旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 大鷹

航空母艦 大鷹【大鷹型航空母艦 一番艦】
Aircraft carrier  TAIYO 【TAIYO-class Aircraft carrier 1st


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
フィリピン近海
建 造
1940年1月6日 1940年9月19日 1941年9月5日 1944年8月18日 三菱長崎造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
15,600t 180.24m 23.50m 21.6ノット 25,200馬力







客船としては末っ子 空母としては長女 大鷹


1940年に東京オリンピックを控えていた日本は、外国人の輸送のための船舶が必要になっていました。
そこで日本郵船は一大決心し、豪華客船【新田丸・八幡丸・春日丸】の建造を行うことにします。
帝国海軍はこれに目をつけ、「優秀船舶建造助成施設」制度を活用し建造費用の一部を政府助成金として負担、そのかわり有事の際はその船舶を徴用することになりました。

しかし事態は悪化、東京オリンピックどころか戦争待ったなしの最悪の局面となり、豪華客船三姉妹は揃って帝国海軍所属となったのです。
【春日丸】は三姉妹の末っ子でしたが、徴用が決まった時はまだ建造途中でした。
なのでもっとも空母への改造が早く、航空母艦としては逆に長女として登場します。
それがこの【大鷹】です。

しかし【大鷹】は、空母としては非常に小型かつ低速でした。
飛行甲板も狭かったため、発艦そのものはできても、飛行甲板に多数の艦載機を用意することができず、連続発艦ができなかったのです。
そこで【大鷹】は実戦用の空母ではなく、輸送用の空母として任務に従事しました。

【大鷹】は23機しか搭載できませんでしたが、輸送船としての21ノットは高速であり、しっかりと輸送任務をまっとうしていきます。
しかし1943年9月に魚雷を受けて損傷、航行不能に陥りました。
その【大鷹】を横須賀まで曳航したのは、かつての姉である【冲鷹】でした。
そして修理後、今度は船団護衛の任につくことになります。
対潜用の哨戒艇を載せ、【大鷹】は地味ながらも護衛を続けます。

1944年8月、【大鷹】は重要船団「ヒ71船団」の護衛についていましたが、出発当初から追跡されていた米潜水艦にどんどん攻撃を受け、この船団は台湾・高雄へ引き返す船が続出しました。
そして【米ガトー級潜水艦 ラッシャー】が放った計15本のうち1本が【大鷹】を直撃。
他の14本はすべて他の船にも当たることなく外れたのに、その1本が原因で、【大鷹】はたった10分後に沈没してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐航空母艦 大鳳 航空母艦 雲鷹⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system