旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


空母 赤城

航空母艦 赤城
Aircraft carrier  AKAGI 


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
ミッドウェー海戦
建 造
1920年12月6日 1925年4月22日 1927年3月25日 1942年6月5日 呉 海 軍 工 廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
① 26,900t
② 36,500t
① 261.20m
② 260.67m
① 29.00m
② 31.32m
① 31.0ノット
② 31.2ノット
① 131,200馬力
② 131,200馬力
※①1927年(竣工時)  ②1938年(大改装完了後)

時代が戦艦を空母へ変えた 大人気だった赤城


帝国海軍が誇る、世界最強の第一航空戦隊の旗艦であった【赤城】は、もとは巡洋戦艦でした。

「八八艦隊計画」「ワシントン海軍軍縮条約」や予算不足により途中断念となり、様々な艦が廃棄・廃案になりました。
【赤城】は、先に完成していた【長門】よりも大きく、【長門】よりも砲門数が多く、【長門】よりも速く、それでいて【長門】と同等の防御力を誇る
「天城型巡洋戦艦」の二番艦として計画され、建造が行われていました。

ところが、上記の理由により、新型戦艦の建造が制限されてしまいました。
強引に【陸奥】の完成を認めさせたものの、【天城】および【赤城】は、
「加賀型戦艦」の二隻とともに廃艦が決定。
しかし、せっかくここまで造ったのに、と思うのは当然のこと。
そこで帝国海軍は、当時まだその存在感が大きくなく、日本にも1隻しかなかった「航空母艦」へ改造しようという案が登場します。

日本は1919年に、【鳳翔】を建造していますが、小さな空母でした。
イギリスの力を借りながらも建造した【鳳翔】の経験を活かし、今度は大型の空母を【赤城】を改造して建造することになりました。

建造当時は、上段を「着艦・大型機発艦用」、中段は連装砲配備と艦橋、下段を「小型機発艦用」とする三段式甲板を採用しておりました。
(本来は上段を「着艦用」・下段を「大型機発艦用」・下段を「小型機発艦用」とするものでした。)
しかし戦争の在り方の変化により、この三段式甲板は全く役に立たないという有り様でした。
理由は大きく2つあり、1つは艦載機そのものが大型化し、小型機を搭載することがなくなったこと、もう1つは格納庫が小さくなるので搭載数が減る、というためです。
(建造当時の環境では、この三段式甲板採用は理にかなってはいました。)

しかし、1938年の改装までは、日本で最初の大型空母とあって国民からもとても慕われていました。

赤城・長門
(上が赤城、下が長門)

当時最も大きな戦艦であった【長門】よりも遥かに大きな【赤城】は、【長門】と人気を二分するほどの支持者がいました。
(後に建造される【大和】は、【赤城】と同じぐらいの全長でした。)

ちなみに、【赤城】は空母への改造が完了した時、20cm単装砲を6門、12cm連装高角砲を12門搭載。
単純な火力だけでは、重巡洋艦に近い装備をしており、砲撃戦もできなくはない空母でした(実際52発の発砲を行っています)。

リフォーム失敗 節約改装のツケ払い


さて、三段式甲板が要らなくなったこと、艦載機の大型化に伴う航空甲板の延長などの理由により、【赤城】は1938年に大改装を行います。
しかし、先に改装していた【加賀】で予算を大半消費してしまったこともあり、【赤城】は改装後に多くの不平不満や不備が発生しています。

まず、三段式甲板撤去により艦橋が上段に上がってきたのですが、この艦橋を左舷に設置。
しかしこれはいろいろと不評だったようです(乱気流・格納庫の圧縮など)。

続いて煙突ですが、こちらは右舷中央部に、下向き湾曲型の1本を設置しました。
(建造時はこの1本と、上向きの小煙突の2本がありました。)
しかしこの影響により、艦橋の右側の窓は、煙突からの煙が舞い込んでくるため開けることができなくなってしまいます。

