旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 汐風、金剛

駆逐艦 汐風【峯風型駆逐艦 八番艦】
Destroyer   SHIOKAZE【MINEKAZE-class Destroyer 8th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(除籍) 建 造
1920年5月15日 1920年10月22日 1921年7月29日 1945年10月5日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,215t 102.6m 8.92m 39.0ノット 38,500馬力






回天搭載も実用はゼロ 今は澤風と防波堤 汐風


【汐風】「支那事変(日中戦争)」では華南を中心に活動していました。
太平洋戦争では第四航空戦隊に所属し、【澤風】とともに海上へ不時着してしまった航空機のパイロットを助け出す「トンボ釣り」を行いました。

その後も護衛任務をこなし続けてきた【汐風】でしたが、戦局はどんどん悪化し、日本は遂に敵軍への特攻を敢行することになります。
その兵器を「回天」といい、言わば人間魚雷でした。
船へ戻る手段を持たず、その「回天」の中で「回天」を操縦し、敵艦艇へ突っ込んで行くこの特攻兵器を【汐風】は運搬することになります。
1944年末から「回天」を搭載できるように改装が始まり、兵装は1番砲塔だけとなってしまいました。

しかし、結局【汐風】はその人間魚雷を積んで航海に出ることはなく、呉で終戦を迎えることができました。

終戦後は復員船として各諸島へ出ていた兵士たちを国まで送り届けます。
その最後の役目を終えた【汐風】は、【澤風】とともに福島県小浜港で防波堤として今もその海底で眠ります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐峯風型駆逐艦 羽風 峯風型駆逐艦 秋風⇒



↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system