旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 初霜

駆逐艦 初霜【初春型駆逐艦 四番艦】
Destroyer  HATSUSHIMO 【HATSUHARU-class Destroyer 4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
宮津空襲
建 造
1933年1月31日 1933年11月4日 1934年9月27日 1945年7月30日 浦 賀 船 渠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,400t

約1,700t
109.5m 10.0m 36.5ノット

33.27ノット
42,000馬力









雪風、時雨に匹敵する駆逐艦の星 初霜


【初霜】「初春型」四番艦で、建造中にバルジを取り付けられるなど、初期の「初春型」【初春・子日】に施された改良点を備えて誕生しています。
しかしその後の「友鶴事件・第四艦隊事件」によって結局は同じ憂き目にあい、以後の【有明・夕暮】は一線を画す存在となっています。

【初霜】は進水式の際、突然急停止して支柱を折るという失態を犯しています。
進水式は小さなお祭りのようなもので、軍楽隊の演奏も行われますし多くの関係者も出席するハレの場です。
その目の前で失態を犯したのは、先の公試で戦慄を走らせたあの「初春型」です。
今後の雲行きに不安を覚えるのはしかたのないことでしょう。
しかしそんな不安をよそに、【初霜】は駆逐艦随一の大活躍をする将来を背負っていくのです。

【初霜】「初春型」4隻で第二十一駆逐隊を編成。
太平洋戦争初頭では「スラウェシ島ケンダリー攻略」の増援部隊としてダバオを出港しますが、道中で【長良】【初春】が衝突、ともに作戦参加を中止し、さらに護衛として【子日・若葉】も離脱。
結局【初霜】1隻で増援に向かうという心もとないものとなりました。

その後は「マカッサル攻略作戦、バリ島攻略、アリューシャン方面の戦い」に参加します。
7月には【子日】が沈没してしまいますが、下馬評をひっくり返す活躍を見せていた「初春型」は北方海域で活動し続けました。
めまぐるしく変わる北方情勢で、1943年3月には「アッツ島沖海戦」にも参加しますが、日本は敗北。
北方海域での日本の勢力は徐々に衰えを見せ始め、ついに7月、日本は北方海域拠点となっていたキスカ島の放棄を決定。
「キスカ島撤退作戦」が実施されます。
死傷者ゼロの奇跡の作戦に【初霜】も参加するのですが、そのあまりの濃霧に【初霜】は前方をゆく【若葉】の右舷に激突。
【初霜】の損傷は大したことがありませんでしたが、任務は【給油艦 日本丸】の護衛に変更、【若葉】は作戦に支障をきたすほどのもので撤退が決定されました。
【初霜】はその衝突の衝撃で後続の【長波】にも接触しており、作戦そのものは文句のつけようのない大成功を収めたものの、その成功の鍵となった深い霧によって被害も発生していました。

作戦に成功したとはいえ、その作戦は「撤退」、日本は北方海域の戦線を下げざるを得ず、そして【初霜】は南方へと活動拠点を移すことになります。
そこでは空母や輸送船の護衛を任され、そしてその護衛対象を失うことなく完遂し、【初霜】の存在感は一気に増大します。
当時は潜水艦や空襲による輸送妨害に悩まされており、多くの輸送船がその被害にあって沈んでいきました。
損害を負っても、沈まないということそのものが非常に素晴らしい成果だったのです。

1944年6月には「マリアナ沖海戦」で油槽船の護衛を努めますが、海戦は米軍の反攻によって壊滅的敗北、油槽船も2隻を失うこととなりますが、【初霜】が護衛していた【速吸】は健在でした。

10月には「レイテ沖海戦」に際して【初春・若葉】とともにマニラへ輸送を行い、その後急ぎ本隊と合流して決戦に参加する手はずとなりました。
ところがマニラを出港して程なくすると、行く手には【米空母 フランクリン】が待ち構えていました。
この空襲によって【若葉】は力尽き、【初霜】も被弾して2番砲塔が使えなくなってしまいます。
【若葉】の乗員を救助した後、【初霜・初春】は本隊合流を諦めてマニラへと引き返すことになりました。
決戦部隊への合流が遅れた2隻は急ぎコロン湾へ入港しますが、そこで見たのは【最上】との衝突によって損傷した【那智】の姿でした。

海戦に敗北し、【初霜】らは再びマニラへと戻り、【初霜】は先の損傷の修復にあたりました。
その後すぐに「第二次多号作戦」に参加し、【輸送船 能登丸】を失うものの輸送作戦は成功します。
この時、旗艦【霞】に座乗していた木村昌福少将は自ら【能登丸】の救助に向かい、【初霜】らには行方不明となっている第131号輸送艦の捜索を指示。
自ら危険な救助作業を買って出た木村少将に、【初霜】酒匂艦長は感銘を受けたといいます。

しかし刻一刻とマニラの惨禍は近づいており、11月5日、13日には大空襲が海軍を襲います。
これによって【那智】【曙・初春】など多くの軍艦が沈没。
【初春】から立ち上がる煙は、姉妹艦である【初霜】を覆い隠す煙幕となり、彼女を守ることになりました。

