旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 子日

駆逐艦 子日【初春型駆逐艦 ニ番艦】
Destroyer  NENOHI 【HATSUHARU-class Destroyer 2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
ドッグ岬
建 造
1931年12月15日 1932年12月22日 1933年9月30日 1942年7月5日 浦 賀 船 渠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,400t

約1,700t
109.5m 10.0m 36.5ノット

33.27ノット
42,000馬力









海軍きっての難読艦 無線局を担う変わった経歴を持つ子日


【初春】とほぼ同時進行で建造が進められ、竣工日が同じである【子日】は、つまり【初春】と全く同じ経歴を持っています(詳しくは『求めすぎた結果、大損した初春型』から)。
ようやく改造を終えた【子日】は、駆逐艦では鈍足となる33ノットしか出せず、また主砲も「特型駆逐艦」より1門減少、排水量も増大するという目も当てられない艦となっていました。

太平洋戦争開戦前の1939年には、仏印監視団の無線局を担うという珍しい経験をしています。

太平洋戦争では「初春型」4隻で第二十一駆逐隊を編成、当初は日本近海の対潜哨戒を行いますが、間もなく南方部隊に加わることとなり、2月には「バリ島攻略」作戦に参加します。
しかし5月には今度は北方へ派遣され、「アッツ島の戦い」に参加、その後は対潜哨戒任務に従事します。

ところが7月、その対潜哨戒中に現れた【米潜水艦 トライトン】の魚雷が【子日】を直撃。
【子日】はたった7分で沈没してしまったと言われています。
終戦間際まで生き残った【初霜】がいる一方で、開戦半年少しに沈んだ【子日】もおり、「初春型」はここでも歴史に振り回されていました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐初春型駆逐艦 初春 初春型駆逐艦 若葉⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system