旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 陽炎

駆逐艦 陽炎【陽炎型駆逐艦 一番艦】
Destroyer  KAGERO 【KAGERO-class Destroyer 1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
ブラケット水道
建 造
1937年9月3日 1938年9月27日 1939年11月6日 1943年5月8日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
2,033t 118.5m 10.8m 35.0ノット 52,000馬力







帝国海軍の主力駆逐艦 水雷戦隊の中核を目指した陽炎型


「吹雪型」の建造で一躍世界の注目をかっさらった日本の駆逐艦ですが、「ワシントン海軍軍縮条約」によってその勢いは急速に衰え、日本は苦悩の10年間を迎えます。
条約制限下で設計され、準吹雪型ともいえる「初春型」で露呈した数多くの欠陥、そしてそれを解決するために建造された「白露型」、さらに条約制限を無視してでも「吹雪型」復活を目指した「朝潮型」

しかしその全てが、全体的に無茶なものとはいえ、海軍の要求に応えることができませんでした。
「朝潮型」は公試ではほぼ要求を叶えており、大きな問題はなかった駆逐艦ですが、しかし設計段階では要求以下のスペックだったため、最終的には次の駆逐艦型を建造せざるを得ませんでした。

そこで登場するのが、太平洋戦争で駆逐艦の主力となった「甲型駆逐艦・陽炎型」です。
「陽炎型」で海軍が要求したことは、

1.速度36ノット以上
2.航続距離18ノット:5,000海里以上
3.「吹雪型」を超えない大きさ

と大きく3つです。
特に航続距離は、海軍が何年も口うるさく要求している至上命題でした。

しかし1.2の要求を叶えるとなると、排水量が2,750tに至り、60,000馬力、全長120mと、とてつもなく大型化してしまうと現場は反論。
当然「3」の要求は守れません。
海軍としては遅いのも困りますが、大きいのも同じぐらい困りものです。
結局「1」の速度は35ノットへ引き下げられ、この条件で「陽炎型」の設計が始まりました。

まず、航続距離を伸ばすために船体のバランスを整えます。
「初春型・白露型」の強度問題から、「朝潮型」で過剰なまでに固められた船体強度を適正なものに改めて軽減を図りました。
排水量が多いとそれだけ速度にも燃費にも影響が出ます。
頑丈なのはいいことですが、帝国海軍が目指した水雷戦での活躍のためには足回りに影響が出る要素はできる限り排除する傾向にありました。
結果、排水量は「朝潮型」とほとんど変わらないのですが、その排水量の内訳が効率よく配分されたため、ついにカタログスペック上で18ノット:5,000海里を達成したのです。

兵装面では初めて新造時から九三式酸素魚雷を搭載します。
またその配置も、1番魚雷発射管の次発装填装置を2番煙突脇に4本並べた「朝潮型」と異なり、「陽炎型」では1番魚雷発射管の次発装填装置を1番煙突の左右に配置。
これによって被弾時の誘爆リスクを軽減させたのです。
魚雷は61cm四連装発射管2基、そして主砲は12.7cm連装砲C型3基
これは「朝潮型」同様、「吹雪型」を上回るものでした。

試験運転の際に最大速度が34.6ノットという問題が発生してしまいますが、これはスクリュー形状を改善することによってなんとか解消。
ここでようやく、帝国海軍が求めた最強の駆逐艦として「陽炎型」が誕生するのです。
「陽炎型」は最初の計画では18隻が建造されることになりますが(最終的に19隻)、実際にその時の計画下で建造された「陽炎型」は15隻だけ。
残りの3隻はというと、【伊一五型潜水艦】1隻分とともに「大和型」建造を隠蔽するための架空請求に利用されました。
(戦艦1隻にかかる費用があまりにも莫大で、そこから「大和型」の能力を推測されることを避けるためでした。)

「陽炎型」は次の「夕雲型」と合わせて「甲型駆逐艦」と呼ばれ、海軍での扱いが最も上であったことがよくわかります。
しかし「陽炎型」「夕雲型」は過去の駆逐艦同様、戦況の変化に翻弄され、本来の役割にとどまらずにあらゆる役目と任されることになります。

第二水雷戦隊最長所属駆逐艦 その姿を拝むことが難しい陽炎


栄えある一番艦【陽炎】は、【霞・霰・不知火】と第十八駆逐隊を編成。
突撃部隊である第二水雷戦隊に所属し、「真珠湾攻撃」に同行してします。
その後は機動部隊の護衛をしながら「ラバウル攻撃、ポートダーウィン攻撃、セイロン沖海戦」と場数を踏んでいきます。
「ミッドウェー海戦」にも攻撃部隊として参加をしますが、機動部隊崩壊によって計画は断念、何もできずに引き返しています。

