旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 飛鷹

航空母艦 飛鷹【飛鷹型航空母艦 一番艦】
Aircraft carrier  HIYO 【HIYO-class Aircraft carrier 1st


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マリアナ沖海戦
建 造
1939年11月30日 1941年6月24日 1942年7月31日 1944年6月20日 川 崎 造 船 所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
24,240t 219.32m 26.7m 25.5ノット 56,250馬力







空母にするつもりで建造された商船 出雲丸


1930年代後半、日本は造船業界に向けて補助金措置として「優秀船舶建造助成施設」制度をとっており、その代わり必要なときは帝国海軍がその船舶を徴用するという仕組みがありました。
この制度で商船から空母へと改装されたのは【大鷹】【海鷹】などがいます。

さて、日本郵船は欧州航路向け豪華客船【新田丸・八幡丸・春日丸】の建造を計画するとともに、サンフランシスコ航路向けには別に【出雲丸・橿原丸】の建造を予定していました。
日本政府はこれに目をつけ、【出雲丸・橿原丸】も徴用の対象にしようとします。
しかし【出雲丸・橿原丸】は上記の「優秀船舶建造助成施設」制度のもとで建造されたものではなく、実際はもっと強制力の強い条件下で建造させられました。
1938年に登場した「大型優秀船建造助成施設」制度という、さらに条件が追加された下で【出雲丸】は起工することになります。

その条件は、

①2万6千t以上、24ノット以上の客船2隻の建造費の6割を国が負担する
②3ヶ月で軍艦に改装可能な設計にする


というもので、誰が見ても【出雲丸・橿原丸】を指していることが明白でした。
つまり、まだ起工していない【出雲丸・橿原丸】を、最初から空母にすることを前提に建造することにしたのです。

これに対して日本郵船は難色を示します。
そもそもこのサンフランシスコ航路でここまでの大型の客船を想定しておらず、コストに見合わない、そして本来なら国が8割負担するところを6割に減額され、あまりにも不条理であると要請を断っていました。
しかし当時は政府と軍の力が非常に強く、結局強引に計画・建造が始まることになります。
結局日本郵船はこの2つの制度により、計8隻もの客船を帝国海軍に引き渡すことになりました(空母改装は5隻)。

【出雲丸】はもはや商船の形をした空母でした。
商船としては異常な25ノット、すでに燃料やエレベーターの設置箇所も決定されており、そして起工から1年後にはついに客船になることなく【空母 飛鷹】へと転身することが決まります。

空母を前提としていたとは言え、【飛鷹】と二番艦の【隼鷹】は改装空母とは思えない高性能空母でした。
とにかく大きいことがひとつ挙げられます。
全長220m、排水量24,000t、横幅も広いため非常に安定性があり、ちょっとした正規空母よりも有用性の高い空母でした。
乗り心地の良さも定評で、客船ベースは伊達ではありませんでした。
また搭載数も48機となっており、装甲も一部薄い箇所がありましたが概ね頑丈、【飛鷹・隼鷹】【蒼龍】レベルのハイスペックな空母として誕生します。

さらに【飛鷹・隼鷹】の功績は、艦橋と煙突の一体化にあります。
これによりいつも苦しめられていた排煙・気流問題が解決し、以降の【大鳳】【信濃】建造に役立っています。

大きな欠点はその速度。
【飛鷹】
の最大速力は客船としては速くても空母としてはかなり遅い部類で、特に艦載機が大型化していくに連れて発着艦が非常に難しくなっていきました。

脚光を浴びることはできず 妹に後を託す飛鷹


無事空母として竣工した【飛鷹】でしたが、活躍はしばらく後になります。
まず、「アリューシャン方面海戦」には竣工が間に合わず、逆に先に竣工していた【隼鷹】【龍驤】とともに出撃しています。
続く「南太平洋海戦」「第三次ソロモン海戦」には参加予定だったものの、直前で機関が故障して速力が低下、もともと遅い【飛鷹】がこれ以上速度を落とすと作戦に支障が出るということで、またもや参加できず、トラック島へ帰投しています。

ようやく出番となったのはマーシャル諸島方面への輸送任務でしたが、今度は潜水艦の魚雷を受けて航行不能、沈没こそしなかったものの護衛艦に曳航されて横須賀へまたも帰投する羽目になります。
この経験を受け、【飛鷹】は艦内から燃える可能性のある木製品を可能な限り撤去しています。

そして次の「マリアナ沖海戦」が、【飛鷹】最後の出撃となります。
当時日本はかなりの劣勢に立たされており、さらに艦載機不足・パイロット不足は深刻でした。
1944年6月19日には【大鳳】【翔鶴】を相次いで失い、大惨敗を喫した帝国海軍は、翌20日も米軍の猛攻にさらされます。
【米エセックス級空母 レキシントン】の機動部隊が放った魚雷が【飛鷹】を襲い、その影響で機関が機能停止、必然的に航行不能になってしまいました。
空襲による爆撃も酷く、この時点でかなりの死傷者が発生していました。
【長門】は空襲の合間に【飛鷹】の曳航・離脱を試みますが、今度は潜水艦から放たれた魚雷が再度【飛鷹】に直撃し、ガソリンタンクが爆発。
しかし消火ポンプの故障により鎮火は困難を極め、ついに退艦命令が出されます。

戦争後期の空母は、優秀にもかかわらず一つのエラーで致命傷を負うことが多く、【飛鷹】もまたその流れから逃れることはできませんでした。
【飛鷹】の思いは、ここまで戦績を着実にあげていた【隼鷹】が引き継ぐことになります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐航空母艦 冲鷹 飛鷹型航空母艦 隼鷹⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system