旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 菊月

駆逐艦 菊月【睦月型駆逐艦 九番艦】
Destroyer  KIKUZUKI 【MUTSUKI-class Destroyer 9th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
珊瑚海海戦
建 造
1925年6月15日 1926年5月15日 1926年11月20日 1942年5月5日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,315t 102.72m 9.16m 37.25ノット 38,500馬力







現在も海上で姿を確認できる唯一の帝国海軍艦 菊月


【菊月】は竣工当初は「第三十一号駆逐艦」と呼ばれ、1928年に【菊月】と改称されます。
【菊月】は駆逐艦では最後の大正生まれとなります。

太平洋戦争では【卯月・夕月】とともに第二十三駆逐隊を編成し、二航戦の護衛や「トンボ釣り」を行っていました。
しかし真珠湾攻撃の時は「グアム島攻略作戦」の護衛へ回されており、その際の空母護衛には就けていません。
その後はラバウル方面、ラエとサラモアの攻略、そして「アドミラルティ攻略作戦」の支援任務に就きました。

1942年5月、第二十三駆逐隊はツラギ島を占領し、【菊月・夕月】【敷設艦 沖島】へ補給作業を開始します。
ところがその補給作業中、【米空母 ヨークタウン】から飛び立った艦載機が3隻に襲いかかります。
【菊月】【沖島】から離れて攻撃を回避しようとしますが、瞬く間に右舷機関室に魚雷を受けてしまいます。
【菊月】は沈没を避けるために【特設駆潜艇 第三利丸】によって曳航、擱座されますが、【沖島】【菊月】の乗員を乗せてラバウルへと避難しました。
しかし【菊月】は被雷による浸水が酷く、やがて沈没してしまいます。

1942年8月から始まった「ガダルカナル島の戦い」において、米軍はガダルカナル島の奪還を達成します。
1943年には、浅瀬にあった【菊月】を浮揚させて艦内の調査を開始。
調査が終了すると、あとはタダの鉄くず同然だった【菊月】は沈められることもなくその場に放棄されてしまいます。

駆逐艦 菊月
(放棄されたままの菊月)

やがて戦争は集結し、さらに70年の年月が流れましたが、【菊月】は風化や腐食によって無残な姿になりながらも、まだ一部を海上にとどめています。
彼女は特設感や病院船を除き、いわゆる戦闘用の艦では唯一海上に現存する駆逐艦となっています。

また2016年になり、「菊月保存会」の方々の活動により、この【菊月】の第三砲塔を引き上げ、母港となる舞鶴へ送り届けるプロジェクトが進んでおります。
すでに引き上げ許可は降りており、近いうちに貴重な駆逐艦の現物資料が日本に戻ってくることでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐睦月型駆逐艦 長月 睦月型駆逐艦 三日月⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system