旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 能代

軽巡洋艦 能代【阿賀野型軽巡洋艦 ニ番艦】
Light Cruiser  NOSHIRO 【AGANO-class Light Cruiser 2nd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
レイテ沖海戦
建 造
1941年9月4日 1942年7月19日 1943年6月30日 1944年10月26日 横須賀海軍工廠
基準排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
6,652t 174.50m 15.20m 35.0ノット 100,000馬力







偉大なる先代の後を継いで二水戦旗艦 能代


【能代】が竣工したのは【阿賀野】から8ヶ月後。
【阿賀野】ですら「ミッドウェー海戦」後の登場でしたが、【能代】は同じく非常に重要な戦いであった「ガダルカナル島での戦い」すら知らず、山本五十六連合艦隊司令長官が殉職してからの竣工でした。

「阿賀野型」が時代遅れであることは【阿賀野】の項でも述べていますが、その中でも【能代】は意地を見せています。
【能代】は竣工直後に「コロンバンガラ島沖海戦」で華々しく散っていった【神通】の後を継ぎ、第二水雷戦隊旗艦を拝命するのです。

航空機が主力の戦争とはいえ、二水戦が不要ということはありません。
就役直後は警備や輸送任務ばかりでしたが、【能代】は黙々とその出番を待っていました。
その中で空襲により中破するなどの損傷はあったものの、【能代】は沈まずに戦列へ復帰しています。
「ラバウル空襲」にて航行不能となった【阿賀野】を、途中まで曳航したこともありました。
その後挑んだ「マリアナ沖海戦」は航空戦となってしまい、活躍の場はなく、【能代】は忸怩たる思いで海上に在り続けました。

そしてついに、【能代】は敵と相まみえる機会を得ます。
しかし不幸にもその戦いは「レイテ沖海戦」でした。
同海戦の中で発生した「サマール沖海戦」へと出撃した【能代】は、二水戦旗艦として暴れ回り、巡洋艦を1隻撃沈、また巡洋艦と駆逐艦をそれぞれ撃破しています。
(この記録は誤りである可能性も高く、どちらとも言えません。)
空襲に対しては、【能代】は少ない対空機銃で応戦し、発生した火災も鎮火。
なんとか危機は乗り越えるものの、速度は32ノットまで低下、雲行きは怪しくなります。

翌日には米軍の空襲が再び猛威をふるい、【能代】もまたその的となってしまいます。
第一波の攻撃によって、【能代】はボイラー室の浸水によって一時航行不能の危機に陥りますが、懸命な修復と傾斜回復によってその難を乗り切ろうとしていました。
ところがその時、米軍の容赦ない第二波の空襲が始まります。
未だ航行が再開していなかった【能代】はその攻撃を回避することができず、瞬く間に被弾。
やがて【能代】は艦首から徐々にその身を海へと預けていくことになります。

【能代】の敵はもはや空中を席巻する無数の飛行機で、【能代】は他の多くの軍艦と同じく、その要求とは縁遠い戦いの場で沈んでいきました。
そして【能代】【阿賀野】と同じく、末っ子である【酒匂】の誕生を見る前に退役してしまいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐阿賀野型軽巡洋艦 阿賀野 阿賀野型軽巡洋艦 矢矧⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system