旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 夕雲

駆逐艦 夕雲【夕雲型駆逐艦 一番艦】
Destroyer  YUGUMO 【YUGUMO-class Destroyer 1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
第二次ベララベラ海戦
建 造
1940年6月12日 1941年3月16日 1941年12月5日 1943年10月6日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
2,077t 119.0m 10.8m 35.5ノット 52,000馬力







陽炎型を微改良 艦隊型駆逐艦の最高峰 夕雲型


「朝潮型」から「陽炎型」へと歴史は進みましたが、「陽炎型」でもやはり帝国海軍が目指す駆逐艦の有り様には至っていませんでした。
「陽炎型」で大きく犠牲となったのはその最高速度です。
大きく、そして重武装になるに連れて日本の駆逐艦の速度は落ちる一方で、「陽炎型」では36ノットを目指したものの航続距離を優先した結果35ノットで妥協。
またしても新しい駆逐艦を設計することになりました。

防空駆逐艦と言われる「乙型駆逐艦・秋月型」、のちに【島風】となる、帝国海軍最強駆逐艦である「丙型駆逐艦」とともに、「甲型駆逐艦」の第二弾である「夕雲型」の設計が始まります。
「夕雲型」に求められたものは、「陽炎型」に速力を上積みしたものであり、要求内容はそれほど壮大ではありません。
速力を上げるために船体が80cmほど延長され、またのちに「陽炎型」で発覚したスクリュー形状の問題も設計段階で修正。
実は「夕雲型」最大の目的はこれだけで達成されています。

細かいところの変更点もあります。
まず砲塔は12.7cm連装砲D型に改良。
かつてB型で仰角が75度に至ったものの、その運用能力が非常に悪かったためにC型では55度にまで落とされています。
しかしD型B型当時では想定されていなかったほどの航空機の脅威に対抗すべく、再び仰角を75度に変更。
2式距離苗頭盤を装備し、測距儀も高角砲のものへと変更されました。
ところがD型はほとんどB型の復刻と言ってもよく、特に年月を経て改善されたものではありませんでした。
やはり高角砲としての運用能力は低く、米駆逐艦の標準装備となっていた両用砲には大きく溝を空けられてしまいます。

他には「朝潮型」で採用された電源の交流化、質の悪い石油でも運用に支障が出ないように、重油タンクの加熱装置を併設するなど、資源の乏しい日本の事情に配慮した対策がなされています。

また、【秋雲】「陽炎型」であると決定づけられた理由の1つである艦橋の形状の変化もあります。
艦橋は末広がり型になり、艦橋の大型化を避けたいものの中は広くしたい、という思惑を実現する手段でした。

このように、「陽炎型」をベースに部分修正をされたと言ってもいい「夕雲型」は、「マル4計画」で11隻、そして不足を補う「マル急計画」で16隻、合計27隻の建造が計画されました。
「マル急計画」は1941年の計画で、いよいよ開戦間近になり、現状戦力では明らかに運用に支障が出るとされて急遽計画されたものです。
時代の変化がいかに急激だったかは、同時に建造された「秋月型」に雷装や速度に対する要求が全くなかった点からも伺えます(最終的には雷装も追加されています)。

しかしこの「マル急計画」の16隻は半数の8隻しか竣工に至らず、戦争が始まると必要なのは「甲型駆逐艦」ではなく「乙型駆逐艦」、そして「丁型駆逐艦」である現実を日本は突きつけられます。
さらに「夕雲型」は量産に不向きであり、全数の完成を待てる余裕はありませんでした。
それでも日本が求め続けた水雷戦隊の中枢を担う「甲型駆逐艦」です、期待された彼女たちは最前線で血みどろの戦いに身を投じていくことになります。

