
この戦いに出撃した艦は、いわゆる旧型艦が多く(【古鷹・天龍】など)、作戦の内容としては「とにかく一気に殴ってとっとと帰る」という、単純明快なものでした。
長期戦になると、性能の差で敗北する可能性が上がるためです。

その中で【鳥海】は旗艦を務めます。
1回目のたった6分の戦いでは【夕張】が被弾するも軽微、本番は2回目の夜戦です。
【鳥海】から発艦した偵察機が敵艦隊付近に照明弾を投下、【鳥海】はその後探照灯で敵艦隊を浮き彫りにし、全艦が一気に突撃します。
探照灯は同時に自らの場所を敵に知らしめる結果となりますが、そのリスクを背負うのもまた戦闘です。
実際先頭にいた【鳥海】は、無数の被弾がありました。

しかし、こちらで姿を晒しているのは【鳥海】のみ、一方敵艦隊の大半は視認することができました。
ここから日本の怒涛の総攻撃が始まり、第八艦隊は敵重巡を4隻沈めることに成功しますが、弾薬の消耗も激しく、第八艦隊は追撃せずに撤退することにします。

細かい話になりますが、この「第一次ソロモン海戦」最大の目的は輸送船団の壊滅にありました。
ところが、連合軍艦隊の撃滅に相当量の弾薬を消耗したこと、また旧型艦が多く、長期戦に不安があったこと、翌日もし空襲に見舞われれば非常に苦しくなることなどから、作戦は実質的には成功していません。
勝利したものの失敗に終わった、評価の分かれる海戦でした。

「第三次ソロモン海戦」後、ガダルカナル島から撤退する際に【鳥海】は米航空機からの爆撃を受け、横須賀に帰投後、修理を行いました。
その際、新たに機銃と電探を増設されています。

「レイテ沖海戦」では4姉妹が揃って出撃しますが、この戦いは帝国海軍のみならず、「高雄型」にとっても悲惨な戦いでした。
もともと勝算の低い戦いでしたが、特に脅威に感じていた潜水艦の魚雷に姉たちが次々に餌食となり、【愛宕・摩耶】は沈没、【高雄】もギリギリ航行できるものの、とても戦闘に参加できる状態ではなく撤退。
唯一被害のなかった【鳥海】が、戦場に残ることになりました。

翌々日の10月25日、【鳥海】【米護衛空母 ホワイト・プレーンズ】の「砲撃」を受け、魚雷に誘爆します。
その影響で機関と舵がとれなくなり、【鳥海】は航行不能となってしまいます。
その後の爆撃によって大火災が発生し、乗員は総員退去、【藤波】によって救助された後、【鳥海】は雷撃処分されました。
しかしその【藤波】も同日中に空襲によって沈没、【鳥海】の乗員は【藤波】とともに全員死亡してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐高雄型重巡洋艦 摩耶 最上型重巡洋艦 最上⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system