旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


戦艦 霧島

戦艦 霧島【金剛型戦艦 四番艦】
Battleship  KIRISHIMA 【KONGO-class Battleship 4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
第三次ソロモン海戦
建 造
1912年3月17日 1913年12月1日 1915年4月19日 1942年11月15日 三菱長崎造船所
基準排水量 水線  幅 速 度 馬 力
① 26,330t
② 29,330t
③ 32,156t
① 212.00m

③ 222.05m
① 28.04m
② 31.02m
③ 31.01m
① 27.5ノット
② 26.3ノット
③ 29.8ノット
① 64,000馬力
② 64,000馬力
③ 136,000馬力
※①1915年竣工時  ②1930年(第一次改装完了後)  ③1936年(第二次改装完了後)

戦艦同士の大乱戦 ロマンあふれる霧島の最期


初の超弩級戦艦【金剛】、初の国産超弩級戦艦【比叡】、そしてこの【霧島】は、三番艦【榛名】とともに、初の民間造船所建造の戦艦となりました。
そして【榛名】と同じ日に竣工日を迎えるなど、まさに双子として誕生した【霧島】は、実は長女たる【金剛】との類似性のほうが高いのです。

二番艦【比叡】は、改装が最も遅かった上、「大和型戦艦」のテストベッドとなったため、艦橋の形状、補機類の変更、統制射撃の内容など、他の三隻とは大きく異なります。
三番艦【榛名】【比叡】とは逆で、最も早く改装が行われたため、こちらもまた実験要素が含まれた改装となっています。
【榛名】【霧島】の類似点としては、砲塔の側面に曲面があるところ。
【金剛】【比叡】は平面で構成されています。

しかし、【金剛】【霧島】の違いはまさにこの砲塔の曲目or平面のみと言ってもいいぐらいで、遠目から見ただけでは、全く区別がつきません。
ともに行動することはほぼなかった長女と末っ子ですが、もし同伴することがあれば、敵国はおろか、帝国海軍側も混乱したかもしれません。

さて、第一次・第二次改装後の速度の関係上、次女【比叡】と行動をすることがメインとなった【霧島】ですが、やはり高速性を活かし、空母機動部隊の護衛艦として、太平洋戦争緒戦の海戦に多く参加しています。
【金剛】の項でも述べていますが、そもそも「金剛型」は主力戦艦としての役割を持っていません。
しかしこの【霧島】は、「金剛型」も戦艦であることを訴えるかのような戦いぶりの結果、【比叡】と共にソロモンの海に沈んでいきました。
そして日本の戦艦で唯一、敵戦艦と真っ向から戦ったのです。

「真珠湾攻撃、セイロン沖海戦、ミッドウェー海戦」など、緒戦の大きな海戦に立て続けに参加した【霧島】は、8月からの「ガダルカナル島の戦い」にも当然参加します。
「南太平洋海戦、第二次ソロモン海戦」をへて、そして【霧島】が他の戦艦にはない勲章を手にした「第三次ソロモン海戦」に突入します。

「第三次ソロモン海戦」、太平洋戦争屈指の大乱戦となった海戦での出来事です。

第一夜では、【米アトランタ級軽巡 アトランタ】【比叡】が、【米ニューオーリンズ級重巡 サンフランシスコ】【霧島】が撃破しています(【アトランタ】は沈没、【サンフランシスコ】は大破)。
しかし【比叡】は同時に多数の砲撃を受けた結果、沈没。
【霧島】【比叡】の仇を討つべく、敵の主力艦隊の殲滅へと向かいました。

通常、戦艦は長距離射程を最大の武器とし、敵射程外から敵を狙い撃つのが正攻法です。
敵に攻撃されずに敵を討つ、至極合理的な方法だったと思います。
しかしこの海戦では、夜戦ということもあってか、当初まったく想定していない近距離射撃での決戦となったのです。

海戦第二夜、【霧島】と対峙したのは、【米ノースカロライナ級戦艦 ワシントン】及び【米サウスダコタ級戦艦 サウスダコタ】
ともに【大和】と同時期に建造(1941年及び1942年)の最新鋭戦艦で、さらに【霧島】の主砲35.6cm連装砲を上回る40.6cm三連装砲を搭載していました。
一方の【霧島】の艦齢は27年、あらゆる面で不利でした。

しかし、【霧島】【高雄・愛宕】とともに、この二大戦艦に挑みます。
特に【サウスダコタ】に対しては、探照灯を投射して3隻でタコ殴りにしています。
【綾波】が砲撃した影響でレーダーにも不調があったとされる【サウスダコタ】は、一気に戦闘能力を失い、戦場から撤退します(機器不調をもたらしたのは【高雄・愛宕】の砲撃によるものという説もあります)。
この時、【ワシントン】は戦闘を行っている戦艦2隻のどちらが【サウスダコタ】なのかの判別がつかず、同士討ちを避ける必要があり、砲撃を控える他ありませんでした。

ところが、【サウスダコタ】の撤退によって、洋上に残る戦艦が【霧島】であると確証を持った【ワシントン】が反撃に出ます。
照明弾を打ち上げて【霧島】の姿を確認した【ワシントン】は、性能の高いレーダーを駆使し、40.6cm三連装砲から9発の砲弾を立て続けに撃ち込みます。
正確無比な砲撃によって【霧島】は瞬く間に被弾、甚大な被害を受けてしまいました。
すぐに反撃するも、【ワシントン】は追撃に出ることなく撤退したため、ここで第二夜の海戦は終わります。

一度鎮火したものの再び炎上、もはや回復・曳航は不可能となり、総員退艦命令が下ります。
そして1942年11月15日、姉の【比叡】が沈んだ翌日に、【霧島】も沈没することとなったのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐金剛型戦艦 榛名 扶桑型戦艦 扶桑⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system