旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 由良

軽巡洋艦 由良【長良型軽巡洋艦 四番艦】
Light Cruiser  YURA 【NAGARA-class Light Cruiser 4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
サンタイサベル島近海
建 造
1921年5月21日 1922年2月15日 1923年3月20日 1942年10月25日 佐世保海軍工廠
常備排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
5,570t 162.15m 14.17m 36.0ノット 90,000馬力







初の水上機搭載軽巡、そして初の喪失 由良


【由良】「長良型」の四番艦ですが、計画されたのは姉3隻の「八四艦隊計画」の時ではなく、その後改められた「八八艦隊計画」の時でした。
【由良・鬼怒・阿武隈】はこの「八八艦隊計画」組になります。

【由良】の「初」は、竣工から3年後に訪れます。
これまで滑走台は搭載されながらも肝心の水上偵察機を運用することがなかった「長良型」でしたが、1926年、【由良】が日本軽巡で初めて水上偵察機を搭載しました。
しかしその滑走台、そしてその次に考案された「萱場式艦発促進装置」から水上偵察機が飛び立つことはなく、結局カタパルトが考案・搭載されるまでその水上偵察機の出番はありませんでした。

ところで、【由良】は戦前の演習中に小規模ですが【夕張】と衝突事故を起こしています。
煙幕に視界を遮られ、さらに台風の影響による高い波が操舵を困難にさせる中、突然右舷から現れた【夕張】【由良】にぶつかってしまうのです。
【由良】はほぼ問題なく、【夕張】も艦首に損傷を負うもののその被害も軽微と、大事には至りませんでした。

さて、太平洋戦争が開戦すると、【由良】の日々もより濃密になっていきます。
第五潜水戦隊旗艦、第四水雷戦隊旗艦を歴任し、マレー沖の占領および通商破壊活動、「スマトラ・ジャワ攻略作戦」での敵砲艦や特務艦の撃沈など、【由良】は着実に成果を残していきます。

ショートランド泊地へ移動した後の「ガダルカナル島の戦い」では、劣勢の中なんとか輸送任務の指揮を行い、【由良】は自分の果たすべき任務を全うします。
その後、制空権を奪われているため防空駆逐艦として名高い【秋月型駆逐艦 秋月】に四水戦の旗艦を譲っています。

しかし【由良】は第四水雷戦隊から退いたわけではなく、引き続きショートランド泊地を起点として活動を続けます。
輸送任務の達成によってガダルカナル島の陸軍は多少なりとも息を吹き返し、日本は陸軍とともに一気にヘンダーソン飛行場の破壊へと踏み切りました。

【由良】ら第二次攻撃隊は、突撃隊からの「陸軍がヘンダーソン飛行場を占領」という報告を受け、第二次攻撃隊もガダルカナル島へと進軍します。
しかしその報を受けてから6時間後、「先のヘンダーソン飛行場の占拠は誤報」という不穏な報告が飛んでくることになりました。

第二次攻撃隊は反転、撤退をするのですが、すぐに「ルンガ泊地付近に軽巡はじめ数隻の米艦隊あり」との報告が入り、結局第二次攻撃隊は再反転、計画は修正され、突撃隊と協力してこの艦隊を殲滅に向かいます。

しかし敵にはこの艦隊だけではなく、飛行場から飛んでくる攻撃機もあります。
対してこちらの突撃隊・第二次攻撃隊には空母すらいません。
ともに出撃していた【隼鷹】は予定通りガダルカナル島の攻撃に参加していたため、こちらは上を見ながら攻撃をするしかなかったのです。
加えて突撃隊・第二次攻撃隊には対空装備の豊富な重巡すらおらず、強いて言うなら旗艦になったばかりの【秋月】のみが戦力。
空の敵を相手にするにはあまりにも不利でした。

「爆撃機 ドーントレス」「戦闘機 ワイルドキャット」の攻撃に、突撃隊と第二次攻撃隊は翻弄されます。
【由良】には2発の爆弾が直撃し、左舷後部には大穴、そして船体からは大きな炎があがりました。
なんとか退避をしようと試みるものの、浸水が始まってしまい速力はどんどん低下します。
敵はヒットアンドアウェイを繰り返し、波状攻撃はとどまるところを知りません。
ついに【由良】は、さらに投下された3発の爆弾を受けて航行不能。
あとはただ沈みゆくだけでしたが、もともと浸水に強い設計だった【由良】は、これがなかなか沈みません。
嵐のような攻撃の最中、また爆発の危険も伴う中、【夕立】が懸命に乗員を救助し、最期はその【夕立】の魚雷によって【由良】は雷撃処分されました。

【由良】は日本の軽巡洋艦で初めて沈んでしまった艦でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐長良型軽巡洋艦 名取 長良型軽巡洋艦 鬼怒⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system