旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 蒼龍

航空母艦 蒼龍
Aircraft carrier  SORYU


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
ミッドウェー海戦
建 造
1934年11月20日 1935年12月23日 1937年12月29日 1942年6月5日 呉 海 軍 工 廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
15,900t 227.5m 21.30m 34.5ノット 152,000馬力







「艦上爆撃機の神様」がいる空母


「ワシントン海軍軍縮条約」によって、【赤城】【加賀】が戦艦から空母へと改造されてからおよそ7年。
日本には当時、上記の2隻の他に【鳳翔】【龍驤】の計4隻が在籍していました。
条約で決められた保有制限の81,000tからこの4隻の総排水量を差し引くと12,630t。そのうちの【鳳翔】は艦齢が16年に迫っており、廃艦を予定していました。
その分の8,370tを上乗せすると、およそ21,000tまでの空母を建造することができる状態でした。

そんな中で建造が決定した【蒼龍】は、何度も計画を練り直し、過去4隻の経験と問題点を考慮した上で起工されます。
【蒼龍】は、日本で初めて本格的な空母を一から建造することになった空母です。

【蒼龍】建造には、少し早めに行われていた【加賀】の大改装が教訓となり、小型ではあるものの大きな問題もなく、見事に完成します。
特にその速力は眼を見張るものがあり、34.5ノットは世界最高レベルの速度でした

【蒼龍】は小型で搭載数も少ないですが、彼女には「艦上爆撃機の神様」という心強い存在がありました。
江草隆繁飛行隊長、彼は実直で努力家で、そしてなによりもその脅威の命中率の高さから、そのような異名を持っていました。
「真珠湾攻撃」では「九九式艦上爆撃機」を巧みに操り、自身のおはこであった急降下爆撃で米軍を翻弄します。
「インド洋海戦」では彼の所属する南雲機動部隊が連合軍を蹴散らしています。
とりわけ江草隊は命中率80%以上というずば抜けた数字を引っさげて帰還し、帝国海軍の快進撃の中心人物でした。

しかし一方で、帝国海軍は日本に勝利をもたらし続けた彼の意見を軽視することが多く、結果的にそれは全て裏目に出てしまいます。

「真珠湾攻撃」では、戦艦を5隻沈めるなど大成功を収めたかに見えますが、空母は実は1隻も沈めることができず、どころか発見すらできませんでした(実際に真珠湾沖には空母はいませんでした)。
結果的には無駄足となるところでしたが、ここで江草氏は空母を叩くために進軍すべきだと進言しています。

「ミッドウェー海戦」を目前に控えた際は、とにかく索敵の重要性を説き、偵察機を飛ばすように進言しましたが、やはりそれも取り入れてもらうことはかないませんでした。
それは結果的に敵襲来の発見を遅らせ、「ミッドウェー海戦」では最も早く、そして最も何もすることができずに沈没してしまいます。

航空母艦 蒼龍
(旋回を続ける蒼龍)

江草隊はついに出撃することなく、ただひたすらに【蒼龍】から脱出することしかできませんでした。
日本の艦艇は全体的にダメージ・コントロールに欠点があり、爆弾が艦内で炸裂すると、その衝撃が逃げることなく瞬く間に船体を襲います。
運悪く格納庫付近で爆発したため、艦載機や爆弾に次々誘爆、機関も停止し、被弾後わずか15分で、【蒼龍】はなすすべもなく退艦命令が出されます。

「江草隊がこの戦いでいつもどおりに働けていたら、米軍の進撃は確実に遅れていただろう」と言われています。
【蒼龍】江草隊は、それほど米軍を恐れさせた存在でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐航空母艦 加賀 航空母艦 飛龍⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system