旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 波風

駆逐艦 波風【峯風型駆逐艦 十四番艦】
Destroyer  NAMIKAZE 【MINEKAZE-class Destroyer 14th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(解体) 建 造
1921年11月7日 1922年6月24日 1922年11月11日 1960年 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,215t 102.6m 8.92m 39.0ノット 38,500馬力






峯風型もう1隻の回天搭載艦 38年生き続けた波風


【波風】【野風・沼風・神風】とともに第一駆逐隊を編成し、千島・北海道の交通保護に従事します。
「支那事変(日中戦争)」では華北・華中の沿岸作戦に参加。
太平洋戦争では同じく北方で哨戒・護衛活動を行います。

1944年9月、択捉島南方で【米潜水艦 シール】の魚雷を受けて大破、なんとか一命を取り留めて、【神風】に曳航されて小樽で修理を行いました。
この際、【波風】はそのまま駆逐艦として復帰するのではなく、同時に回天搭載艦へと改装されました。
「峯風型」では【汐風】が同じく回天搭載艦としての改装が施されています。
「回天」については【汐風】の項を参照)

2月に改装は終了し、1番砲塔と機銃以外の兵装が取り払われてしまった【波風】ですが、終戦まで彼女は「回天」を積んで航海に出ることはありませんでした。
1945年6月からは、呉でB-29が投下した機雷監視を行い、そのまま終戦まで生き延びました。

終戦後、【波風】は特別輸送艦として復員輸送を行います。
1947年にはその任も解かれますが、【波風】はまだ退役することはありませんでした。
【波風】は賠償艦として中華民国に引き渡され、名前を『瀋陽』と改めます。
その後、13年の長きにわたって『瀋陽』は現役であり続けました。

1960年、『瀋陽』は遂に退役。
【波風】竣工から、実に38年後のことでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐峯風型駆逐艦 野風 峯風型駆逐艦 沼風⇒



↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system