旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 朧

駆逐艦 朧【綾波型駆逐艦 七番艦】
Destroyer  OBORO 【AYANAMI-class Destroyer 7th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
キスカ島
建 造
1929年11月29日 1930年11月8日 1931年10月31日 1942年10月17日 佐世保海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,680t 118.52m 10.36m 38.0ノット 50,000馬力







第七駆逐隊から唯一はずれ、本来任される護衛任務も少なかった朧


【朧】から【潮】までの4隻は、これまでの「綾波型」よりも煙突の長さが短くなっています。

【朧】は竣工後、【曙・漣・潮】とともに第七駆逐隊を編成、一航戦の一員として護衛任務を任されることになりました。
1935年には多数の駆逐艦が被害にあった「第四艦隊事件」に巻き込まれ、【朧】は台風の影響によって煙突が一部屈曲する被害を受けています。

太平洋戦争が開戦すると、【朧】は第七駆逐隊から引きぬかれ、【秋雲】とともに【翔鶴・瑞鶴】の第五航空戦隊の護衛に回ることになりました。
そして最後まで【朧】は第七駆逐隊のメンバーと共に航行することはありませんでした。

【朧】は開戦当日の12月8日はグアム島上陸支援に向かい、そしてその後は日本近海や台湾間の護衛や哨戒活動を行いました。
やがて南方侵攻部隊にも加わり、今度は南方海域での輸送や護衛が主任務となっていきます。
5月には「珊瑚海海戦」がはじまり、そこには【翔鶴・瑞鶴】も参加。
【朧】も護衛のために随伴するかと思われましたが、なぜか【朧】は留守番となり、本来一航戦の護衛をする【漣・潮】がこの2隻の護衛について海戦に参加することになりました。

そうして本来の五航戦護衛任務をほぼこなすことのないまま、【朧】はキスカ島の輸送任務中に米軍の航空機の攻撃を被弾。
敵機2機の撃墜を記録しますが、輸送中の弾薬に引火してしまい【朧】は爆沈してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐綾波型駆逐艦 狭霧 綾波型駆逐艦 曙⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system