旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 千歳

航空母艦 千歳【千歳型航空母艦 一番艦】
Aircraft carrier  CHITOSE 【CHITOSE-class Aircraft carrier 1st


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1934年11月26日 1936年11月29日 1938年7月25日 1944年10月25日 呉 海 軍 工 廠
基準排水量 水線長 全 幅 速 度 馬 力
13,360t 185.93m 20.80m 29.0ノット 56,800馬力







遅すぎた改装 千歳・千代田



【空母 千歳・千代田】にはほぼ違いがないため、本ページにてまとめて紹介させていただきます。

【千歳・千代田】はもともと水上機母艦兼高速給油艦として建造されていましたが、【祥鳳・瑞鳳・大鯨】とともにいずれは空母に改装することを前提にしていました。
強度試験用に艦中央部には高い天蓋が設けられており、この2隻は少し珍しい形をしていました。

当初20ノットで設計されてましたが、建造中に「ワシントン・ロンドン海軍軍縮条約」の失効と脱退が重なったため、一気に29ノットにまであげることになりました。
しかしその方法が艦本式ディーゼル蒸気タービンの複合型と、またまた珍しい構造になっています。
おかげで煙突も2本になりました。

同じく空母改装を前提として建造されていた【祥鳳・瑞鳳・大鯨】とは完成型がかなり似ていたようです。
しかし空母への改装が決まったのは1942年6月なのにいざ開始されたのが1943年になってからとかなり遅かったため、竣工日も【千代田】が1943年11月26日、【千歳】が12月15日となってしまいました。

この遅れは彼女らの活躍の場を大きく減らしました。
もはや空母が足りないどころの事態ではなく、人も艦載機も燃料も足りないという逼迫した状況でした。
「マリアナ沖海戦」には参加するものの収穫はなくただ惨敗、そして「レイテ沖海戦」では囮として【瑞鶴・瑞鳳】とともに、早くも最後の戦いへと向かいます。

【千歳】は10月25日の米軍の第一波空襲の標的となり、早々に沈没。
【千代田】は続く第二波の攻撃にさらされて落伍します。
炎上、航行不能となった【千代田】の命運も長くなく、【千歳】沈没から7時間後に【千代田】も沈んでしまいました。

せっかく空母向けに建造しており、戦争を念頭にしていたにも関わらず、【千歳・千代田】はその登場が遅かったために全く活躍することができませんでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐祥鳳型航空母艦 瑞鳳 千歳型航空母艦 千代田⇒



↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system