旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 夕立

駆逐艦 夕立【白露型駆逐艦 四番艦】
Destroyer  YUDACHI 【SHIRATSUYU-class Destroyer 4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
第三次ソロモン海戦
建 造
1934年10月16日 1936年6月21日 1937年1月7日 1942年11月13日 佐世保海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,685t 111.0m 9.9m 34.0ノット 42,000馬力







「ソロモンの悪夢」 海戦史でも際立つ夕立の戦い


1つの海戦での功労度では【雪風・時雨】を遥かに凌ぐ【夕立】です。

【夕立】【村雨・春雨・五月雨】とともに第ニ駆逐隊を編成し、第四水雷戦隊に所属。
太平洋戦争開戦当初から南方での作戦に従事しています。
「ビガン攻略作戦、バリクパパン攻略作戦、スラバヤ沖海戦」と立て続けに戦線を広げる戦いに参加し、連合軍を追いやっていきました。
1942年5月には吉川潔中佐が艦長となり、続く6月の「ミッドウェー海戦」には攻撃部隊として参加します。

「ミッドウェー海戦」後はインド洋で通商破壊を行うことになるのですが、やがて「ガダルカナル島の戦い」が勃発、【夕立】たち第ニ駆逐隊は再び最前線に投入されることになります。
8月、トラック泊地に到着した【夕立】は早速鼠輸送を行うことになり、またヘンダーソン飛行場の砲撃も行うなど、成果はともかく様々な活躍を続けました。

10月、四水戦旗艦の【由良】が空襲により大破、【夕立】は乗員を救助した後、彼女の介錯を務めることになります。
そして旗艦に【朝雲】を据えた四水戦は、終始大乱戦となった「第三次ソロモン海戦」へと突入します。

「第三次ソロモン海戦」はなかなか壊滅させることができないヘンダーソン飛行場を今度こそ潰すため、挺身攻撃隊を編成。
【比叡・霧島】を中心に、【夕立】もこの挺身攻撃隊に参加します。
しかし挺身攻撃隊は度重なるスコールに邪魔をされ、なかなかスムーズに進軍することができません。
そしてこの荒れた海の中で陣形も崩壊し、今米軍に責められれば圧倒的に不利になります。
そこへ単縦陣で隊列を組んでいた米艦隊が登場。
日本はたちまち窮地に追いやられてしまいます。

しかし米艦隊は自軍の陣形は保てていたものの、ぐちゃぐちゃになっている日本の艦隊の全貌が掴みきれていませんでした。
やがて先頭にいる【比叡・霧島】の護衛艦である【夕立・春雨】らしきものを確認し、砲撃準備に入ります。
が、その指揮が艦隊にうまく伝わっておらず、米軍には混乱が生じました。

それを狙ったわけではありませんが、【夕立・春雨】は米艦隊を発見、そして何を思ったか、遮二無二突撃していきます。
この時すでに【夕立】は7隻の艦影を確認していたと言われており、つまりは駆逐艦2隻で7隻以上の艦隊に挑んでいるのです。
実はこの特攻こそが最大の功績であると言われることもあります。
これによって指揮が統制されていなかった米艦隊は一気に大混乱。
突然突っ込んできた2隻の駆逐艦に面食らった米艦隊はその突進を避けようとし、たちまち陣形が壊れてしまいます。
一方日本側も突然護衛の駆逐艦が航路を変更して突っ込んでいき、さらにその先には米艦隊を確認。
日本側はもともと陣形が崩れていたので、こちらもまとまっての行動は不可能でした。

艦隊内をかき乱した【夕立・春雨】のおかげで、【米戦艦 サンフランシスコ】【米軽巡 アトランタ】を誤射してしまいます。
やがて【春雨】ともはぐれた【夕立】は(【春雨】は米艦隊の中を抜け出し、魚雷装填に入ってました)、後方から、米艦隊に照射砲撃を繰りだそうとしている【比叡】に気が取られているうちに魚雷発射準備を行います。
そして、とにかく徹底して撃ちまくることになるのです。

