旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 翔鶴

航空母艦 翔鶴【翔鶴型航空母艦 一番艦】
Aircraft carrier  SHOKAKU 【SHOKAKU-class Aircraft carrier 1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マリアナ沖海戦
建 造
1937年12月12日 1939年6月1日 1941年8月8日 1944年6月19日 横須賀海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
25,675t 257.50m 26.0m 34.2ノット 160,000馬力







帝国海軍最大馬力 満を持して建造された空母翔鶴


【翔鶴】は、これまでの空母とは違い、完全に軍縮条約の制約から解放された環境下で建造された空母です。
これまで建造してきた4隻の大型空母はそれぞれに欠点がありましたが、それを解消する術もまた同時に身につけていました。
「翔鶴型空母」は、帝国海軍の経験をすべて注ぎ込んだ、威信をかけた空母でした。

機関部や弾薬庫付近の装甲を特に厚くし、その他の防御力も全体的に向上。
艦首形状を改良し、波の抵抗を軽減させるバルバス・バウを採用、結果34ノットの高速空母となりました。
搭載数も【加賀】に次ぐ多さで、艦橋も姉妹艦の【瑞鶴】とともに右舷に統一されています。

特筆すべきはその馬力。
世界最大の戦艦であった【大和】をも凌ぐ16万馬力で、帝国海軍堂々の第1位の出力を誇っています。

あえて欠点を上げるとするならば、甲板の短さと、徹底できない防御でしょうか。
飛行甲板は全長より15mも短く、比較的小柄だった【蒼龍・飛龍】よりも低い比率となっています。
防御に関しては、本当に守らなければならなかったもう一つの箇所、すなわち格納庫の装甲はこれまでの空母と変わることはありませんでした。
帝国海軍はどちらかと言うと「攻撃は最大の防御なり」という思考が強く、足りない防御は攻撃で補うことが前提となっていました。

先に記述しておきますと、機関と弾薬庫の装甲を分厚くしたことは戦歴の中でも大きく役立っています。
被害の多かった【翔鶴】ですが、その2箇所の被害は常に強固な装甲で守られ、建造時の思惑は達成されていました。

姉は妹を守るもの 被害担当艦は強さの証


【翔鶴】は太平洋戦争開戦間近の1941年8月に竣工します。
一航戦【赤城・加賀】、二航戦【蒼龍・飛龍】に続き、【翔鶴】【瑞鶴】とともに第五航空戦隊を編成しますが、練度がまだ低く、五航戦は「真珠湾攻撃」では艦艇攻撃ではなく基地攻撃に従事します(一・二航戦の乗員の練度が極端に高すぎただけであり、決して五航戦の乗員の力不足だったわけではないと言われています)。
しかし停泊中の戦艦5隻を沈めるなどの大活躍を収め、五航戦は立派な航空部隊の一員として名を馳せます。

「珊瑚海海戦」では【レキシントン級空母 レキシントン、ヨークタウン級空母 ヨークタウン】と対峙し、初の空母同士の戦いが繰り広げられました。
この戦いで【翔鶴】をはじめとする帝国海軍は【レキシントン】を撃沈させ、【ヨークタウン】も大破に追い込むなど、大戦果をあげます。

しかし日本側の被害も深刻でした。
前日には【祥鳳】が沈没し、【翔鶴】【レキシントン・ヨークタウン】から放たれた艦載機の猛攻を受けます。
たまたま【瑞鶴】がスコールで隠れていたこともあり、攻撃はすべて【翔鶴】へ集中、多数の被害を受けて大炎上する様は、【瑞鶴】の乗員が「翔鶴轟沈!」と誤報してしまうほどでした。
しかし機関部は最後まで守られ、【翔鶴】は辛くも戦場から離脱します。

空母 翔鶴
(大損害を負った翔鶴)

「珊瑚海海戦」で受けた損傷修復は次の「ミッドウェー海戦」に間に合わず、【翔鶴】は呉の地で先輩の一挙沈没の訃報を知らされます。
新一航戦として新たに編成された【翔鶴・瑞鶴】は、以降も様々な海戦で米軍と交戦し、いわばライバルのような形となっていました。

【ヨークタウン級空母 エンタープライズ】は二度の交戦でともに大破に追いやっているものの、遂に沈めることはできず、どころか【エンタープライズ】は「ミッドウェー海戦」から終戦まで生き残った、米軍きっての不死身艦かつ武勲艦となっています。
しかし先の【レキシントン】【ヨークタウン級空母 ホーネット】を撃沈するなど、先代一航戦以上の戦果をあげています。

歴戦の猛者となった【翔鶴】ですが、とどまるところを知らない米軍の攻撃にいよいよ疲弊の色が見え始めます。
戦争は数である、ということが象徴される一つの例が、パイロット不足です。
とにかく激戦をくぐり抜けてきた【翔鶴】は失う命も多く、いよいよベテランや一級品のパイロットが不足してきます。
常に戦いの先陣を切っていた【翔鶴】の被害は凄まじく、いつしか「被害担当艦」と呼ばれるようになりましたが、これはたまたまではなく、すべて必定のものでした。
一方アメリカは、人口の差だけではなく、工業力の差も見せつけ、毎月のように新しい空母を投入してきました。

「マリアナ沖海戦」に参戦した【翔鶴】は、訓練もままならなかった搭乗員が米空母を目指して飛び立ちますが、突破口すら見いだせずただただ撃墜されていくばかりでした。
米軍はこの光景を「マリアナの七面鳥撃ち」と称しています。
VT信管(近接信管)の開発にも成功し、命中率が数倍も向上したアメリカは労せずして日本の艦載機をバタバタと仕留めていきました。

一方【翔鶴】にも危機が迫っていました。
艦載機の発艦中、日本の対潜網をくぐり抜けた【米ガトー級潜水艦 カヴァラ】の放った魚雷が右舷に4発、立て続けに命中します。
一気に右に傾いた船体を戻そうと注水活動を行いますが、今度は注水しすぎたがために左舷へ傾斜してしまいます。
また、前部に直撃していた魚雷の影響で艦首が突然沈下し始めます。
その中で気化した航空燃料が発火し、瞬く間に大火災が発生します。
被害状況はもはや手の施しようがなく、【翔鶴】は頭から海没していきました。

その沈む様は見るも無残で、一気に艦首が海没し始めたため、飛行甲板に出ていた乗員はその方向へ滑り始めます。
そして艦首は先ほど気化・爆発が発生した場所で、しかもそこに通じるエレベーターは吹っ飛び、大穴が開いていました。
つまり、乗員は燃え盛る炎の海へ次々と飲み込まれていったのです。
その甲板を滑り落ちる音は周囲の艦艇にすら響き渡り、悪魔が獲物を引きずり込むような光景でした。

【翔鶴】の戦死者はのべ1,272名、これは日本の空母史上で最も大きな被害でした。
【雲龍】の犠牲者はこれよりも多いのですが、戦闘未経験かつ移動中の犠牲です。)

先代亡き後の帝国海軍を牽引し、様々な戦果を上げてきた【翔鶴】は、米軍の戦力の増大についていくことができず、壮絶な死を遂げたのでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐航空母艦 飛龍 翔鶴型航空母艦 瑞鶴⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system