旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 松風

駆逐艦 松風【神風型駆逐艦 四番艦】
Destroyer  MATSUKAZE 【KAMIKAZE-class Destroyer 4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
小笠原諸島父島沖
建 造
1922年12月2日 1923年10月30日 1924年4月5日 1944年6月9日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,270t 102.57m 9.16m 37.25ノット 38,500馬力







【松風】
は当初は「第七駆逐艦」として建造されますが、すぐに「第七号駆逐艦」に、そして1928年に【松風】となります。

【松風】は新造時の全力公試の際、39.2ノットを記録し、「神風型」「峯風型」と同程度の速度が出せることを証明しています。

太平洋戦争開戦後は「フィリピンの戦い、マレー作戦、バタビア沖海戦」などに参加し、「バタビア沖海戦」では【最上】【朝風・春風・旗風】とともに米巡洋艦2隻、米駆逐艦4隻を撃沈せしめる大戦果を挙げています。

【松風】はその後、船団護衛を務めていましたが、1944年6月、小笠原諸島父島沖で船団護衛中に【米潜水艦 ソードフィッシュ】の雷撃を受け、沈没しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐神風型駆逐艦 春風 神風型駆逐艦 旗風⇒



↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system