死なばもろとも 南方海域で戦いづくしの夕雲


【夕雲】は太平洋戦争開戦時、「夕雲型」で唯一竣工していた駆逐艦です。
残り18隻はすべて開戦後に竣工しています。
その【夕雲】は後に続く「夕雲型」が存在しなかったため、最初はどこの駆逐隊にも所属していませんでした。
「陽炎型」が各地で暴れまわる中、【夕雲】は日本近海で対潜哨戒活動を続ける日々でした。

やがて3月14日に【巻雲】が竣工、即日第十駆逐隊が編成されました。
続く28日には【風雲】が編入、さらに4月15日には「陽炎型」で唯一所属駆逐隊のなかった【秋雲】が第十駆逐隊に編入され、ここでようやく第十駆逐隊は定数の4隻を確保することができました。
【秋雲】が編入される直前に第十駆逐隊は第十戦隊所属となり、そして6月、「ミッドウェー海戦」に突入します。
竣工から半年以上の月日が経っていました。

ところが「ミッドウェー海戦」はご自慢の機動部隊の壊滅という最悪の幕切れとなり、【夕雲】【飛龍】の護衛、そして乗員の救助に努めました。
次に日本を待ち構えていたのは半年に渡る「ガダルカナル島の戦い」です。
「陽炎型」が戦場と輸送に明け暮れる一方で、【夕雲】が輸送任務に就いたのは数少なく、代わりに数々の戦いに参加しています。
「第二次ソロモン海戦」では【翔鶴・瑞鶴】の直衛に就き、「南太平洋海戦」では今度は前線に立って戦闘に挑んでいます。
さらに「第三次ソロモン海戦」で第七戦隊の護衛、「ポートモレスビー作戦」「ブナ・ゴナの戦い」で兵員輸送の支援、「ウェワク攻略作戦」に参加と、必死に走り回りました。

しかし【夕雲】の奮戦も虚しく翌年には「ガダルカナル島の戦い」に敗北、日本は撤退を開始します。
この三度に渡る「ガダルカナル島撤退作戦」全てに参加した【夕雲】でしたが、第一次撤退作戦では【巻雲】が触雷して航行不能、【夕雲】の魚雷によって雷撃処分されています。
この時から戦に明け暮れた【夕雲】は一転して輸送に汗を流すことになります。
撤退後、コロンバンガラ、ツルブへの輸送があり、さらに7月には「キスカ島撤退作戦」にも参加。
多くの人員を運び続けました。

9月に入ると、かつて兵士たちを送り届けたコロンバンガラ島からの撤退が始まり、やはり【夕雲】もその撤退作戦に参加。
2回の撤退作戦も無事完遂した【夕雲】は、引き続きベララベラ島からの撤退にも参加します。
夜襲部隊に加わっていた【夕雲】でしたが、そこに米駆逐艦3隻が襲い掛かってきました。
ここで「第二次ベララベラ海戦」が起こります。

先制攻撃を受けた日本でしたが、その中で【夕雲】は先んじて反撃を開始。
砲撃並びに魚雷発射と一気呵成に攻める【夕雲】でしたが、夜は光があるところに攻撃が集中します。
砲撃による炎から【夕雲】は米駆逐隊の標的となってしまい、ここから集中砲火を浴びてしまいます。
しかし【夕雲】が放った魚雷が見事【米駆逐隊 シャヴァリア】に命中、さらに後続にいた【オバノン】が突然速度が落ちた【シャヴァリア】に追突し、戦闘不能となってしまいます。
残る駆逐艦は【セルフリッジ】1隻なのですが、その【セルフリッジ】からの砲撃は止むことがなく、最後には炎上していた【夕雲】にとどめの魚雷が直撃。
【夕雲】は僚艦3隻の攻撃も一手に引き受け、ベララベラ島沖に沈んでいきました。

【シャヴァリア】はのちに沈没(雷撃処分)、【オバノン・セルフリッジ】も大きな損傷を負って退却、一方日本は【夕雲】こそ失ったものの他の被害はなく、無事撤退作戦も完了しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐陽炎型駆逐艦 秋雲 夕雲型駆逐艦 巻雲⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system