旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 大井

軽巡洋艦 大井【球磨型軽巡洋艦 四番艦】
Light Cruiser  OI 【KUMA-class Light Cruiser 4th】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
南シナ海海上
建 造
1919年11月24日 1920年7月15日 1921年10月3日 1944年7月19日 川 崎 造 船 所
①常備排水量
②公試排水量
全 長
全 幅
速 度
馬 力
① 5,500t
② 6,900t
① 162.15m

① 14.17m

① 36.0ノット
② 33.6ノット
① 90,000馬力

①竣工時  ②1941年(重雷装改装完了後)

最も目立つはずが、全く目立たない輸送任務へ


【北上】と同じく、【大井】も軽巡から『重雷装艦』へ改装されています。
【大井】「球磨型」の中で唯一技本(海軍技術本部の略)と川崎が共同開発した、ブラウン・カーチス式タービンを採用しました。
しかしこれが大失敗。
川崎はこの一件で技本を全くあてにしなくなります。

このような竣工当初からの不具合に悩まされた【大井】は、艦隊に所属されるのではなく練習艦として時を過ごします。
海軍兵学校の最上級生たちはこの【大井】の中で本格的な船の乗り方を学び、そして練習艦隊での訓練を経て、晴れて配属の名を受けることになります。
練習艦としての在籍は1928年から1937年までの10年間。
生徒たちの年齢は16~20歳が大半でしたので、【大井】で力をつけた生徒たちが太平洋戦争で指揮を執る人も多数存在したでしょう。

また、【大井】は小規模ながら【長門】と衝突事故を起こしています。
「第二次上海事変」の際、【長門】に乗員している将兵が軽巡や駆逐艦に移乗している時のことでした。
舷窓からいきなり顔を出したのは【大井】の艦首。
操舵を誤って接近しすぎた【大井】はそのまま【長門】にぶつかってしまいました。
幸い接舷寸前で速度は遅く、被害も微々たるものでした。

さて、1941年8月に『重雷装艦』に改装されたあとの顛末は【北上】と同じで、1942年に「高速輸送艦」へ再改装されています(大発動艇を4艇、半年後さらに4艇搭載も同じ)。
その後、トラックやニューギニア、インド洋海域で輸送任務をおよそ2年ほど務めます。

1944年7月、【大井】は南シナ海で【米潜水艦 フラッシャー】から放たれた魚雷を1発受けてしまいます。
なにせ老齢で元は軽巡の【大井】です、1発でも被害は甚大で、機関室に直撃したあとは徐々に沈んでいくほかなく、【敷波】が曳航を試みますが断念せざるを得ませんでした。

本当なら戦場での切り込み隊長として大いにその辣腕を振るうはずだったのに、結局まともな戦闘には1度も参加することがありませんでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐球磨型軽巡洋艦 北上 球磨型軽巡洋艦 木曾⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system