この煙突は他にも悪影響を与えています。
【赤城】の居住区は右舷後部にあり、煙突の煙がもうもうと舞い込んでいきます。
そのため居住区の空気環境は最悪で、赤痢や当時不治の病であった結核を発症する乗員が続出。
居住区では居住できないため、廊下や格納庫は睡眠をとる乗員で溢れかえったそうです。
そこでついた異名が「人殺し長屋」
食事こそ上等だったものの、栄光の第一航空艦隊旗艦という称号がなければ、とても乗れた船ではありませんでした。

対空装備にいたっては改装すらされず、予算不足の煽りを受けて第一航空艦隊の中では最も対空戦に弱い空母でした。

第一航空艦隊旗艦 華々しく戦い、華々しく散る


そんな劣悪な環境にもかかわらず、【赤城】は旗艦の大役にふさわしい戦果を数多くあげています。
太平洋戦争開戦後、連合軍の艦載機との撃墜比率は12:1という圧倒的な数字を誇っていました。
あっという間に【赤城】の名は世に轟き、連合軍側が最も恐れたのは【長門】ではなく【赤城】率いる第一航空艦隊でした。
「真珠湾攻撃」「インド洋海戦」で大活躍した【赤城】は、上記のような命中率の高さに加え、回避力も非常に高く、500機を撃墜したところでの日本の艦載機喪失数は10分の1以下。
機動部隊の理想を体現していた艦隊でした。

しかし、日本はここで戦争を楽観視し、この空母がいれば戦争には勝てると高をくくり始めます。
「セイロン沖海戦」では、気がついたら目の前に英爆撃機の爆弾が落ちてきた、といういい加減な監視が問題となり、「爆弾が落ちたほうが良かったんじゃないか?」と言われるまでに油断が広まっていました。

そのような危機があったにも関わらず、身の引き締めは施されれず、そして1942年6月の「ミッドウェー海戦」を迎えます。

本気で修理を急げば参加できた【翔鶴】と、本気で人員を集めれば参加できた【瑞鶴】、一般人が
「ミッドウェー」という単語を普通に口にするほどのおろそかな情報機密。
さらにアメリカの罠にまんまとはまり、次の侵攻先がミッドウェー島であることもアメリカに筒抜け状態でした。
対して連戦連敗中のアメリカは、とにかくありとあらゆるものを注ぎ込んで、この海戦に挑んでいます。

そもそも「ミッドウェー海戦」の本来の目的は
「ミッドウェー島上陸作戦支援」であり、海上で米軍艦隊を叩くことが最終目的ではありませんでした。
航行中は当然空母や艦隊の撃退を想定するため、艦載機も魚雷を搭載して出撃を待っていましたが、洋上には進軍を妨げる敵は存在しないという判断から、陸上攻撃用の爆弾へと装備を換装するように指示を出していました。
ところが索敵機は雲下にいた敵艦隊を発見することができず、米軍は盤石の体制で戦闘態勢を整えつつあったのです。

そしてようやく魚雷を爆弾へと換装し終えたところ、突如「敵空母発見」という報告が入ります。
せっかく交換したのにまた魚雷へと戻す命令が下され、これにより日本が後手に回ったことが大きな敗因となりました。

空母 赤城
(爆撃回避を続ける赤城)

敵艦載機の爆撃を回避しようと努めるも、3発中2発が直撃(1発は至近弾という証言もあります)。
格納庫は爆発炎上し、舵も操舵不能となります。
格納庫には、収容した艦載機や先ほど換装した爆弾がゴロゴロと転がっており、誘爆に次ぐ誘爆、あっという間に飛行甲板が燃え上がりました。
機関こそ無事だったものの、飛行甲板は使い物にならず、舵も取れなくなった【赤城】に戦う術は残っていませんでした。

なまじ戦艦だったために船体は丈夫で、延々と燃える【赤城】は沈む気配は全くありませんでした。
しかしいつまでも漂流させているわけにはいかず、翌日の深夜、【嵐・萩風】の雷撃によって【赤城】は処分されています。

索敵がいかに大事か、その教訓を得るにはあまりにも大きな損害だった「ミッドウェー海戦」の大敗北。
【赤城】は、日本の力の象徴であり、それによって日本は強くなり、そしてそれを失ったことにより苦戦を強いられていくのでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  航空母艦 加賀⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system