旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 大鳳

航空母艦 大鳳
Aircraft carrier  TAIHO


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マリアナ沖海戦
建 造
1941年7月10日 1943年4月7日 1944年3月7日 1944年6月19日 川 崎 造 船 所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
29,300t 260.60m 27.70m 33.3ノット 160,000馬力







飛行甲板を守れ! 装甲強化空母 大鳳


太平洋戦争開戦前、日本は4隻の正規空母と2隻の軽空母を保有、さらに開戦直前には「翔鶴型空母」2隻を竣工させ、機動部隊の準備を整えていました。
しかしそれまでの戦闘で明らかになったのは、飛行甲板の脆さです。

空母は航空機が発着するための飛行甲板があってこそですが、その飛行甲板が爆撃などで破壊されると、たとえ船体が無事でも空母としての役割はほとんど果たすことができません。
もちろん発艦はできませんし、逆に攻撃を終えて帰還する航空機の着艦もまた不可能です。
航空戦では急降下爆撃が主流となり、また航空機や爆弾のグレードアップするにつれて、一発の被弾で飛行甲板が使い物にならなくなるケースもありました。
もし飛行甲板を貫き、格納庫や機関室で爆発されると、もっと悲惨なことになってしまいます。
この問題点は日本のみならず各国が頭を抱える事案でした。

そこで日本は、すでにイギリスでも建造されたことのある、飛行甲板を重厚にした「装甲空母」に着目しました。
先述の通り、飛行甲板を守ることは、空母だけではなく発艦した航空機の帰る場所を確保するという意味でも重要でした。

しかし、装甲空母は諸刃の剣でした。
高額になることは言うまでもなく、飛行甲板が必然的に分厚くなる以上、重心を下げて復元力を維持するという理由で格納庫等が狭くなります。
艦載機搭載数も減少するので、攻撃力低下も懸念されました。

一方で、艦艇数・艦載機数で米軍に打ち勝てるのかと言われるとそれはほぼ不可能で、結局は1隻・1機の生存率を挙げること、また優秀な1隻・1機を建造するということになり、ここに【装甲空母 大鳳】の誕生が決定します。

設計は「翔鶴型」に準拠し、防御力は500kg爆弾の直撃に耐えうるもの、また機関室は800kg爆弾、弾薬庫は1,000kg爆弾から守ることを想定し、とにかく危険箇所を徹底的に強化していました。
一方で懸念された格納庫面積ですが、こちらは従来通り二層を確保することができたため、結果的に52隻搭載することができています(【翔鶴】は72機)。
面積も「翔鶴型」より少し狭い程度だったようです。

また、思ったより艦内にスペースができたため、他の艦艇の補給用の燃料等を搭載することができました。

想定外の事態で沈没 耐えられた魚雷で沈んだ大鳳


堅牢強固な空母として誕生した【大鳳】は、【翔鶴】より第一航空艦隊旗艦の座を引き継ぎ、訓練に励みます。
しかし訓練場となったタウイタウイ泊地は米潜水艦がうようよいたため、満足な訓練ができずにいました(駆逐艦が5隻も沈められています)。

そして1944年6月、【大鳳】【翔鶴・瑞鶴】とともに「マリアナ沖海戦」へ臨みます。
順調に発艦が完了したその時、【米ガトー級潜水艦 アルバコア】が大鳳へ向けて6本の魚雷を発射しました。
そのうちの1発が【大鳳】の右舷に直撃、一時速度が落ちたものの損傷は大きくなく、注水作業により傾斜はすぐに回復されました。
問題のない対応かと思われましたが、一部で【大鳳】の命を着々と削る事態が発生していました。

被雷によってガソリンタンクが損傷し、中からガソリンが漏れだしました。
一方で、閉鎖式格納庫から飛行甲板へ航空機を運ぶエレベーターが途中で停止してしまい、そこでできた隙間を塩害等から守るために乗務員は机やマットで封鎖します。
エレベーターの修理が総出で行われたのですが、先ほど漏れだしたガソリンが気化しはじめ、艦内に充満していきました。
当然有毒ですし、そもそも少しでも火の気があればすぐに大爆発です、換気しても全く追いつかず、作業は遅々として進みませんでした。

そこに着艦失敗機が飛行甲板へ突入。
爆発はまさにその瞬間だったと言われています(爆発の直接的な原因は諸説あります)。

重厚な飛行甲板はドロドロに溶けだし(表面は木製だったと言われており、その下の装甲が溶けだした可能性があります)、換気が行き届いていなかった艦内では連続して爆発が発生、みるみるうちに火達磨になった【大鳳】は、被雷から8時間後、ついに沈没してしまいました。

【大鳳】は、建造時に見込まれた危機からは耐えることができたものの、それによって発生する副次的な事態への対応が悪かったため、竣工からたった103日で運悪く沈んでしまいました。
エレベーターの開口部を塞がなければ、タンクの修理を先にしていれば、そしてそもそも、乗員がベテランであれば(泊地で訓練が進まなかった弊害はここでもありました)など、様々な負の連鎖が【大鳳】の命運を決めてしまったのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐航空母艦 信濃 航空母艦 大鷹⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system