旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 山雲

駆逐艦 山雲【朝潮型駆逐艦 六番艦】
Destroyer  YAMAGUMO 【ASASHIO-class Destroyer 6th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1936年11月4日 1937年7月24日 1938年1月15日 1944年10月25日 藤永田造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
2,000t 118.0m 10.39m 34.85ノット 50,000馬力







多くの苦境を目にし、そして沈んでいった山雲


【山雲】【朝雲・夏雲・峯雲】とともに第九駆逐隊を編成し、第四水雷戦隊に所属して太平洋戦争を迎えています。
開戦2日後の12月10日に早速「リンガエン湾上陸作戦」に参加しますが、その作戦中に【山雲】は機雷に触雷してしまいます。
リンガエン、香港を経て横須賀に到着した【山雲】は、9月末まで修理に入り、そして第九駆逐隊からも除籍されてしまいます。

10月8日、スクリューの脱落によって航行不能になった【萩風】を横須賀まで曳航することで復帰を果たした【山雲】は、第九駆逐隊とは別行動になりますが、警備駆逐隊として多くの輸送船の護衛を務めました。
しかし1943年2月には【兵員輸送船 龍田丸】を護衛中、深夜の大時化の中で米潜水艦の放った魚雷4本がすべて【龍田丸】に命中。
この時初めて敵艦の存在に気づいた【山雲】でしたが、その潜水艦の発見はおろか、乗員の救助すらままならないほどの荒れ模様で、1,500名もの人員が帰らぬ人となってしまいました。

9月、【山雲】は久々に戦線復帰し、【野分・舞風】の2隻となっていた第四駆逐隊に編入されました。
11月、【山雲】【若月】とともに【練習巡洋艦 鹿島】【潜水母艦 長鯨】を護衛しながら日本を目指していました。
その中で【山雲】【米潜水艦 スカルピン】の存在を確認し、撃沈のために猛烈な爆雷投下を行います。
見事爆雷は命中し、【スカルピン】は浮上を余儀なくされ、そこで【山雲】は砲撃によってとどめを刺しています。
【スカルピン】の乗員のうち約40名を【山雲・若月】が救助し、そのうちの21名が11月に【冲鷹】によってトラック泊地から日本へと輸送されました。
ところがその【冲鷹】【米潜水艦 セイルフィシュ】の雷撃によって沈没、【スカルピン】の乗員も1名しか生き残りませんでした。

12月には「戊号輸送作戦」が発令され、【山雲】【谷風】とともに【大和】の護衛をしながらトラック泊地へと向かいます。
到着直前に【大和】が潜水艦の魚雷を受けて小破しますが、さすが頑丈な大和は支障なくトラックまで航行しました。

明けて1944年1月、【山雲】は引き続き輸送作戦を継続し、カビエンで空襲にあった際も奮闘の末敵機5機の撃墜を記録しています。
しかし2月17日の「トラック島空襲」では多くの艦艇が傷つき、第四駆逐隊も【舞風】が沈没。
前々日に輸送船護衛でトラックを離れていた【山雲】と、この空襲を逃れた【野分】の2隻編成となってしまいます。

3月31日、【山雲】は久しぶりに「朝潮型」と再会します。
第二十四駆逐隊の解散によって【満潮】が新たに第四駆逐隊に編入されました。
以後、【山雲】は空母の護衛を多く行い、「マリアナ沖海戦」でも【飛鷹・隼鷹・龍鳳】の護衛についています。
しかしこの海戦では【飛鷹】が沈没し、さらに【大鳳・翔鶴】が沈むという大惨事でした。
そしてこの負の流れは【山雲】も巻き込んでいくことになります。

7月、新たに【朝雲】を加えた第四駆逐隊は、10月25日の「スリガオ海峡海戦」に出撃します。
この戦いでは【野分】のみが栗田艦隊に配属され、その代わりに【時雨】が4番目の駆逐艦として投入されました。
【扶桑・山城・最上】と4隻の駆逐艦からなる西村艦隊は、同日スリガオ海峡へと突入しました。
しかしその前で待ち構えていたのは、容赦なく配備された大型艦隊でした。

60隻超の魚雷艇、駆逐艦が魚雷を放ち、たちまち【扶桑】が被雷、そして航行不能。
【扶桑】はやがてその巨体を真っ二つにして沈んでいきました。
続いて【山城・最上】からも火災が発生し、【山城】は炎を身にまといながらなおも敵艦隊に突っ込みました。
駆逐艦にも続々と被害が発生します。
【満潮】が大破し、【朝雲】も艦首が吹き飛ばされ、航行が非常に困難な状態に陥ります。
唯一【時雨】だけがこの難関を突破するのですが、駆逐艦1隻で挽回できる戦況ではありません。
なにしろ敵艦隊にはさらに6隻の戦艦と多数の巡洋艦が控えているのです、【最上】とともに【山城】に追随しましたが、【山城】の最期が近づくと、この2隻も撤退を始めました。

そして【山雲】は、轟沈。
【満潮】に続き2番目に位置していた【山雲】はあっという間に沈んでしまいました。
西村艦隊【時雨】を除く全ての艦が沈み、そして栗田艦隊にいた【野分】【筑摩】の救援中に沈没。
第四駆逐隊はこの1日で全滅してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐朝潮型駆逐艦 朝雲 朝潮型駆逐艦 夏雲⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system