旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 涼風

駆逐艦 涼風【白露型駆逐艦 十番艦】
Destroyer  SUZUKAZE 【SHIRATSUYU-class Destroyer 10th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
ポナペ島北東
建 造
1935年7月9日 1937年3月11日 1937年8月31日 1944年1月25日 浦 賀 船 渠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,685t 111.0m 9.9m 34.0ノット 42,000馬力







傷多き戦士 潜水艦に嫌われた涼風


【涼風】「白露型」の十番艦ですが、実は「改白露型」【海風】から続いて合計14隻が建造されるという、もともとの「白露型」を上回る隻数になる予定でした。
ところがもう「ロンドン海軍軍縮条約」に縛られた中での建造では軍拡に大きな弊害が発生するということから、この条約からの脱退も示唆されており、結局「改白露型」【涼風】で打ち止め、後続は「朝潮型」として再設計され、そして「朝潮型」は設計段階で条約の制限からオーバーされていました。

【涼風】【海風・山風・江風】とともに第二十四駆逐隊を編成、第四水雷戦隊に所属して太平洋戦争に突入します。
が、開戦前の1941年2月、【涼風】【山風】と接触して損傷、多くの修理を受けることになる【涼風】の未来を暗示するような出来事でした。

1942年、蘭印部隊に所属した【涼風】「タカラン攻略作戦、バリクパパン攻略作戦」に参加するのですが、2月に【涼風】【米潜水艦 スカルピン】の雷撃を受けていきなり大破してしまいます。
【スカルピン】【満潮】によって追い払われましたが、【涼風】はこの損傷によって7月まで佐世保で修理されることになり、多くの「白露型」が参加した「ミッドウェー海戦」には間に合いませんでした。

8月からは「ガダルカナル島の戦い」に挑みますが、「第二次ソロモン海戦」で敗北の上、さらに空襲によって【睦月】沈没、【神通】大破と手痛い被害を負ってしまいます。
10月には鼠輸送にも参加し、さらに「ルンガ沖海戦、マダン上陸作戦」にも従事。
「マダン上陸作戦」では魚雷によって大破した【天龍】の曳航を試みますが失敗、結局乗員の救助を行うに留まり、【天龍】は沈没してしまいました。
【涼風】はこの際に【天龍】を襲った【米潜水艦 アルバコア】を撃退しようとしますが失敗。
このあとも【アルバコア】は様々な海域で日本に襲いかかってくることになります。

翌年の1943年は、【涼風】にとって大変な1年でした。
まず年明け早々の1月2日、輸送任務中に【涼風】は至近弾を受け、ラバウルで修理を行いました。
5月に復帰後、7月のコロンバンガラ島への輸送任務中に発生した「クラ湾夜戦」で、【涼風】【谷風】とともに【米軽巡 ヘレナ】を撃沈させますが自身も被弾してしまいます。
直後に発生した「コロンバンガラ島沖海戦」では【神通】と第二水雷戦隊司令部を喪失し、第二水雷戦隊は第四水雷戦隊がそのままスライドされる形で再編成されます。
もちろん【涼風】も二水戦所属となるのですが、彼女はそれよりもまず修理でした。

その修理の最中、僚艦である【江風】「ベラ湾海戦」で沈没、【山風】は1942年6月に沈没しており、第二十四駆逐隊は【海風・涼風】の2隻となってしまいます。
8月からはラバウル輸送を続け、10月には【満潮】が新たな仲間となり、第二十四駆逐隊は再び3隻で編成されました。

明けて1943年1月、3隻で活動を続けてきた第二十四駆逐隊ですが、輸送船護衛中に【涼風】【米潜水艦 スキップジャック】の雷撃を受けてしまい、沈没。
1週間後の2月1日にも【海風】が沈没し、第二十四駆逐隊は遅れて編入された【満潮】を残して全滅してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐白露型駆逐艦 江風 朝潮型駆逐艦 朝潮⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system