旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 楢

駆逐艦 楢【松型駆逐艦 十二番艦】
Destroyer  NARA【MATSU-class Destroyer 12th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(解体) 建 造
1944年6月10日 1944年10月12日 1944年11月26日 1948年7月 藤永田造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,262t 100.0m 9.35m 27.8ノット 19,000馬力






ツキに見放され、一度も外洋に出ることのなかった楢


【楢】は先代が「楢型駆逐艦」のネームシップであり、二等駆逐艦の小柄な体躯を活かして長江河口付近の警戒を任されていました。
先代の【楢】は、種別を変えながら20年以上働き続けましたが、二代目【楢】の歴史は残念ながら非常に短いです。

竣工時は「レイテ沖海戦」も終わり、帝国海軍は「多号作戦」に全力を注いでいましたが、その成果も日に日に悪くなっていました。
【楢】は二等駆逐艦として一刻も早くこの「多号作戦」に参加するべく、第十一水雷戦隊の下で訓練を重ねます。
しかし不運にも、訓練中に復水器に不具合が発生。
しばらくすると「多号作戦」も打ち切られ、【楢】は活躍の機会を失ってしまいます。

1945年3月1日、【楢】【欅】とともに第一海上護衛隊の指揮下に入ることになり、4日には初めての任務となる船団護衛が控えていました。
しかし戦況の悪化により、航路は非常に危険であると判断され、護衛対象であったヒ99船団は出港を中止、もちろん【楢】【欅】の出港も取り止めとなってしまいます。

15日には【櫻・椿・欅・柳・橘】とともに第五十三駆逐隊を編成しますが、敗色濃厚の帝国海軍の中では特に大きな任務はなく、佐世保と呉で海上護衛を行うだけの日々でした。

6月30日、関門海峡付近を航行中に【楢】は機雷に接触し、艦尾屈曲及び浸水、2番砲塔作動不能という大損害をおってしまいます。
航行不能になった【楢】は、そのままついに修理されることのないまま、じっと門司港で終戦の時を待ち続けることになります。
終戦後も損傷の激しい【楢】に出番はなく、各艦が復員船としてせわしなく働く中でも門司港に留まっており、1948年5月にようやく解体が行われ、ひっそりと3年の生涯を閉じました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐松型駆逐艦 榧 松型駆逐艦 櫻⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system