旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 瑞鶴

航空母艦 瑞鶴【翔鶴型航空母艦 二番艦】
Aircraft carrier  ZUIKAKU 【SHOKAKU-class Aircraft carrier 2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1938年5月25日 1939年11月27日 1941年9月25日 1944年10月25日 川 崎 造 船 所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
25,675t 257.50m 26.0m 34.2ノット 160,000馬力







瑞鶴は被弾しない 姉と対をなす幸運艦


【瑞鶴】は、【翔鶴】と同じく日本の空母の完成形として建造された空母です。
「めでたい」という意味の「瑞」と、長寿の象徴である「鶴」を名に持つ【瑞鶴】は、その名の通り非常に幸運な艦でした。

通常、艦艇の建造は大掛かりゆえ、どうしても死傷者が発生してしまうものでした。
しかしこの【瑞鶴】は3年余りの工期の間、工期を短縮したにも関わらず、ただの一人も殉職者を出すことなく竣工しており、建造当初から幸運の片鱗がありました。

【翔鶴】同様、申し分のない空母として誕生した【瑞鶴】は、竣工後に猛烈な訓練を行い、たった2ヶ月で「真珠湾攻撃」に参加します。
にも関わらず、【翔鶴】とともに行った基地攻撃では堂々の未帰還機ゼロを記録。
燦然たる成果を掲げて帰投します。

「珊瑚海海戦」では【翔鶴】らと協力し、【米レキシントン級空母 レキシントン、ヨークタウン級空母 ヨークタウン】に果敢に攻撃を仕掛け、【レキシントン】撃沈、【ヨークタウン】大破の戦果をあげます。
しかしその一方で、【翔鶴】は両空母から放たれた艦載機の猛攻に合い、甚大な被害に見舞われてしまいます。
その中で【瑞鶴】は、自身があった場所で発生していたスコールによって米軍の目をかいくぐることができたため、艦載機と乗員を多く失ったものの、船体へのダメージは全くのゼロでした。

しかしこの被害は「ミッドウェー海戦」の出撃に大きな支障となり、参加することはかなわず、その結果が一航戦・二航戦の全滅でした。

悲しんでばかりもいられません、一航戦・二航戦のパイロットを迎え入れ、【翔鶴】とともに新生一航戦を編成した【瑞鶴】は、南太平洋へ出撃します。
【隼鷹】を加えた3隻の空母は、「第二次ソロモン海戦」で日本の空母の歴史を支えてきた【龍驤】を失うものの、【ヨークタウン級空母 ホーネット】を撃沈、【ヨークタウン級空母 エンタープライズ】を撤退させています。
この戦いでも【瑞鶴】はやはり無傷。
いつしか海軍の間では、【瑞鶴】「幸運艦」と呼ぶようになりました(一方の姉は「被害担当艦」と呼ばれてしまいます)。
この「第二次ソロモン海戦」を含めた「南太平洋海戦」で、日本は稼働する米空母すべてにダメージを与え航行不能、及び撃沈させ、これ以上ない結果をもたらしています。

しかし、この海戦でのダメージは日本も相当なもので、この戦いを境に、日本は目に見えて劣勢に立たされていくのです。

正規空母最後の一隻 ズタボロになってもなお戦う瑞鶴


人員も艦載機も少なくなってきた日本は、いよいよ窮地に追いやられます。
「マリアナ沖海戦」には訓練もまともに受けていない乗員を載せた艦載機が、敵空母めがけて発艦。
しかし重厚な敵艦載機、精度の上がった対空兵器になすすべもなく、ただ標的となって撃ち落とされていくばかりでした。
アメリカはこの光景を「マリアナの七面鳥撃ち」と称し、簡単に撃墜することができたと振り返っています。

逆に日本側は【ガトー級潜水艦 カヴァラ】によって【翔鶴】を、【ガトー級潜水艦 アルバコア】によって【大鳳】を相次いで失っています。
また、ついに【瑞鶴】も雷撃の被害を受けてしまい、小規模ですが火災が発生しました。
退避中には【飛鷹】が空襲により沈没、何もできずに3隻の空母が沈んでしまいました。

これにより、日本の機動部隊はほぼ壊滅。
残っている正規空母は【瑞鶴】ただ1隻のみ、残りはすべて別艦種を空母へと改造したものでした。
そして同時に、「真珠湾攻撃」でともに戦った仲間も全て失ってしまいました。

もはや挽回の余地のない日本は、「レイテ沖海戦」で現存する貴重な空母を囮に使うという無謀な作戦に打って出ます。
作戦の本位は、空母を囮にしてでも戦艦部隊をフィリピンへ送り出すという趣旨でしたが、これは結局何も生み出せず、ただ大量の船が沈んでいっただけでした。

【瑞鶴】は可燃物を可能な限り除去し、甲板を迷彩色に塗装変更、小沢治三郎中将指揮の下、レイテ沖へ向かいます。
もはや体をなしていない機動部隊ではありますが、それでも【瑞鶴】の後ろには【千歳・千代田・瑞鳳】が追随しています。
囮とはいえ、任務はまっとうしなければなりません。

米軍の攻撃が始まりました。
数少ない艦載機で応戦するも多勢に無勢で、米軍は容赦なく襲いかかります。
それもそのはず、相対する米軍は空母11隻、戦艦6隻をはじめとして総勢53隻で機動部隊を殲滅しようとしていたのです。
もはや練度がどうこうの話ではありません。
それに【瑞鶴】は米軍からすると、「真珠湾攻撃」を行った最後の1隻。
また「珊瑚海海戦」で沈められた先代の【レキシントン】の仇を討つべく、【エセックス級空母 レキシントン】は血気盛んに攻撃を繰り出したそうです。

空母 瑞鶴
(爆撃を回避する瑞鶴)

爆弾と魚雷が【瑞鶴】に直撃し、飛行甲板と機械室が損傷。
発着艦は不可能になり、機械室も一部操作不能、速度も22ノットにまで低下します。
その間も周囲の僚艦は次々と落伍、沈没していきますが、【瑞鶴】【瑞鳳】とともに必死に粘り続けました。
発着艦もできない【瑞鶴】ができることはあとは時間稼ぎだけでしたが、強固な船体もとめどなく繰り出される雷撃に遂に屈し、艦長は軍艦旗降下の命を下します。
これも幸いというべきなのか、【瑞鶴】に歴史の終止符が打たれるとき、米軍の空襲はすでに終わり、【瑞鶴】の最期に横槍が入ることはありませんでした。
総員飛行甲板に上がり、敬礼をして軍艦旗の降下を見つめます。
そしてこの太平洋戦争で奮戦した【瑞鶴】を讃え、万歳三唱ののち、退艦に移りました。

空母 瑞鶴
(退艦命令後、甲板に集まる乗員たち)

登場当初こそ先代一航戦に見下されていた【瑞鶴】ですが、その実、日本の酸いも甘いも経験し、常に【翔鶴】とともに最前線で米軍と戦い、そして最後の最後まで日本のために力を振り絞った功績は絶大です。
有名な空母としてはやはり先代に一歩及びませんが、武勲という意味で【瑞鶴】に並び立つ空母はおらず、最殊勲艦の1隻として讃えられています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐翔鶴型航空母艦 翔鶴 航空母艦 鳳翔⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system