旧日本海軍の戦艦、空母や航空機などについて簡単にご紹介します


軽巡 名取

軽巡洋艦 名取【長良型軽巡洋艦 三番艦】
Light Cruiser  NATORI 【NAGARA-class Light Cruiser 3rd】


参考資料 『写真・太平洋戦争の日本軍艦 [大型艦篇][軽艦艇篇]』(阿部安雄・中川勉)
起工日 進水日 竣工日 退役日(沈没)
サマール島沖東方
建 造
1920年12月14日 1922年2月16日 1922年9月15日 1944年8月18日 三菱長崎造船所
常備排水量 全 長 全 幅 速 度 馬 力
5,570t 162.15m
14.17m
36.0ノット 90,000馬力







水雷戦隊の祖を擁し、乗員の根性を育んだ名取


「長良型軽巡洋艦」の三番艦【名取】は、館明次郎少将が第二水雷戦隊の司令官についていた時の旗艦としてご存じの方もいるかもしれません。
この館明次郎、日本の水雷戦における戦術の飛躍的向上に大きく貢献したスペシャリストでした。
のちに「帝国海軍水雷術史」を編纂し、日本の水雷戦隊、特に第二水雷戦隊が敵国の脅威になっていく礎を築いた重要人物です。

続いて【名取】は1936年には南雲忠一少将率いる第一艦隊第八戦隊へ編入、さらに1939年には予備艦となるものの旗艦に適合する改装を行っています。
1940年、新たな姿となった【名取】は第二遣支艦隊の第五水雷戦隊に任命。
年季の入った艦ではありましたが、しっかりと要職を任さました。

その後、南方海域で活動を続けていた【名取】は、1942年の「ジャワ攻略作戦」において【米重巡 ヒューストン】を撃沈させます。
そのまま【名取】は第二南遣艦隊第十六戦隊の旗艦となり、【長良・五十鈴・鬼怒】ら姉妹で翌年まで東インド海域のパトロールを行いました。

しかしその最中、【名取】【米潜水艦 トートグ】の放った魚雷を受けて艦尾に大損傷を負います。
主砲でなんとか【トートグ】を追い払うも、やがて艦尾は切断、【名取】はその後の空襲をかわしながら、舞鶴にて修理を行いました。
その際、他の「長良型」同様、5番、7番砲塔を撤去して12.7cm連装高角砲を装備する改装工事も合わせて行われました。

修理後は第三水雷戦隊に編入した【名取】でしたが、その水雷戦隊の本分は発揮することができませんでした。
補給艦の護衛、輸送任務などに従事していた最中、【名取】はサマール島の東の海上で【米潜水艦 ハードヘッド】に襲撃され、その雷撃によって撃沈。
単艦航行だったため、救助されることはありませんでした。
しかし生存者は183人。
なぜでしょうか。

この183人は、【名取】が沈む前に計3隻のカッターに命からがら移乗し、それをひたすら漕いでスリガオ港まで向かったのです。
当時一般的だったカッターは9mほどの船体で、183人で3隻ですから、単純計算で1隻に61人もの人数がひしめき合っていたことになります。
しかも船は沈み、海洋図はないしコンパスもない。
わかっていることは、自分たちが島から東の方向で浮かんでいることだけ。

とにかく西へ。

ただその一心で、3隻はオールを漕ぎ続けます。
食料も、寝る場所もなく、そして終わりの見えない旅路、蓄積する疲労やストレスは想像することができません。
頼りになるのは太陽と星と、勘。
漂流時が8月と暑い季節だったことが唯一の救いだったことでしょう。
凍えて死ぬことだけは避ける事ができました。
それでも夏の海上は直射日光が凄まじいですし乾燥も尋常ではありません、全く油断できる環境ではありません。

そのような地獄の日々を耐え続け、13日後、ついに183人はスリガオ港へ到着します。
【名取】は沈んだ状況からは想像もできない生存者数を残しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇐長良型軽巡洋艦 五十鈴 長良型軽巡洋艦 由良⇒




↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system