旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 夕張

軽巡洋艦 夕張
Light Cruiser  YUBARI 


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没) 建 造
1922年6月5日 1923年3月5日 1923年7月31日 1944年4月27日 佐世保海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
2,890t 138.99m 12.04m 35.5ノット 57,900馬力






小さな身体で5,000t級の強さ 兵装実験巡洋艦 夕張


帝国海軍が建造した艦が世界に名を轟かせたことは珍しくありませんが、その中でもこの【夕張】は特別でした。
日本ではかつて「筑摩型装甲巡洋艦」の次に登場した「天龍型」が、2,000t減の排水量でより速く、より強い巡洋艦として誕生しました。
【夕張】もまた、「球磨型」と同じ攻撃力を備えながらも小柄な船体を目指して建造され、2,000t以上の軽量化に成功しています。
貧弱兵装で改装も難しいと言われた「天龍型」ですら排水量が3,230tですから、どれだけこの【夕張】が軽い船かがわかると思います。
砲門数・魚雷発射管の数は「球磨型」より減少したものの、細い船体を利用して兵装を中心に配備、両舷に向けて発射できるようになったため、実質的な片舷発射数の違いがなくなりました。

設計者はのちに【古鷹】などの建造にも携わった平賀譲氏。
建造に使われる資材の節約のために設計された【夕張】は、当時誰もが不可能だと思っていた、3,000tで5,500t級の強さを持つ【夕張】を見事完成させます。
【夕張】の名は瞬く間に世界中を駆け巡り、その小ささと、14cm単装砲の上に14cm連装砲を載せる斬新さ、中心に兵装を固めるスタイルに驚きを隠せませんでした。

しかし、小さいなら小さいなりの欠点があるのもまた、「天龍型」と同じ。
機関は軽巡仕様ではなく駆逐艦仕様のものがベースとなり、航続距離はなんと旧式の「峯風型駆逐艦」の14ノット3,600海里よりも少ない3,300海里。
5,500t級はのちに航空機を搭載しておりますが、ぎゅうぎゅうに詰め込まれた【夕張】にはそんな余裕もなく、当然艦内も居住区が圧縮されてしまいます。
さらには竣工時こそ35ノットと決して遅くない、むしろ速い速力を誇っていましたが、改装によってこの速度も32ノットまで低下してしまいました。
防御力も装甲面積が少なくなるために不安の残る状態でした。

それでも【夕張】の誕生は、その後の「古鷹型」「妙高型」のような流麗なスタイルの起源にもなり、さらに日本軍艦の特徴とも言える屈曲集合煙突のパイオニアでもあることなどから、非常に意義のある軽巡洋艦でした。
しかし、軽巡洋艦の軽量化と言われていますが、その実、平賀譲氏は【夕張】を「大型駆逐艦」と認識していたようです。
海軍も計画段階では【夕張】を駆逐艦扱いしていたとされています。

【夕張】は小規模の改装を繰り返し、なんとか5,500t級に劣らないように努力し続けました。
太平洋戦争開戦後は第六水雷戦隊旗艦に就任し、さっそく「ウェーク島の戦い」へと出撃します。
この戦いでは【疾風・如月】を失いますが、後に駆けつけたニ航戦の活躍などもあり、勝利を収めます。

その後も南方作戦に従事した【夕張】でしたが、ガダルカナル島の占領が完了した時点で第六水雷戦隊は解隊されてしまい、【夕張】は新たに第二海上護衛隊所属となりました。
しかし「第一次ソロモン海戦」に出撃するも機関の不調によって速力が低下。
もともと【天龍】【夕張】【夕凪】は直談判によって急遽出撃が決まり、さらに【天龍】は速度不足、【夕張】も速力低下となったため、作戦は大きく変更された一幕があります。

これに帝国海軍も頭を悩ませたのか、【夕張】は再び護衛任務を任されることになりました。
そして最後まで、戦いの場に出ることはなかったのです。

1944年3月、パラオからソンソル島へのピストン輸送を任された【夕張】は、順調に兵員をソンソル島へと送り届けました。
しかし2回目の輸送の帰り、つまりパラオへと戻っているところに【米潜水艦 ブルーギル】の魚雷が【夕張】を襲います。
6本発射された魚雷のうちの1本が【夕張】の右舷機関室に直撃し、被雷箇所は瞬く間に浸水、航行不能に陥ってしまいます。
僚艦であった【五月雨】が曳航を試みるもののうまくいかず、やがて【夕張】は徐々に沈み始めました。
【夕張】の乗員は【夕月】に避難し、偉大なる小さな軽巡洋艦【夕張】はソンソル島付近で生涯を閉じました。
戦死者はたったの19人、ゆっくりと沈んでいったため、また魚雷が1発、追撃もなかったことから、多くの乗員が命を救われました。

【夕張】は確かに「活躍」をすることはできませんでしたが、実験艦として生まれてきた成果は後の多くの艦艇に活かされることになり、その「功績」は戦果以上のものであったことは間違いありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐川内型軽巡洋艦 那珂 阿賀野型軽巡洋艦 阿賀野⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system