旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


戦艦 山城

戦艦 山城【扶桑型戦艦 ニ番艦】
Battleship YAMASHIRO 【Fuso-class Battleship 2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1913年11月20日 1915年11月3日 1917年3月31日 1944年10月25日 横須賀海軍工廠
基準排水量 全 長  幅 速 度 馬 力
① 29,326t
② 34,500t
① 205.13m
② 212.75m
① 28.65m
② 30.06m
① 22.5ノット
② 24.5ノット
① 40,000馬力
② 75,000馬力
①1917年竣工時  ②1935年(改装完了後)

生まれる前から欠陥品 不幸戦艦の汚名返上できず


「扶桑型戦艦」一番艦【扶桑】が竣工した時、【山城】はようやく進水したところでした。
しかし欠陥だらけの【扶桑】に浴びせられた罵詈雑言は、やがて建造途中の【山城】にも向けられることになります。
同じ設計図で建造されているのですから当然でしょう、「欠陥戦艦が二隻もあってどうするつもりだ」という心境になるのも無理はありません。

現場にもその声は届いていたため、急遽建造の練り直しが行われました。
【扶桑】で見られた爆風問題や、測距儀の設置箇所、さらに高角砲の装備等々、できる限りのところで改良が加えられました。
おかげで【山城】【扶桑】は、姉妹艦なのに細部ではかなり違いの多い戦艦となっています。
しかし、姉譲りの巨大な艦橋は【山城】でも健在でした。

改良が入ったとはいえ、【扶桑】でも問題となった防御力の弱さはいかんともしがたいものがあり、姉と同じく、出撃の機会はほとんどありませんでした。
使い回すなら「金剛型」が、本気でいくなら「長門型」が存在し、同じく出番のなかった「伊勢型」よりも劣る「扶桑型」は、もっとも出番が遅い戦艦でした。

【扶桑】演習標的艦として時を過ごす一方、【山城】砲術練習艦として平時を過ごすこととなりました。
本来ならともに旧式艦が担う役割でしたが、上記のような理由により、本当に仕事がなかったのです。

しかし他の練習艦はまさに旧式艦で、【山城】は腐っても現代の戦艦であることを訓練兵は痛感していたようです。
ひときわ異彩を放つ大きさ、そしてそれに相応しく整備の行き届いた船内。
その訓練は非常に過酷で、『鬼の山城・蛇の長門』と畏怖されていたとか。

【扶桑】はトラック泊地で待機したり、「渾作戦」参加など、多少の動きがありましたが、【山城】「ミッドウェー海戦」後はずっと練習艦でした。

そんな【山城】ですが、最期も【扶桑】とともに「レイテ沖海戦」へ挑み、そしてともに力尽きています。

【山城】西村艦隊の旗艦として同海戦に挑みますが、【扶桑】が魚雷を受けて落伍した後、すぐに【山城】にも惨劇が訪れます。
米軍の駆逐艦が発射した魚雷が【山城】に次々と命中。
しかし艦長の西村祥治中将は各艦に「我魚雷を受く。各艦は我に省みず前進し、敵を攻撃すべし」と下令。
もはや生き残るための戦いではないことを確信していた彼は、攻撃の限りを尽くすことを僚艦に通達したのです。
まるで消えゆく命のあらん限りの力を振り絞るかのように、燃え盛る炎をまとった【山城】でしたが、主砲が一門二門と使用不能となり、さらに集中砲火、最後には4本目の魚雷を受けてついに【山城】は大きく傾きはじめました。
そしてたった3分後に、【山城】は横転転覆、そのまま深い海へと沈んでいきました。
【山城】の砲塔は、その身が海中に沈むまで火を吹き続けました。

西村艦隊【時雨】を除き全滅。
「扶桑型」姉妹は、あまりにも非業な最期を遂げました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐扶桑型戦艦 扶桑 伊勢型戦艦 伊勢⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system