旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 霰

駆逐艦 霰【朝潮型駆逐艦 十番艦】
Destroyer  ARARE 【ASASHIO-class Destroyer 10th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
7月5日の海戦
建 造
1937年3月5日 1937年11月16日 1939年4月15日 1942年7月5日 舞鶴海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
2,000t 118.0m 10.39m 34.85ノット 50,000馬力







温情が生んだ悲劇 一時の暇が霰を沈めた


【霰】【霞・陽炎・不知火】とともに第十八駆逐隊を編成し、第二水雷戦隊に所属。
「華の二水戦」に選ばれた【霰】は、開戦の号砲となった「真珠湾攻撃」に参加しています。
しかしその帰り道で巻き込まれた暴風雨の影響で、【霰】はあちこちに凹みが発生したようです。
その後も「ポートダーウィン攻撃、セイロン沖海戦」に機動部隊の護衛として参加。さらに6月にも「ミッドウェー海戦」で攻撃部隊の護衛についています。

7月、【霰】【霞・不知火】とともに【水上機母艦 千代田】【輸送船 あるぜんちな丸】を護衛しながらキスカ島へと向かっていました。
【陽炎】だけは【水上機母艦 君川丸】の護衛で他の3隻とは別行動でした。
5日の深夜、3隻は濃い霧に飲み込まれます。
夜の霧は危険であり、さらに連日の激務から全く疲労回復の余裕がなかった第十八駆逐隊は、宮坂義登大佐の好意によって仮泊が決定し、午前3時までつかの間の休息を取ることができました。

さて、午前3時が近づく頃、ちょうど霧も晴れ始めてきました。
しかしその時を待っていたのはこの船団だけではありませんでした。
【米潜水艦 グロウラー】がこの勝機を逃さず、魚雷を発射した時、3隻の駆逐艦は錨をあげようとしていたところでした。
まず【霰】が被弾、その衝撃で第一魚雷発射管が吹き飛んでしまい、続けて【霞・不知火】も大破。
【霞】は残された第二魚雷発射管や砲塔で【グロウラー】に反撃を試みますが、水上用の兵器ではやはり潜水艦を正確に狙うことは難しく、さらにもう1本の魚雷を受けた【霰】はそのまま沈没してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐朝潮型駆逐艦 霞 陽炎型駆逐艦 陽炎⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system