旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


戦艦 日向

戦艦 日向【伊勢型戦艦 ニ番艦】
Battleship  HYUGA 【ISE-class Battleship 2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(解体) 建 造
1915年5月6日 1917年1月27日 1918年4月30日 1946年7月2日 三 菱 造 船 所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 29,990t
② 35,800t
③ 35,350t
① 208.18m
② 216.00m

① 28.65m
② 33.83m

① 23.0ノット
② 25.3ノット
③ 25.1ノット
① 45,000馬力
② 80,000馬力

※①1917年竣工時  ②1937年第一次改装完了時  ③1944年第二次改装完了時

戦艦随一の豪運の持ち主 日向


【日向】【伊勢】と同じく、本来「扶桑型」として建造される予定だったものが「伊勢型」として計画し直されたものです。
【日向】は、【伊勢】は経験していない連合艦隊旗艦という大役を任されています。
連合艦隊旗艦を退いたあとも、戦隊旗艦を務めるなど、実は姉よりも出世しています。
これだけでも運の強さがわかりますが、【日向】の凄さはそこだけではありません。

【日向】は、 砲塔爆発を2回、弾薬庫火災を1回経験しています。
すべて戦闘による損傷ではなく、演習等での事故です。
火薬庫の爆発事故によって沈んだ【河内型戦艦 河内】、またこの後に砲塔爆発によって沈む【戦艦 陸奥】がいることを考えると、これらの事故から生還しているだけでもものすごい強運であることがわかります(当然ながら、死傷者は多数出ています)。

さらに5番砲塔の爆発事故は、【日向】「航空戦艦」へと変貌させるきっかけにもなり、結果的に【日向】を延命させることにもつながっています。

(以降の経緯・戦歴は【伊勢】とほぼ変わらないので、【戦艦 伊勢】をご覧ください。)


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐伊勢型戦艦 伊勢 長門型戦艦 長門⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system