失敗作からの大躍進を遂げていた「初春型」も、この空襲によって【初霜】1隻を残してみな沈没してしまいます。

【初霜】は生き残った艦だけの寄り合い所帯となった第二水雷戦隊の一員となり、【霞】と行動を共にします。
12月には「礼号作戦」への参加が決定していましたが、その前に【妙高】救助の報が入ります。
マニラ湾での空襲によってシンガポールへと避難しているところだった【妙高】が再び魚雷によって損傷し、艦尾が脱落してしまったのです。
この救援に【初霜】が向かうのですが、結局駆逐艦で重巡を曳航することはできず、【羽黒】へ増援を要請して【妙高】をシンガポールへと送り届けています。
このため、【初霜】は最後の勝利となった「礼号作戦」には加わることができませんでした。

1945年1月には「呉の雪風、佐世保の時雨」と称された幸運艦である【時雨】が沈没。
いよいよ帝国海軍の終焉も迫ってきていました。
【初霜】は2月、【伊勢・日向】らが先頭に立った輸送作戦「北号作戦」に参加。
この作戦も制空権が完全に奪われた海域でのもので、実現不可能とされた玉砕覚悟の作戦でしたが、【初霜】らは見事にこの任務を無傷で達成。
「キスカ島撤退作戦」と「北号作戦」、【初霜】は2つの大奇跡に関わった唯一の艦艇です。

4月、【初霜】【大和】を中心とする「天一号作戦」の護衛に就きます。
先の「北号作戦」同様、この作戦も玉砕前提のもので、沖縄上陸を何としても阻止すべく、これまで出し渋っていた【大和】を沈めるほどの覚悟で実施されました。
【初霜】「坊ノ岬沖海戦」で、【大和】の左舷後方に位置します。
輪形陣をとり、帝国海軍は最後の海戦へと挑みました。

道中、無念にも【朝霜】が機関故障によって戦闘前に落伍。
1隻を欠いた帝国海軍は、【大和】を中心に航空機へ向けて攻撃を開始します。
やがて【朝霜】が、【浜風】が撃沈。
【矢矧】【霞】が航行不能になり、【初霜】【矢矧】落伍によって空白となった【大和】の前方へと回り込みます。
【大和】は空襲によって通信機能が麻痺し、その任を【初霜】に預けました。
【初霜】は懸命に【大和】を守り、そして各艦の通信に耳を傾け、信号を受け取りました。
しかし14時20分、日本の力であった【大和】は遂にその巨体を支えることができなくなり、炎上、爆沈。
【初霜】が失った唯一の護衛艦でした。
しかしこの戦いでの【初霜】の被害はわずかに負傷者3名、異常なほどの被害のなさでした。

【初霜】【矢矧】【浜風】の乗員を救助、そののち【霞】【磯風】の雷撃処分を【雪風】とともに行いました。

「坊ノ岬沖海戦」によって、多くの駆逐艦も【大和】とともに散り、生き抜いたのは【初霜・雪風・冬月・涼月】の4隻。
この戦いを終えた第二水雷戦隊は、同時にその歴史にも幕を閉じました。
1945年4月20日、第二水雷戦隊は解散します。

6月には宮津湾で砲術学校練習艦となりますが、7月30日、【初霜】は空襲にあいます。
対空射撃を行いながら宮津湾を動き回る【初霜】ですが、その際に海中にあった機雷に触雷。
ここまで懸命に戦い抜き、そしてその被害も恐るべき少なさであった【初霜】でしたが、終戦わずか半月前のこの触雷によって大破、沈没を免れるために擱座されています。

駆逐艦 初霜
(大破擱座した初霜)

ともに戦った【雪風】はこの空襲も耐え抜き、終戦を迎えています。
この時の機雷は回数機雷と呼ばれる接触数によって起動するものという記述もありますが、磁気や電波によって起動する磁気機雷であるという記述もあり、明確にはされていません。

戦闘から護衛まで、自身も守った艦も殆ど被害を出さず、そして二度の大奇跡を経験した【初霜】
その【初霜】が登場当初から厄介者扱いされた「初春型」であることは、何よりも誇らしいことではないでしょうか。
【初霜】の評価は【雪風・時雨】に匹敵するものであるべきだと思います。

謂れ無き残虐性 助けを求める乗員の手首を切り落とした

※下記内容は全くの事実無根であり、【初霜】を侮辱するものです。

吉田満著「戦艦大和ノ最期」
この書物の中には、「初霜が救助艇にしがみつく救助者の手首を軍刀で切り落とし、救助艇の転覆を防いだ」と書かれています。
この記述は何の根拠もない空想であり、そもそも【初霜】【大和】の乗員の救助にはまわってすらいないのです。
彼女は【矢矧】【浜風】の乗員の救助にあたっていました。

当然発行時から批判が殺到し、【初霜】乗員だけでなく、【大和・雪風】の乗員からの抗議の声があとを絶ちませんでした。
しかし当の吉田満氏はこの抗議に対して「検討する」との回答を残したきり、ついに記述を改める、謝罪するなどの行為もないまま逝去しました。

たちが悪いことに、この作品の評価は高く、映画化、ドラマ化、さらに英訳までされてしまいました。
そしてそのメディアに触れた多くの人々は、【初霜】の優秀な経歴よりも、その残忍な行為を記憶に残すのです。
この汚名は未だ晴らすことができず、【初霜】は今でも武勲艦としての評価を受けているとは言いがたいです。
戦争に参加した方々の命がもう長くない中、このような屈辱は一刻も早く払拭し、英霊たちに報告したいものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐初春型駆逐艦 若葉 初春型駆逐艦 有明⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system