旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 天龍

軽巡洋艦 天龍【天龍型軽巡洋艦 一番艦】
Light Cruiser  TENRYU 【TENRYU-class Light Cruiser 1st】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
マダン上陸作戦
建 造
1917年5月17日 1918年3月11日 1919年11月20日 1942年12月18日 横須賀海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
3,230t 142.65m 12.34m 33.0ノット 51,000馬力







駆逐艦を束ねる司令塔 実は生まれるのは後の天龍


日本は「筑摩型防護巡洋艦」以来、長らく巡洋艦の建造が行われていませんでした。
そんな折、欧州では第一次世界大戦が勃発。
遠い海上での戦いは、日本の帝国海軍にも刺激となり、そこでの戦況から日本に不足している力、日本が備えなければならないものを模索していました。
日本が着目したのは、「偵察艦」の重要度。
いかに優位な戦いを進めるかは、敵情だけでなく、戦場となる場所の環境も知っておかねばなりません。

偵察艦に必要なのは、何よりも高速力、武装が強化できればなおよし。
世界でもこの認識はある程度共通しており、日本もこれに基づいて近代的巡洋艦の建造に取り組みます。
「水雷戦隊の旗艦として先陣をきり、敵の攻撃に対抗できる巡洋艦」
このような目的に即し、【天龍】は小型ながらも駆逐艦に劣らない高速性を兼ね備えた巡洋艦として建造されることになりました。

設計は、イギリスの「アリュシーザ級巡洋艦」を元に設計されましたが、だいたいは当時日本の最新鋭駆逐艦であった、「磯風型駆逐艦」を大きくしていくようなものでした。
船体は「アリュシーザ級」よりも500tほど小さく、「筑摩型防護巡洋艦」に比べると2,000t近く軽量化。
しかし最重要項目であった速力は、「筑摩型」の26ノットより7ノットも速い33ノットを誇っています。
機関は日本で初めてギヤードタービンを採用、結果、5年前竣工の「扶桑型戦艦」よりも高馬力の51,000馬力を発揮できる高性能巡洋艦になりました。
駆逐艦の速力は35ノットほどが多く、運用に障害が出ないレベルまで速力は引き上げられています。

武装は速射性の高い14cm単装砲4基でしたが、これは人力装填、魚雷は53cm三連装魚雷発射管2基でした。
当時はこの武装でも非常に強力で、「筑摩型」の2倍近い武装力を備えていたのです。

しかし性能は当時の需要をほぼ叶えていたものの、いかんせん小さすぎたため居住性は壊滅状態。
さらに、アメリカがもっと大きな巡洋艦の建造を始めます。
そのような理由もあり、「天龍型」は6隻の建造予定に対し、【天龍・龍田】の2隻の竣工に留まっています。
また、やはり小さすぎために改装も非常に難しく、一部の換装を除いてほぼ竣工時の状態で生涯を全うしています。

ちなみに【天龍】は、【龍田】より2ヶ月早く起工するも、竣工は【龍田】より半年も後となっています。
【古鷹・加古】のようにネームシップが入れ替わることはなく、そのまま「天龍型」として名を残していきます。

開戦時は22歳 出番少なく活躍は難しかった


上記の通り、【天龍】は小さすぎるために改装が難しく、つまりは【天龍】は強化がほぼ見込めません。
そのため、戦艦ほどの大きさならどんどん世の潮流に合わせて強力にできる一方、【天龍】はただその歳月を過ごしていくことしかできませんでした。

加えて日本の造船技術の躍進により、1930年台からは駆逐艦よりも弱くなってしまいます。
1928年までは水雷戦隊旗艦をしっかりと務めますが、その後は後輩にその座を譲り、派遣艦隊や練習艦など、裏方に徹することになりました。

さて、平和な時代もその幕を下ろし、いよいよ血みどろの太平洋戦争が開戦します。
しかし時は1941年、竣工した1919年から実に22年もの年月が経っていました。
【天龍】誕生に一役買った「磯風型駆逐艦」は6年も前に除籍され、同時期に誕生している「扶桑型戦艦・伊勢型戦艦」もすでに旧式扱いで働き場を失っています。

しかし【天龍】は、【龍田】とともに第十八戦隊を編成し、なんとか戦場での出番を勝ち取ります。
「ウェーク島の戦い」ではアメリカの予想だにしない反撃によって【疾風・如月】が沈没し、【天龍】も機銃掃射を受けて1人の殉職者を出しています。
「真珠湾攻撃」の成功に湧く一方で、「ウェーク島の戦い」はなかなか苦い戦いとなってしまいます。

その後、南方での偵察や陸軍支援を経て、7月の「第一次ソロモン海戦」に突入します。
当初【天龍】は「第一次ソロモン海戦」の不参加でしたが、第十八戦隊司令部の松山光治の直談判によって半ば強引に鮮烈に加わっています。
しかしいざ進軍してみると、最初は不具合多発の【天龍】のお守りをするために艦隊の動きが鈍るという、まるっきりお荷物扱いを受けてしまいます。
おかげで前線には出れず、主力の後ろからついていくという有り様でした。
さらに唐突の参加だったため、【天龍】は無線電話の設定もできておらず、ろくに連絡も取れない中でかなり無茶な参戦だったことが伺えます。
それでも探照灯を投射し、なんとか駆逐艦1隻の撃破に貢献しています。

「第三次ソロモン海戦」の時には【天龍】は第七戦隊に所属。
ヘンダーソン基地への砲撃を行った第七戦隊の【鈴谷・摩耶】の護衛についていますが、結局効果はなく、そのまま「第三次ソロモン海戦」でも敗北してしまいます。

この敗北によって「ガダルカナル島の戦い」は一気に敗色濃厚となり、東部ニューギニア方面の戦力がどんどん薄くなっていきました。
それに伴い、【天龍】は第十八戦隊に復帰、旗艦を務めますが、その隷下にはなんと10隻の駆逐艦を従えるという事態になっていました。
損耗著しい南方戦線で、使える艦を1つの組織に組み込んだ結果、旧型艦が旗艦を務めているとは思えない規模になっています。

その後の12月18日、【天龍】「マダン上陸作戦」の支援艦隊として駆逐艦4隻、輸送船2隻とともに航行していました。
その最中、魚影が【天龍】めがけて突っ込んできます。
発射したのは【米潜水艦 アルバコア】
これから日本の船を11隻も沈めていく潜水艦の、最初の餌食となってしまいます。
【装甲空母 大鳳】を沈めたことで有名な潜水艦です。)
もともと【天龍】の装甲は薄いため、機関室に直撃したあとは浸水を食い止めることができませんでした。
【涼風】が曳航を試みますが、その浸水が酷いために断念。
しかし浸水はまだ船に接近することができるため、多くの乗員が命を救われています。

一時、すべての兵装を取っ払い対空火器のみを重装備させる、防空巡洋艦化計画がありましたが、もしそれが実現されていたら、【天龍】の運命も変わっていたのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

天龍型軽巡洋艦 龍田⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system