7月、【陽炎】【水上機母艦 君川丸】を単艦護衛してキスカ島を目指し、無事送り届けます。
残り3隻の第十八駆逐隊は【水上機母艦 千代田】【輸送船 あるぜんちな丸】を輸送して同じくキスカ島を目指していましたが、これらは別ルートでした。
しかし闇夜で深い霧に巻き込まれた第十八駆逐隊は停泊を決め、霧が晴れるであろう明け方まで海上に留まることになります。
ところがそこを【米潜水艦 グロウラー】に襲われ、【霰】沈没、【霞・不知火】が大破する大惨事となってしまいます。
第十八駆逐隊は【陽炎】を除き機能を停止してしまい、【陽炎】【夏潮】を失って3隻となっていた第十五駆逐隊へ転属することになりました。

【陽炎】はその後、「ガダルカナル島の戦い」に参加し、ヘンダーソン飛行場の砲撃を行ったこともあります。
空襲によって大破した【神通】に代わり、第二水雷戦隊旗艦を務めたこともあるのですが、一方で最新鋭の駆逐艦にもかかわらず鼠輸送にも使われるなど、【陽炎】は結局他の駆逐艦と変わらない役回りとなってしまいます。
その後も「第三次ソロモン海戦、ブナ輸送作戦、ルンガ沖夜戦」と立て続けに「ガダルカナル島の戦い」の諸作戦に関わります。
「ルンガ沖夜戦」では水雷屋の面目躍如、8隻の駆逐艦で【米重巡 ノーザンプトン】を撃沈させ、さらに【米重巡 ミネアポリス・ペンサコラ・ニューオリンズ】を大破させるという大戦果を収めています。
しかしこの夜戦では旗艦【長波】が早々に退避、【高波】が沈没、また主任務であった輸送任務も失敗しているため、評価が割れています。

一方で、11月に「ラエ輸送作戦」に参加していた【早潮】が空襲によって撃沈。
第十五駆逐隊は3隻編成を余儀なくされます。

奮闘むなしく、日本はガダルカナル島からの撤退を決定、【陽炎】はこの撤収作戦にも参加します。
2月には【黒潮】とともに【隼鷹】を護衛して本土へ帰投しました。

4月、【陽炎】【黒潮・親潮】とともに「コロンバンガラ輸送作戦」に従事します。
この作戦は6回にわたって実施され、第十五駆逐隊は1回目と3回目に参加しました。
またも輸送任務ではありましたが、3隻はこの任務を着実にこなしました。

そして第5回目、5月8日に実施された輸送作戦での出来事です。
これまで音沙汰なく順調に輸送ができていた本作戦ですが、何度も同じ航路を行き来していたため、ついに米軍の機雷敷設艦によって航路に機雷を設置されてしまいます。
行きはこれまでどおりスムーズに輸送を行いましたが、帰路につく3隻を襲ったのがその機雷です。
【親潮】が最初に接触して航行不能、その衝撃を潜水艦の魚雷と勘違いした【陽炎・黒潮】はともに爆雷を投下しますが、しばらくもしないうちに【陽炎】も触雷してしまいます。
【黒潮】は2隻と距離が離れていたのですが、運悪く機雷群の中に突っ込んでしまい3つの機雷に触れて轟沈。
【親潮・陽炎】は僚艦が沈む中、ただ洋上で浮かぶのみでした。

そこへ米軍の戦闘機が襲いかかり、【陽炎】は動けない中必死に機銃を放ってこの空襲を何とか切り抜けます。
天候が悪かったこともあり、二次攻撃はありませんでしたが、しかし【陽炎】の命運はすでに尽きていました。
半日以上粘ったものの、ついに【陽炎】は沈没。
多くの乗員が救助されましたが、第十五駆逐隊は一日で全滅してしまいました。

【陽炎】は帝国海軍が威信をかけて生み出した、屈指の駆逐艦のネームシップにも関わらず、現存する写真が非常に少ないことでも有名です。
逆に二番艦【不知火】の写真は数多く残され、また大規模修理や「レイテ沖海戦」まで戦い抜いたこともあってか、「陽炎型」の資料としては【不知火】のものが活用されることが目立ちます。

ちなみに、【陽炎】は第二水雷戦隊所属日数が第二次世界大戦勃発後では最も長い駆逐艦です。
太平洋戦争開戦後は正式に旗艦を務めたこともある【長波】がトップ、次いで二位を【陽炎・黒潮】でわけあっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐朝潮型駆逐艦 霰 陽炎型駆逐艦 不知火⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system