旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 天城

航空母艦 天城【雲龍型航空母艦 二番艦】
Aircraft carrier  AMAGI 【UNRYU-class Aircraft carrier 2nd


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(解体) 建 造
1942年10月1日 1943年10月15日 1944年8月10日 1947年12月 三菱長崎造船所
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
17,150t 227.35m 22.00m 34.0ノット 152,000馬力






生まれ変わった天城 しかし活躍の場はすでになく


日本は太平洋戦争開戦から半年後の「ミッドウェー海戦」によって、日本の快進撃の原動力となった空母4隻を唐突に失います。
その影響は瞬く間に戦線に表れ、連戦連勝の帝国海軍の姿はそこにはありませんでした。

手を緩めることのないアメリカに対抗すべく、日本は【飛龍】をもとにして「雲龍型航空母艦」の大量生産に踏み切ります。
【天城】はその二番艦でした。

【天城】といえばかつて、「天城型巡洋戦艦」の一番艦として、【長門】以上の巡洋戦艦という異常なスペックを引っさげて海上を航行するはずでした
その夢は「ワシントン海軍軍縮条約」によって潰えますが、急遽空母へ改造が決定、しかし改造中の関東大震災によって、【天城】は廃艦を余儀なくされました。

【天城】は再び日本の窮地を救うべく、今度は純粋な空母として誕生しました。

しかし、【天城】が見た日本はもはや戦意に満ち溢れたかつての日本ではありませんでした。
艦隊は壊滅、空母は残り僅か、空を飛ぶはずの航空機も数える程度、何よりも動力源である燃料は枯渇状態。
【天城】は生まれた瞬間から、何もすることができませんでした。

非常に豪勢な浮き砲台となった【天城】は、1945年7月の空襲で大きく傾斜し、左舷と飛行甲板の一部が浸水してしまいます。
結局【天城】はそのまま終戦を迎えることになります。

せっかく復活した【天城】でしたが、またしてもその実力を日本のために役立てることは叶いませんでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐雲龍型航空母艦 雲龍 雲龍型航空母艦 葛城⇒



↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system