旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 矢矧

軽巡洋艦 矢矧【阿賀野型軽巡洋艦 三番艦】
Light Cruiser  YAHAGI 【AGANO-class Light Cruiser 3rd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
坊ノ岬沖海戦
建 造
1941年11月11日 1942年9月25日 1943年12月29日 1945年4月7日 佐世保海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
6,652t 174.50m 15.20m 35.0ノット 100,000馬力







二水戦最後の旗艦として、大和とともに散る


【矢矧】は不遇の「阿賀野型」の中では最も戦闘に参加した軽巡でした。
竣工からわずか2ヶ月後に【阿賀野】は撃沈、【能代】とともに【矢矧】は敗北の続く帝国海軍を支えるべく奮闘します。

【矢矧】は竣工早々、第十戦隊の旗艦に就任し、1944年6月には「マリアナ沖海戦」へと挑みます。
第十戦隊は機動部隊として出撃していた【翔鶴・大鳳】の護衛についていたのですが、結果として【翔鶴・大鳳】は相次いで米潜水艦の魚雷に仕留められてしまいます。
特に【翔鶴】は沈没の一部始終を間近で目撃しており、【翔鶴】の項でも述べている、大穴へ飲み込まれていく乗員の目撃者は【矢矧】の乗員でした。
沈没寸前、【矢矧】【翔鶴】から漏れだす異音に危険を感じ、また煙突から蒸気も発生してたことから、【翔鶴】に停止するように進言していました。

両空母の乗員の救助を【磯風】とともに行い、【矢矧】は生き延びた【瑞鶴】を護衛しながら、辛くも戦場から離脱します。
そして呉に帰投すると、【矢矧】は新たに電探と機銃を増備。
少ない対空兵装を補い、10月25日の「レイテ沖海戦」へと出陣します。

【矢矧】は第一遊撃部隊(栗田艦隊)に所属し、【武蔵】らとともに戦闘を開始しますが、結果は無残な敗北。
集中攻撃を受けた【武蔵】は6時間の猛攻に耐え切れず、遂に沈没。
【矢矧】も2発の至近弾によって損傷し、速度が一気に22ノットまで低下してしまいます。
応急処置によって、その速度は28ノットまで回復しますが、しかしこのまま30ノット以上の速度を出すと、破孔が広がって浸水の危険が広がる状態でした。

しかし、翌日の「サマール沖海戦」【矢矧】は32ノットの速度を発揮し、決死の覚悟で戦いに臨んでいます。
【矢矧】は第十戦隊と共同で空母1隻撃沈等の大戦果をあげたはずでしたが、これは残念ながら誤認であり、【米駆逐艦 ジョンストン】1隻を沈めたに留まりました。
他の魚雷は早発や直撃までに破壊されていたのですが、遠方からの魚雷発射だったため、その水柱を直撃と勘違いしたと思われます。
「サマール沖海戦」では【矢矧】も至近弾を受け損傷、姉の【能代】は沈没。
【矢矧】は一時ながら、「阿賀野型」唯一の軽巡となってしまいます(【酒匂】竣工は1944年11月30日)。

海戦後、【大和・金剛】らとともに日本へと帰還するのですが、その道中でも【金剛・浦風】が撃沈。
帰還後に大規模な修復を行いますが、その間にも日本は刻一刻と敗戦へ近づいていきます。

【矢矧】は亡き【能代】の後を継ぎ、第二水雷戦隊旗艦に就任(途中16日だけ【島風】が旗艦に就任していますが、すぐに沈没してしまいました)。
訓練を経て、【矢矧】は戦列へと復帰するのですが、もはや日本は本土決戦を強いられるほどの窮地に追いやられており、帝国海軍も崖っぷちに立たされていました。
そこで発令された、「天一号作戦」
沖縄に迫り来る米軍を、その身を持って食い止めるという、特攻とも言える作戦でした。
当時の艦長はこの作戦をよしとせず、若い兵士を艦から下ろしたり、大量の角材を艦内に保管し、漂流してもその角材で身を助けることができるよう、死を防ぐ対策を講じて出陣しています。

【大和】だけではなく、数々の武勲艦が敗れていった「坊ノ岬沖海戦」
【矢矧】【大和】の護衛についていたものの、空襲が始まると早々にその被害に合います。
投下された2本の魚雷によって【矢矧】は航行不能。
最後の出陣となった第二水雷戦隊は、いきなり首長を失うこととなります。
【矢矧】は誘爆を防ぐために魚雷を投棄しますが、砲撃は止むことがなく、時が経つごとに傷だらけになっていきます。
その空襲の最中、二水戦司令部移乗のために接舷を試みた【磯風】も攻撃の標的とされて航行不能。
しかし【矢矧】は沈みません。

航行不能とはいえ、砲塔も機銃も健在であり、【矢矧】は必死に応戦します。
誘爆の危険を迅速に排除し、また強固な【矢矧】は軽巡とは思えないほどの攻撃を受け続けます。
沈没までの被害は、魚雷7本、爆弾12発。
重巡でも遠に沈んでいる被害を受け続け、【矢矧】乗員からは、その猛火にさらされる姿を見るに見かね、「もう早く沈んでくれ」と願ったほどでした。
やがて【矢矧】は右舷へと傾きはじめ、そして艦尾から沈んでいきました。
【大和】が沈む、10分前でした。

軽巡 矢矧
(空襲に晒される矢矧)

「坊ノ岬沖海戦」では、他にも【霞・磯風・浜風・朝霜】が沈没。
この海戦をもって、「華の二水戦」こと第二水雷戦隊は解散。
ついに日本の強さの象徴であった二水戦の歴史に幕が降ろされました。

【矢矧】は、日本が劣勢に立たされた後に竣工し、挑んだ海戦は軒並み敗北。
それでも【能代】とともに二水戦の旗艦を務め、最期は【大和】の護衛を任されるなど、劣勢の中でも期待され続けた軽巡洋艦でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐阿賀野型軽巡洋艦 能代 阿賀野型軽巡洋艦 酒匂⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system