旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 如月

駆逐艦 如月【睦月型駆逐艦 ニ番艦】
Destroyer  KISARAGI 【MUTSUKI-class Destroyer 2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
ウェーク島の戦い
建 造
1924年6月3日 1925年6月5日 1925年12月21日 1941年12月11日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,315t 102.72m 9.16m 37.25ノット 38,500馬力







開戦からわずか3日後に沈没 爪痕を残せなかった如月


【如月】は竣工当初は「第二十一号駆逐艦」と呼ばれ、1928年に【如月】と改称されます。
二度にわたる「上海事変」では、空母の護衛を務めました。

太平洋戦争では、【睦月・弥生・望月】ら第三十駆逐隊で「ウェーク島の戦い」に参加。
開戦からわずか3日後のことでした。

ウェーク島はすでにマーシャル諸島から飛び立った「九六式陸上攻撃機」によって攻撃が仕掛けられていましたが、米軍の戦力は日本が思った以上に維持されており、日本は予想外の苦戦を強いられることになります。

当初は大発動艇を利用しての上陸作戦が予定されていましたが、荒波によって大発動艇の航行が難航。
結局艦砲射撃による攻撃へと変更されました。
【夕張】を中心とした艦艇軍は、接近しながら砲撃を繰り出します。
しかし米軍は、日本が砲台の射程に入りきるまで一切反撃をしませんでした。

間合いに入ったことを確認すると、米軍はすかさず砲撃を開始。
日本は想定外の反撃に慌て、途端に混乱します。
片舷斉射を試みた【疾風】が、晒した船体に砲弾を浴びて沈没、日本はやむなく撤退を決定します。
しかし海上には投げ出されたままの大発がまだ残っており、回避しようにもその大発が邪魔になってしまいます。
さらには全滅したと思われていた「F4F戦闘機」4機による攻撃も加わります。

やがて陸と空からの攻撃に【如月】が悲鳴をあげ、最後には投下された爆弾によって【如月】は酷く損傷します。
その爆弾は魚雷もしくは爆薬にも誘爆し、艦橋と2番煙突の半分、そしてマストが吹き飛ばされる大爆発を起こします。
【如月】は船体が二つに割れ、まもなく沈没していきました。
【疾風】に続き、帝国海軍2番目、そして「睦月型」初の喪失となりました。

このまさかの敗北によって、日本は次の戦いでは真珠湾攻撃から帰ってきた【蒼龍・飛龍】を投入し、一気に畳み掛けます。
それでも戦死者は米軍の4倍と、非常に被害の大きな戦いでした。

なお、【疾風・如月】や、のちの【東雲】の沈没を受け、日本は誘爆の危険性が高かった八八式爆薬の使用を中止し、新式爆薬へと交換していくことになります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐睦月型駆逐艦 睦月 睦月型駆逐艦 弥生⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system