旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 春雨

駆逐艦 春雨【白露型駆逐艦 五番艦】
Destroyer  HARUSAME 【SHIRATSUYU-class Destroyer 5th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
第二次渾作戦
建 造
1935年2月3日 1935年9月21日 1937年8月26日 1944年6月8日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,685t 111.0m 9.9m 34.0ノット 42,000馬力







夕立とともに、ソロモン海を赤く染める突破口を切り開いた春雨


【春雨】
【村雨・夕立・五月雨】とともに第二駆逐隊を編成し、所属は第四水雷戦隊となりました。
南方海域の 「ビガン攻略作戦、バリクパパン攻略作戦、スラバヤ沖海戦」など、開戦直後から多くの作戦に投入されることになります。
1942年6月の「ミッドウェー海戦」にもミッドウェー島攻略部隊の一員として参加するのですが、結果は海戦の惨敗による作戦中止。
その後はトラック泊地を中心とした活動になっていきました。

「ガダルカナル島の戦い」が始まると、同海域に招集された駆逐艦と連携して鼠輸送をひっきりなしに行い、【春雨】は8回の輸送任務をこなしました。
10月には第四水雷戦隊がヘンダーソン飛行場の砲撃に向かいますが、そこでまさにヘンダーソン飛行場から飛来した航空機の空襲に翻弄されます。
結果、【由良】航行不能、旗艦【秋月】中破、【五月雨】小破の損害を出した日本は、止むなく【由良】を雷撃処分することにしました。
その処分のための雷撃を行ったのが、【春雨】です。
【春雨】【夕立】とともに魚雷を発射、最後は【夕立】の砲撃によって【由良】は艦生を閉じました。

11月には「第三次ソロモン海戦」【春雨】を待ち構えます
再びヘンダーソン飛行場を叩くために出発した挺身攻撃隊ですが、スコールの影響で日本の艦隊は陣形が崩れてしまいます。
その最中、【夕立】がこちらへ向かってくる米艦隊の存在を確認しました。
日本にとってはこの混乱の中で砲撃されればたまったものではありません。
それを感じたのかどうかはわかりませんが、【春雨】【夕立】とともに突然舵を切り、たった2隻の駆逐艦で視認できただけでも7隻の艦隊へ突撃を敢行するのです(実際は合計13隻)。

【春雨】【夕立】と米艦隊の真ん中を突っ切り、米艦隊は突然の出来事に右往左往します。
本来このように突撃してきた敵艦隊をどのように回避、撃退するのかは決められていたのですが、そんな取り決めに従えるほどの余裕もなかった米艦隊は、この2隻によって陣形が壊滅してしまいます。
その後、【夕立】は再び米艦隊の懐で暴れ回りますが、【春雨】は他の艦艇とともに巡洋艦1隻を沈め、また他にも敵艦隊を砲撃しています。

「第三次ソロモン海戦」が終わると、【春雨】はニューギニア輸送を行った後、横須賀で整備を行いました。
その際に毘式四十耗機銃25mm機銃へと換装しています。

整備を終えた【春雨】は再びトラックへと戻り、輸送・護衛任務に就きました。
しかし1943年1月23日、【春雨】は輸送任務を終えてウェワクへと向かっているところで【米潜水艦 ワフー】の獲物となってしまいます。
魚雷は艦首前部に直撃し、1番砲塔を含めた前部が断裂してしまいます。
奇跡的にも爆発が起こらなかった【春雨】はここで沈没する事態を回避することができたものの、しかし前進することは不可能です。
駆潜艇や大発動艇に守られながら、【春雨】はゆっくりと後進でウェワクまで逃げ切りました。

ところがまだ【春雨】の受難は終わりません。
ウェワクから【天津風・浦風】に曳航されてトラックへと向かった【春雨】ですが、悪天候で【春雨】はさらに艦橋部前部の切断を余儀なくされ、船体の三分の一ほどを失ってしまいました。
それでも【春雨】は生き延び、なんとかトラックへと到着。
【工作艦 明石】の応急処置の後、横須賀まで護衛されて本格的な修復を行いました。
また、この時も新たに装備換装を行っており、2番砲塔が25mm三連装機銃へと変わり、また電探も改良されたようです。

しかし修理中、すでに沈没していた【村雨・夕立】と、他編成でも損耗が発生したため、第二駆逐隊は解散されてしまいます。
また第二水雷戦隊も7月の「コロンバンガラ島沖海戦」によって旗艦【神通】と司令部を一気に喪失、結果として第四水雷戦隊がそのまま第二水雷戦隊へとスライドされることになります。
【春雨】【白露・時雨・五月雨】とともに第二十七駆逐隊を編成しました。

12月に前線に復帰した【春雨】でしたが、2月には艦艇を多数破壊された「トラック島空襲」に巻き込まれます。
【春雨】が護衛していた【輸送船 富士山丸・神国丸・天城山丸】もその被害にあって沈没。
【春雨】【時雨】とともにこの空襲から辛くも逃れました。

1944年6月、日本はビアク島支援のための「渾作戦」を決行します。
この「渾作戦」には生き残っていた多くの「白露型」が参加していました。
しかし第一次渾作戦は敵偵察機を誤認して中止。
【春雨】は第二次渾作戦に引き続き参加することになりました。
ところがこの第二次渾作戦では米艦載機の空襲に襲われてしまいます。
二度の換装によって対空兵装が強化されていた【春雨】ですが、他の「白露型」の損害が微小な中、彼女のみが爆撃を被弾して艦尾脱落。
そして大きな水柱をあげて【春雨】は沈没してしまいました。
乗員は【白露・五月雨】によって救助されましたが、【白露】はたった1週間後に、【五月雨】は8月に相次いで力尽きます。
1944年は多くの「白露型」が沈み、10月の時点で【時雨】ただ1隻となってしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐白露型駆逐艦 夕立 白露型駆逐艦 五月雨⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system