旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


重巡 筑摩

重巡洋艦 筑摩【利根型重巡洋艦 ニ番艦】
Heavy Cruiser  CHIKUMA 【TONE-class Heavy Cruiser  2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1935年10月1日 1938年3月19日 1939年5月20日 1944年10月25日 三菱長崎造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
8,500t 201.60m 18.50m 35.0ノット 152,000馬力







書類上、最後の重巡洋艦 いつでも姉と一緒 筑摩


「最上型」の5番艦として建造予定だった【利根】が、「利根型」として独立した上で建造されるにあたって、新たに「利根型重巡洋艦」の建造が計画されました。
【筑摩】はその2番艦となります。
その後、「改鈴谷型重巡洋艦」とも言える「伊吹型重巡洋艦」の1番艦【伊吹】の建造が始まるのですが、戦況の変化により【伊吹】は空母へ改装されることになり(しかし空母にも改装されず建造途中で解体)、【筑摩】は帝国海軍最後の重巡洋艦となりました。
書類上の分類では【高雄型重巡洋艦 鳥海】が最後ですが、【筑摩】【利根】同様、書類上以外の全ては重巡そのものでした。

【筑摩】も姉と同じように、主砲を前部へ集中させ、後ろからは水上偵察機を発艦させる「航空巡洋艦」のスタイルを持ち、この2隻は参加したほぼすべての作戦を一緒に遂行しています(詳しくは【利根】をご覧ください)。

「ミッドウェー海戦」では、【利根】カタパルトの不調によって発艦が30分ほど遅れます。
【筑摩】から発艦された1号機は海上を飛行し、眼下の様子をうかがいますが、どうやら敵艦らしきものは見当たらず、そのまま帰還します。

しかし実は、敵機動部隊は存在していました。
たまたま敵機動部隊の上には厚い雲があり、1号機はその雲に阻まれて敵機動部隊を視認できなかったのです。
当時は発艦の遅さとこの1号機が米軍を発見できなかったことが、ミッドウェー海戦敗戦の大きな要因とされていました。

その後の「南太平洋海戦」では、【筑摩】は沈没寸前まで追い詰められます。
【米空母 エンタープライズ】から発艦した航空機の爆撃が次々と【筑摩】に命中し、艦橋の両舷に被弾、さらに至近弾により右舷缶室が浸水します。
誘爆を恐れて魚雷を投棄しますが、この判断は【筑摩】の寿命をのばすことに成功します。
わずか3分後、その魚雷発射管に爆弾が直撃しました。
魚雷が残っていれば、沈没は免れなかったでしょう。
それでも至るところで火柱が立ち、【筑摩】は戦線から離脱しました。
トラック泊地で応急処置を行ったあと、【筑摩】は無事呉の地で修理を受けて戦線復帰を果たします。

【筑摩】「マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦」という困難な海戦でも生き抜きますが、その翌々日の「サマール沖海戦」で、ついに【筑摩】は最期を迎えます。
【金剛・羽黒】とともに【米護衛空母 ガンビア・ベイ】に攻撃をしかけた【筑摩】は、最も近くまで接近して撃沈寸前まで追い詰めます。
しかし追撃中、反撃に出た米航空機の魚雷が艦尾に直撃し、火災が発生、速力も低下し、戦隊から一時落伍してしまいます。

応急処置によって18ノットまでの速力を回復したのですが、この最大船速の半分ほどの速力は、【筑摩】を大きく苦しめます。
再び米航空機の空襲にあった【筑摩】は、演習弾すら使用して応戦しますが、複数の爆撃や魚雷によって左舷へ大きく傾きはじめます。
総員退艦命令が出され、乗員は【野分】に移乗した後、【野分】の雷撃によって【筑摩】は沈んでいくことになりました。

しかしその【野分】も、同日夜に米軍の追撃によって撃沈。
結局【筑摩】の乗員で助かったのは、【野分】に唯一救助されず、3日間海を漂流し続けた1人の士官だけでした(航空機搭乗者を除く)。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐利根型重巡洋艦 利根




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system