旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 満潮

駆逐艦 満潮【朝潮型駆逐艦 三番艦】
Destroyer  MICHISHIO 【ASASHIO-class Destroyer 3rd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1935年11月5日 1937年3月15日 1937年10月31日 1944年10月25日 藤永田造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
2,000t 118.0m 10.39m 34.85ノット 50,000馬力







常に僚艦を失い続けた、非業の駆逐艦 満潮


【満潮】【朝潮・大潮・荒潮】とともに第八駆逐隊を編成し、第二水雷戦隊の下で太平洋戦争に挑みます。
開戦からは「マレー第一次上陸作戦、リンガエン湾上陸作戦」に参加し、1942年2月には「バリ島沖海戦」に突入しました。
【満潮】は当時【大潮】とともに第二小隊として輸送船を護衛しながらマカッサルへ向かっていました。
ところが第一小隊の【朝潮・大潮】がABDA連合艦隊と砲撃戦を始めたとの報を受け、【満潮・荒潮】は急ぎ僚艦の応援へ向かいます。
すでに数的不利を覆して優勢に立っていた【朝潮・大潮】を撃退しようと、ABDA連合艦隊も増援をよこしていました。

「バリ島沖海戦」は第四次合戦となり、第八駆逐隊は敵艦隊への砲撃を再開します。
しかし中破した【蘭軽巡 トロンプ】を仕留めようとした結果、逆に【満潮・荒潮】【米駆逐艦 スチュアート、ジョン・D・エドワーズ】との挟撃にあってしまいました。
これにより【満潮】は大破、【荒潮】に曳航されて戦局から離脱しました。

10月までの長い間ドックで修理を受けていた【満潮】は、復帰後は激戦地であったガダルカナル島での輸送作戦を実施。
しかし復帰からわずか1ヶ月足らずの11月10日、【満潮】は米陸海軍の空襲に巻き込まれて中破。
再び本土での修理を受ける羽目になってしまいました。
2回目の修理は資材不足や多くの艦艇が被害にあったこともあり、遅々として修復が進まず、被害の度合いは前回よりも酷くないのに修理に1年かかるというもどかしさがありました。

その1年間で、第八駆逐隊は解散することになります。
1943年2月、「バリ島沖海戦」で大活躍した【大潮】が潜水艦の魚雷を受けて大破、やがて沈没。
翌月の3月には「ビスマルク沖海戦」において【朝潮・荒潮】が沈没。
修理を受けている間に、僚艦をすべて失ってしまいました。

4月1日に第八駆逐隊は解散し、【満潮】はしばらく無所属が続きます。
また同時に、ネームシップの【朝潮】が沈没したことにともなって「朝潮型駆逐艦」「満潮型駆逐艦」と改定されています。
復帰目前の10月31日には第二十四駆逐隊へと編入され、同じく僚艦を失っていた【海風・涼風】とともに再スタートを切りました。

トラック島への輸送任務を中心に活動していた第24駆逐隊ですが、しかし【満潮】に再び不幸が訪れます。
12月には輸送していた船団から【油槽船 照川丸】を潜水艦の雷撃によって喪失、1944年1月には【輸送船 靖国丸】が潜水艦に、【涼風】【米潜水艦 スキップジャック】に、そして、2月には【海風】【米潜水艦 ガードフィッシュ】によって撃沈させられました。
11月の復帰から3ヶ月で4隻も味方の沈没を目の当たりにすることになってしまうのです。
そして僚艦を再び全て失った【満潮】は、第二十四駆逐隊解散をもってさらに別の編成へと組み込まれます。

第四駆逐隊、「トラック島空襲」によって【舞風】を喪失し、【山雲・野分】の2隻編成になっていたところに【満潮】は加わりました。
6月、【満潮】「マリアナ沖海戦」に参加。
ここでは沈没した【飛鷹】の乗員を救助しています。
そして7月には第十駆逐隊解散にともなって【朝雲】が仲間に加わり、【満潮】にとっては久しぶりに4隻での編成を組むことができました。

ところがこの時も長くは続きません。
10月には「レイテ沖海戦」へと突入し、【野分】は別働隊へ引きぬかれたため第四駆逐隊は3隻でした。
そこへ【時雨】が加わり、【扶桑・山城】【最上】、そして駆逐艦4隻からなる西村艦隊が編成されました。

そして挑んだ「レイテ沖海戦」は、あまりにも凄惨な結末でした。
【扶桑】が魚雷によって爆沈、【山城・最上】が大炎上し、【最上】は航行不能寸前に陥ります。
やがて魚雷の標的は駆逐艦となり、【満潮・朝雲・山雲】が相次いで被雷します。
【山雲】は轟沈、【朝雲】は艦首切断、そして【満潮】は左舷機関室に被雷して航行不能になってしまいます。
なんとか修復をすることで自力航行は可能になりましたが、【朝雲】とこの地獄を脱しようと試みたところへ【米駆逐艦 ハッチンズ】が襲いかかります。
【扶桑・山城】を襲撃し、本隊へと戻るところだった【ハッチンズ】【満潮】へ向けて魚雷を発射。
そしてそれは【満潮】の息の根を止めました。
約230名が死亡、そして別働隊の【野分】含め、第4駆逐隊は一夜にして全滅してしまいました。

【満潮】は所属した駆逐隊の僚艦を守り、生き残る姿を最後まで見ることができず、彼女の同僚は皆先に逝くか、ともに逝くという悲しい駆逐艦でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐朝潮型駆逐艦 大潮 朝潮型駆逐艦 荒潮⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system