旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


駆逐艦 天霧

駆逐艦 天霧【綾波型駆逐艦 五番艦】
Destroyer  AMAGIRI 【AYANAMI-class Destroyer 5th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マカッサル海峡
建 造
1928年11月28日 1930年2月27日 1930年11月10日 1944年4月23日 石川島造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
1,680t 118.52m 10.36m 38.0ノット 50,000馬力







ジョン・F・ケネディ率いる魚雷艇を踏みつぶした天霧


【天霧】【朝霧・夕霧・狭霧】とともに第二十駆逐隊を編成し、第三水雷戦隊に所属していました。
「第四艦隊事件」では【天霧】も小破し、僚艦の【夕霧】は艦首を脱落するという大怪我を負ってしまいます。

太平洋戦争では、南方部隊の支援を行い、1942年1月の「エンドウ沖海戦」では【川内・夕霧】らと協力して【英駆逐艦 サネット】【豪駆逐艦 ヴァンパイア】を撃沈させています。
ベンガル湾での通商破壊作戦では【三隈・最上】とともに商船5隻を沈める活躍を残し、そして「ソロモン諸島の戦い」へと挑みます。
ガダルカナル島への輸送任務を受け持つ傍ら、ヘンダーソン飛行場への砲撃にも参加しました。

1943年8月、【天霧】はコロンバンガラ島への輸送任務を終え、ブーゲンビル島へ戻っているところでした。
天候はスコールに見まわれ、視界は最悪。
そこへ飛び込んできたのは、「敵艦隊発見」の報。
慌てて砲撃準備に入りますが、そのうちの1隻は敵艦は猛スピードで航行してきます。
もはや標準を合わせることもできないぐらいに接近してきたのは、【米魚雷艇 PT-109】でした。
その艇長はジョン・F・ケネディ
誰もが知る、のちの米大統領に就任する彼でした。

【天霧】はもはや砲撃は不可能と判断し、回避か追突による破壊の選択を迫られます。
しかし相手は魚雷艇です、衝突の衝撃で魚雷が炸裂すれば、【天霧】にも甚大な被害が及びます。

結果、【天霧】は博打をうち、【PT-109】を踏みつぶすことを決意。
盛大に衝突した瞬間、その場で大爆発が起こります。

【天霧】は少しの損傷でこの難局を乗り切りました。
【PT-109】は木っ端微塵になりますが、【天霧】はスクリューと艦首に若干の損傷を負っただけで、その後の航行にも全く支障ありませんでした。

ジョン・F・ケネディは辛くも生きながらえ、近くの小島まで逃げ切りました。

その後、「ブーゲンビル島沖海戦・セント・ジョージ岬沖海戦」でも生き残った【天霧】でしたが、1944年4月、マカッサル海峡でこれまでの活躍とは裏腹に機雷触雷による沈没という、あまりにも呆気ない最期を遂げてしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐綾波型駆逐艦 夕霧 綾波型駆逐艦 狭霧⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system