一方日本の艦隊は【五月雨】【比叡】を機銃で誤射。
もともと距離感がつかめていなかった上に夜戦ということもあり、立て直すにはかなりの時間がかかりました。

【夕立】はここから狂った様に暴れ回ります。
【比叡】から放たれた光は【夕立】に獲物の存在をしらしめ、【夕立】は主砲を震わせ、魚雷を片っ端から発射します。
さらに米艦隊の攻撃は【比叡】に集中しており、再び艦隊内を駆け巡る【夕立】を敵と認識する余裕がありませんでした。

【夕立】は再びこの艦隊から抜け出るまでただの一発も攻撃を浴びることはありませんでした。
近距離からの砲撃でしたので、主砲の威力は普段の比ではありません。
【米駆逐艦 アーロンワード・カッシン】が大破、さらに至近距離で魚雷を叩き込んで【米軽巡 アトランタ、駆逐艦 バートン】を立て続けに沈めます。
【米重巡 ポートランド、米軽巡 ジュノー】にも損害を与え、戦果は「軽巡・駆逐艦各1隻 撃沈、駆逐艦2隻 大破、重巡・軽巡 撃破(ポートランドは大破とも)」という、まさに桁外れ、身の丈に合わないずば抜けたものとなりました。

しかし艦隊から抜け出すと、米艦隊の攻撃は途端に【夕立】に集中します。
どれだけ大戦果をあげようとも、体躯は小さな駆逐艦です、集中砲火に耐えきれるわけもなく、【夕立】はたちまち大炎上します。
この中には日本からの誤射も相当含まれていると思われ、戦訓には識別強化を訴えるものがあります。
ただ、この海戦においてはなかなか厳しいのではないかと思います。

米艦隊を叩き潰した【夕立】はその報復を受け、風穴が開くほどの被害が出て航行不能。
最後は帆を張ってでも動こうとしたようですが、【五月雨】の魚雷によって自沈処分されることになります。
しかし2発放たれた魚雷はともに【夕立】を避けてしまいました。
再発射も検討されましたが、米艦隊は壊滅したわけではありません、このまま居座ると【五月雨】にも被害が出ることが予想され、結局【五月雨】【夕立】を残してその場を去りました。
その時、救助された吉川艦長「もう一度戻って、【夕立】を処分してくれないだろうか」とお願いをしていたと言われています。

残念ながら【夕立】は砲撃を与えた【ポートランド】によってソロモン海に沈んでいくことになりました。

【夕立】のこの獅子奮迅の働きぶりは駆逐艦にも関わらず、戦闘詳報では個別項目を設けられるほどのものでした。

戦闘詳報には、
「夕立は緒戦において大胆沈着、能く大敵の側背に肉薄強襲し、夜戦部隊の真面目を発揮して大なる戦果を収むるとともに、全軍の戦局に至大の影響を与えてまず敵を大混乱に陥れ、かつ爾後もっとも勇敢に戦機を看破して混乱に陥れる敵中を縦横無尽に奮戦せるは、当夜の大勝の端緒を作為せるものといふべく、駆逐艦長以下乗員が数次の戦闘に錬磨せる精神力、術力を遺憾なく発揮せり。その功績は抜群なるものと認む。」
とあります。

しかしあまりにも敵味方に混乱をきたした戦いであったため、【夕立】は正確な戦果がどのようなものなのか、実は判明しておりません。
今まで記載した内容も、もしかしたら過剰かもしれませんし、ひょっとするとまだ不足しているかもしれません。

なお、「第三次ソロモン海戦」はその他多数の戦果と引き換えに多数の被害も受けています。
指折りの乱戦となった「第三次ソロモン海戦」の顔とも言える【夕立】ですが、しかし「第三次ソロモン海戦」は結局敗北し、日本は「ミッドウェー海戦」に続き大きな分岐点で憂き目を見ることになるのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐白露型駆逐艦 村雨 白露型駆逐艦 春雨⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system