旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 白雲

駆逐艦 白雲【吹雪型駆逐艦 八番艦】
Destroyer  SHIRAKUMO 【FUBUKI-class Destroyer 8th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
愛冠岬近海
建 造
1926年10月27日 1927年12月27日 1928年7月28日 1944年3月16日 藤永田造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,680t 118.52m 10.36m 38.0ノット 50,000馬力







【白雲】
は建造時は「第四十二号駆逐艦」とされ、竣工からわずか4日後の1928年8月1日に【白雲】と改称されます。
【白雲】は第12駆逐隊に編入され、「支那事変(日中戦争)」では華南、北部仏印進駐作戦に従事しました。

太平洋戦争では南方へと進出し、「ジャワ攻略、バタビア沖海戦」などに参加。
1942年6月には「ミッドウェー海戦」にも護衛艦として参加しています。
7月には船団護衛中に空襲を受けてしまい中破、【天霧】に曳航されて急ぎショートランド泊地まで避難します。
【白雲】は応急処置を行った後、トラック泊地を経由して内地での修理を行っています。

修理後、【白雲】は今度は北方海域での任務を受けることになるのですが、1944年3月、護衛対象のいる得撫島(ウルップ島)へ向かって航行中に【米潜水艦 トートグ】の放った魚雷に襲われ、沈没してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐吹雪型駆逐艦 薄雲 吹雪型駆逐艦 磯波⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system